新型コロナウイルス

中国の民泊サイト「自在客」丨新型コロナウイルスの影響で廃業へ


8月31日以降の予約は「キャンセルせざるを得ない状況」との事です

以前、大手中国系民泊サイト・中国の「自在客(http://www.zizaike.com/)」(ジザイケ)の事について、記事を書いた事がありました。





中国の民泊仲介最大手 『自在客(ジザイケ)』について調べてみた
https://kawashimablog.com/yufuin/?p=13065


その「自在客」なのですが…残念ながら8月31日以降に業務を終了することが分かりました。

【自在客(ジザイケ)とは?】
中国上海に本拠を置く、健雲ネットインフォメーションテクノロジー(上海)有限公司が運営する中国最大級のグローバルバケーションレンタルサイトです。 携帯アプリ「台湾民泊」も展開しています。 「自在客」とは「旅行者を自由自在に」という意味で、旅行を楽しんでもらいたいという意味が込められています。


どうやら今回の新型コロナウイルスの感染拡大で民泊事業が大きなダメージを受け、今後の業績回復が見込めないことが理由のようです。

今現在、中国はコロナウイルスを封じ込めたような報道を目にしますが、「民泊」に対する意識がガラリと変わってしまったと言えるでしょう。

業務終了に至った経路

感染症拡大の影響で民泊利用者が激減し、「自在客」はこれまでの数カ月間、人件費の削減やプラットフォームの運営コストの削減に取り組んでこられました。




しかし、将来的に今後の業績回復を見込めるまでには至らなかったようです。

自在客はホストに対し、8月31日以降の予約については「キャンセルせざるを得ない状況」としており、8月31日までの予約については「施設の皆様に予定通りにお部屋のご用意をお願いします」としています。

これまでの宿泊料金の決済締め切りについては「12月31日に遅延することがあります」としており、「決済を勝手に延期して、パートナー施設の皆様にかなり迷惑をかけたことに深くお詫びします」と説明しています。

自在客は民泊黎明期から「Booking.com」と提携しており、自在客を通してBooking.comの集客をしていた民泊事業者も少なくありません。

自在客はBooking.comの決済代行も担っており、業務終了がBooking.comとのこうしたことにどう影響が出るかも心配なトコロです。

さいごに

なお、自在家から全ホストに送られたメール(日本語、英語、中国語)は下記のとおりです。

親愛なる方々、パートナー施設ご担当者の皆様、
こんにちは。いつもお世話になっております。

今年湧き出た新型コロナウイルスは旅行業や民泊業に巨大な影響を与え、民泊予約サイトである自在客の業務もかなり大きな衝撃と被害を受けてしまいました。

自在客は過去数ヶ月間、人件費コスト削減とコントロールプラットフォームの運営コストの削減に努力をしましたが、残念ながら、民泊業務の急速に回復できる見込みはしておりません。

以上の実情を踏まえて、会社は以下の決定をいたしました。

1)2020年8月31日以降、自在客は予約サイトとしての業務終了させていただき、そして2020年8月31日以降の予約に対しては、キャンセルざるを得ない状況になってしまいますのでご理解とご協力をお願い申し上げます

2)2020年2月から既に宿泊料金照合を確認済みの金額、決済締切を2020年12月31日に遅延することがあります。ご迷惑をかけて大変申し訳ございませんでした

3)2020年2月まで争議のある請求書がまだ残っておりますが、私達はまた施設側と連絡し、解決して金額確定後を2020年12月31日までに決済を終わります

4)2020年8月31日までの注文について、施設の皆様に予定通りにお部屋のご用意をお願いします。そしてその分の料金は2020年12月31日までに決済を終わります

今は非常に厳しい状況となっておりますが、私達はまだ自救に努力をしております。運営状況が少し立て直ったら直ちに決済するように手配します。自在客は決済を勝手に延期して、パートナー施設の皆様にかなり迷惑をかけたことに深くお詫びします。

皆様は我々と同じく大変な時期と状況に陥ったことが深く理解しております、今こそ皆様のお手伝いが必要となる時期でありますので、今まで皆様の辛抱と寛容に深く感謝の気持ちをお持ちしております。

再度、大変ご不便とご迷惑をかけて大変申し訳ございませんでした。ご理解とご協力をお願い申し上げます。また何かご不明な点がございましたら、ぜひ我々にご連絡くださいませ


切実な思いが伝わって来ますね。

ホスト側としては、事前決済分の入金がちゃんと確保出来ているのか?そこが一番気になるトコロかな?

こう言う動きを見てもコロナウイルスの影響で、民泊などの宿泊のシェアビジネスは当分厳しくなるのでは無いかと感じました。


The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形県・佐賀県など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン・Beds24)を愛用し、現在20予約サイト・3自社予約フォーム・4サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. Airbnb

    違法&ヤミ民泊に一石を投じる│「民泊バスターズ」そして「民泊ポリス」が登場!

    探偵業ノウハウ活かす民泊トラブル専門のプロ「民泊バスターズ」民泊は民泊…

  2. 新型コロナウイルス

    20年近く住んでいた湯布院から、国東市へ引っ越ししました

    大分空港そばの嫁の実家で、しばらくリモートワークします今日は個人的な事…

  3. 手間いらず.NET

    中国の民泊仲介最大手 『自在客(ジザイケ)』について調べてみた

    今後日本国内においても日本語化を行い、順次サービスを拡大予定今後、民泊…

  4. 新型コロナウイルス

    アナタにとって、思い出に残る大好きな宿はありますか?

    注目すべき4つのサービス。「応援」と言うカタチの宿泊もあります今回、今…

  5. 新型コロナウイルス

    NEXTコロナ時代において「宿泊施設」の在り方を再定義してもイイんじゃない?

    新型コロナウイルスは、ボクらに何を伝えようとしているのか?ふと思う事が…

  6. 新型コロナウイルス

    新型コロナウイルスのピークが上がるか下がるか丨アナタはどう迎える?

    世の中の変化に合わせたスピード感が必要と感じる一か八か?国が大きく動き…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

何は無くともGoogleマイビジネスです!


ホームページ

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



宿泊に関するお友達のBlog

Twitter

  1. 川嶋雄司の独り言

    ホテル・旅館の祭典│ホテル・レストランショー(ホテレス)2018で最新の情報をG…
  2. ねっぱん!++

    ねっぱん!無料版丨サービス終了に伴う停止日時を要チェック!
  3. ねっぱん!++

    ねっぱん!++丨ゲストコミュニケーションサービス「AirXpress」と連携を開…
  4. ヤフオク

    【ヤフオク詐欺】撲滅するには、消費者が詐欺行為を知っておかないといけないと感じる…
  5. 手間いらず.NET

    宿泊予約サイトの一ヶ月の延長作業に掛ける時間を1分以内にしたい
PAGE TOP