Go Toキャンペーン

Go To トラベルキャンペーン丨既に運営が確定しているだろうOTAのページを調べてみた Part.1

Pocket

現在ほぼほぼ確定していると予想されるOTAは「楽天トラベル」「じゃらんnet」「一休.com」「Yahoo!トラベル」です

これから7/22(水)にかけて、「Go To トラベルキャンペーン」の情報は要チェックですよ!

まずは2020年7月10日、観光庁の発表からなのですが、Go Toトラベル事業の運営業務を「ツーリズム産業共同提案体」に委託することを企画競争の結果、決定しました。


【「Go To トラベルキャンペーン」とは?】
旅行業者経由で旅行商品を購入した方を対象に、旅行代金の最大5割(上限1人1泊あたり2万円)を補助するモノです。
補助額のうち、70%に当たる部分は宿泊や日帰り旅行商品の割引を行い、30%に当たる部分は観光地周辺の登録加盟店(地域産品・飲食店・観光施設など)で幅広く利用できる地域共通クーポンの発行をし、観光地全体の消費を促すことを目的としています。


2020年7月10日時点で決定しているツーリズム産業共同提案体は…

・日本旅行業協会
・全国旅行業協会
・日本観光振興協会
・JTB
・KNT-CTホールディングス
・日本旅行
・東武トップツアーズ
・全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会
・日本旅館協会
・日本ホテル協会
・全日本シティホテル連盟


コチラと、そしてOTA(宿泊予約サイト)は

・リクルートライフスタイル(じゃらんnet)
・楽天(楽天トラベル)
・ヤフー(一休.com・Yahoo!トラベル)
(JTBが入っているので、おそらく「るるぶトラベル」も)

以上になります!



今回、旅行業者や予約サイト・宿の直販予約システム(公式サイトの予約)が対象と聞いておりましたが…直販大手の予約番・ダイレクトイン・予約プロ・triplaなどの会社はまだ正式に発表がまだありませんね。

面倒くさいですが、きっとそこは色々と大人の事情があるのでしょう。。
あと10日で始まるだけに、そこは早くお知らせして欲しいトコロですね。

では今回、Go Toトラベル事業に決定しているOTA「楽天トラベル」「じゃらんnet」「一休.com」「Yahoo!トラベル」で「Go To トラベルキャンペーン」のページが既にリリースされておりますので、一つ一つチェックしていきましょう!

各社「Go To トラベルキャンペーン」ページを要チェック

楽天トラベル

まずは、楽天トラベルの「Go To トラベルキャンペーン」ページです。


「Go To キャンペーンの最新お得情報!」

https://travel.rakuten.co.jp/special/goto/


ちなみに楽天トラベルTOPページではURLが分からなかったので、結局は「楽天トラベル Go To」で検索してやっと辿り着きました。



今回の「Go To トラベルキャンペーン」は自治体やOTAのキャンペーンなどとも併用可能ですので、楽天トラベルはおそらく「宿クーポン(施設負担もしくは楽天原資)」「ポイント施策」と絡めてプロモーションをかけて来る事でしょう。

そして「航空券+宿泊予約」が取れるダイナミックパッケージ・楽パックも「Go To トラベルキャンペーン」の対象になりますので、遠出をお考えの方は要チェックです!




あとコチラの表がシンプルに見やすく分かりやすかったですね。
「地域共通クーポン」は9/1以降ですので、まずは35%の割引からの開始されます。

じゃらんnet

次にじゃらんnetの「Go To トラベルキャンペーン」ページです。


「Go To トラベル キャンペーン
https://www.jalan.net/go-to-travel/


じゃらんnetはTOPページに導線がありました。



右下の「Go To トラベルキャンペーン」をクリックしましょう!



ページはまだ「Cooming Soon(近日公開)」となっております。

じゃらんnetも「販促クーポン(施設負担もしくはじゃらん原資)」「ポイント施策」「じゃらんパック」と絡めてプロモーションをかけて来そうです。

一休.com

今回、一休.comの動きは早かったですね!



一休のTOPページでも赤々と表示されております。


「Go To トラベル キャンペーン
https://www.ikyu.com/special/01/goto/


おそらく4年前の国の政策「九州ふっこう割」では未対応でしたので、今回早めに動かれたのでしょうね。



それに「Go To トラベルキャンペーン」では35%の割引のハズなのに「最大40%」と表記しているのはナゼかと言いますと、ここ最近一休.comは最大5%付与されるプランの造成に力を入れていたからなのです。

 

それに一休.comは「即時ポイント利用」がありますので、貯まるはずのポイント分をすぐ値引き出来ますからね。



なお40%値引きのイメージはこうです。

4割引ですと 比較的高単価の宿泊施設ばかりの一休.comは、かなりの恩地を受けそうです。



今回抜かりなく対応されていたイメージの一休.comは、Go To トラベルキャンペーンが始まっても「最大40%還元」を引っさげてアピールしてくるんじゃないかな?



なお一休.comの管理画面「最新情報」にも、このように記載されておりました!

Yahoo!トラベル

メタサーチのYahoo!トラベルでは、ひょっとしたらヤフープランだけが対象になるかも。


「Go To トラベル キャンペーン
https://travel.yahoo.co.jp/promo/gotocampaign?sc_i=trvtop_mpl



場所は赤い矢印のコチラ!




ヤフーは「Go To Travel」以外にも、「Go To Eat」「Go To Event」も絡めてくる感じです。

こうなると消費者もどこで予約するか迷っちゃいそうですね。



そして、Yahoo!トラベルも管理画面にもこのように表記されておりました。

さいごに

支援が含まれる旅行商品や宿泊プランなどは、7月27日以降、準備が整った事業者から開始となります。

あと国内OTAでは、Relux・ゆこゆこが「Go To トラベルキャンペーン」に乗っかってくるかが、個人的には非常に気になるトコロですね。


ではキャンペーン開催までもう数える程しかありませんので、利用する側も受け入れ側もスタッフ間で情報を共有しておきましょう!


 Part.2へ続く



【GoToトラベルキャンペーンに関する事業者からの問合せ先】
観光庁総務課 TEL: 03-5253-8321(直通)

【Go Toキャンペーン関連の記事はコチラ】
https://kawashimablog.com/yufuin/?cat=2933

【追伸】
「ブログ村」に参加しておりますので、良かったら「ポチッ」とお願いします!
https://blog.with2.net/link/?1766752


The following two tabs change content below.

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。現在は大分県国東市在住。 大分県を中心に、箱根・山形・佐賀など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!++・TL-リンカーン)を愛用し、現在約20の宿泊予約サイト・5自社予約フォームを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

ピックアップ記事

  1. Relux丨「新型コロナウイルス感染症対策」表示機能をリリース
  2. Go To トラベルキャンペーン丨ココに来て、ひょっとしたら楽天トラベルが撤退す…

関連記事

  1. Go Toキャンペーン

    Relux「GoToトラベル」丨10/11(日)15:00頃、給付金額の予算上限に達して販売終了に

    OTA(宿泊予約サイト)のGo Toトラベルの給付額が次々と縮小の中、…

  2. Go Toキャンペーン

    2020年12月13日、現時点で分かっているGo Toトラベル決定事項まとめ

    今後の詳細は、12月14日に開かれる予定の対策本部で対応を発表する見通…

  3. Go Toキャンペーン

    Booking.com丨8月28日から「Go To トラベルキャンペーン」割引対象商品の提供開始!

    宿泊代金の35%OFFはもちろん、ロイヤリティプログラムGenius会…

  4. Go Toキャンペーン

    ビジネスと観光を分ける意味はあるのか?丨2020/11/6以降、観光目的以外はGo To除外へ

    Go To トラベル事業の支援対象とする旅行商品の基準・考え方の明確化…

  5. Go Toキャンペーン

    るるぶトラベル丨Go To トラベル再開後に既存予約にも割引自動適用へ

    すでに別のクーポンを利用されている予約は適用対象外なのでお気をつけてG…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

ホームページ

カテゴリー

人気のBlog記事



主要なOTA(宿泊予約サイト)一覧

Twitter

<川嶋が宿泊のトレンドをYouTubeで発信!>

Zoom&LINEコンサル始めました

「マーケティング・経営ランキング」で参加しておりますので、良かったらポチッとお願いします

宿泊に関するお友達のBlog

  1. CHILLNN

    「TEMAIRAZU」シリーズ丨「CHILLNN(チルン)」とシステム連携を開始…
  2. ▼海外インバウンドサイト

    あのUSENが運営なの!?│訪日外国人向け情報サイト「Cozy Japan」
  3. 川嶋雄司の独り言

    いつまで、そしてどこまでOTAに頼るか丨じゃらんnet&楽天トラベルの手数料UP…
  4. 川嶋雄司の独り言

    ネットの宿泊販売での値下げについて再度考えてみる。
  5. ねっぱん!++

    ねっぱん!サイトコントローラーが新機能予告丨2019年6月12日(水)より 「サ…
PAGE TOP