ホテルの業界用語

【特殊なホテルの業界用語 / Part.3】Aチャメ・Bチャメ等について調べてみた


老舗旅館ではごく普通に使われているかも?

ホテル・旅館にお勤めの方ならご存知かもですが、「Aチャメ、Bチャメ」とかって聞いた事ありますか?

若い方でしたら、ひょっとしたら未だに「チャメ」って何だろう?と思いつつ、日々宿泊施設でお仕事されている人もいたりして(笑)


では今回「チャメ」について語りましょう!

【チャメとは?】
子ども(小人)のこと。
チャイルド(お子様)メニュー、またはチャイルドメンバーの略らしいです。


いきなりチャメって言われても「何じゃいっ!」って思いますよね?

「チャメ」は旅行業界では割とよく使う業界用語で、主に”子供”という意味になります。



上記画像は、JTBの「JTB よくある質問」から抜粋しましたが、やはり最初にJTBで使われだしたのかも…??
(るるぶトラベルの子供料金設定も A〜Dですし)

主に日本国内の宿泊手配関係で使われており、それ以外の国ではほぼ使われません。
なので、子供の料金区分を決めるのに「A・B・C・Dチャメ」と分けている宿が今もあると言う事です。

例えば旅館などでは、フロントが調理場などに宿泊人数を伝える時に「大人2名とCチャメ1名」などと言います。

料理提供されている宿は、予約時に宿泊情報を正確に伝える事はとっても重要です。
では改めて「A〜Dチャメ」について調べてみましょう!

業界用語「チャメ」の食事内容と料金とは?

Aチャメ

小学校のお子様のことを主に「Aチャメ」と言います。
Aチャメは、大人宿泊料金の70%
食事は「大人から数品抜いた料理」が一般的です。

Bチャメ

小学生以下(主に3才〜小学生前まで)の幼児を「Bチャメ」と言います。
Bチャメは、大人宿泊料金の50%
食事は「お子様ランチ」が一般的です。

Cチャメ

お布団のみで、食事なしの乳幼児のお子様を「Cチャメ」と言います。
Cチャメは、大人宿泊料金の30%が一般的です。

Dチャメ

布団・食事なしで、添い寝の乳幼児を「Dチャメ」と言います。
Dチャメは0円としているトコロもありますが、定額料金としている場合もあり。
※浴衣やスリッパ等、用意してくれるトコロもあります。

番外(INF)

Infant=インファントの略。
つまりは幼児の事を指しますが、料理もお布団も
何も付かない無い場合が多く、いわゆる「Dチャメ」だったりします。

さいごに

では最後に、コレがTHE「A〜Dチャメ」だよって言うのをまとめてみました。

<料金掛け率>
Aチャメ:70% 大人から数品抜いた料理
Bチャメ:50% お子様ランチ
Cチャメ:30% 料理なし
Dチャメ:    布団もなし


上記はあくまで一般的な「A〜Dチャメ」です。

なお、宿によっては「A〜Cチャメ」までの3種類だったりと 若干違う場合のトコロも沢山ありますので悪しからず。



ちなみにコチラは某宿泊施設のじゃらんnetの「宿ログ」ですが、「A〜Dチャメ」について堂々と書かれております。
ここまで書いていたら…お客様にも伝わるかな?

しかしどこの業界もそうですが、業界用語って難しいですね。
では「Aチャメ、Bチャメってなんだろう?」って思っている方の疑問が晴れれば幸いです!



「ホテルの業界用語/記事一覧」
https://kawashimablog.com/yufuin/?cat=1458


The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形県・佐賀県など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン・Beds24)を愛用し、現在20予約サイト・3自社予約フォーム・4サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. ホテルの業界用語

    【知ってて得するホテルの業界用語】略語が苦手とは言わせない! Part.2│RevPAR(Reven…

    RevPAR(レヴパー)は、一日あたりの販売可能客室数あたり客室売上を…

  2. ホテルの業界用語

    1500記事以上、宿泊予約サイトの事を書いてきたBlogでアクセスが多かったランキング(6〜10位)…

    どう言う記事がたくさん見られているのか?調べてみました。4年近くBlo…

  3. ホテルの業界用語

    1500記事以上、宿泊予約サイトの事を書いてきたBlogでアクセスが多かったランキング(1〜5位)

    前回同様、ちょっと調べてみました。昨日の続きです!↓ ↓ ↓「1500…

  4. ホテルの業界用語

    【知ってて得するホテルの業界用語】略語が苦手とは言わせない!│ADR(平均客室単価)を考える

    なんだかどこかで聞いた事のある、ADRを分かりやすく説明しますホテルや…

  5. ホテルの業界用語

    【特殊なホテルの業界用語】難しいホテル用語は、お客様にほとんど伝わっていないと思った方が良い。

    おそらく最初に戸惑うであろう言葉の数々…こんにちは。旅館のネット販売の…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

何は無くともGoogleマイビジネスです!


ホームページ

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



宿泊に関するお友達のBlog

Twitter

  1. 一休.com

    一休.comでログインパスワードを忘れてしまった時の対処方法
  2. 新しい旅行のあり方

    旅館・ホテルなどの宿泊施設において「市場の空席(しじょうのくうせき)」とはどこな…
  3. 新型コロナウイルス

    日本の宿泊施設よ、しばらく冬眠(春眠)しよう
  4. じゃらんnet

    閑散期対策としてフラッシュマーケティング「ポンパレ」は使うか否か!?〜Part.…
  5. じゃらんnet

    じゃらんnet・スマホ版「プラン一覧画面」の表示追加」│2017年8月28日より…
PAGE TOP