▼メタサーチ&クチコミサイト

比較サイト・メタサーチが、自社予約と国内OTAを殺す日


一見便利そうに見える、その影の部分をお伝えします

ちょっと過激ですが、宿泊業にお勤めの方にちょっと考えて欲しいと思い、こう言うタイトルにしました。

このBlogをご覧頂いている方は、トリップアドバイザーやトリバゴ・トラベルコちゃんと言う比較サイトをご存知の方もきっと多いはず。

そうなんです。
これらは楽天トラベルやるるぶトラベル、Booking.comなどの海外サイトの最安値プランを一気に比較・横断出来、最安値のOTA(宿泊予約サイト)のリンクへジャンプして、そのまま予約が出来ると言うとっても便利なサービスになります。

コレらを総じて「メタサーチ」って言います。

【メタサーチとは?】
1回キーワードを入力するだけで、複数の検索エンジンで検索が実行され、検索結果が表示される検索サービスのこと。 


最近ではH.I.S.の新しいサービス・DRSとの接続を設定されている方もいらっしゃる事でしょう。

では一見便利そうなメタサーチのその影で何が起きているか。
皆さんお分かりですか?


そう、今どこのOTAも手数料を上げて来ています。
楽天トラベル・るるぶトラベル・ヤフープラン・MAPPLEトラベル…etc

ではそれはナゼなのか?なんで起きているのか?
少しずつ紐解いて行きましょう。

メタサーチはOTAの吸血鬼

最近、じゃらんnetがトリップアドバイザーから手を引きましたっと言う記事を書きました。

「噂を検証!│トリップアドバイザーがあのサイトとの提携を解除!?」
https://kawashimablog.com/yufuin/?p=19841

コレがじゃらんnetにとって、吉と出るか凶と出るかは分かりません。


実はメタサーチへの露出はパンドラの箱とも言えます。
まずメタサーチの収益源は、宿泊施設ではなくOTAだと言う事念頭に入れておくと分かりやすいかも知れませんね。


もしメタサーチに掲載されているOTAで予約が成立したら、OTAはメタサーチに手数料を数%払わないと行けないのです。
アフィリエイトと仕組みはほぼ一緒。

メタサーチは特に営業もせず会員も作らず、右から左へ移すだけで儲かると言う仕組みなのです。

特にトリバゴは87%を広告費に投じていますので、特にテレビCMやYouTube広告でその存在を知ったかたもきっと多いんじゃないかな?


…しっかしこの方、日本語がお上手ですよね〜っ(笑)

メタサーチが広告にガンガン投じられるのは、ホテルの客室仕入れの人員コストを抱えてないからこそなのかもしれません。

宿泊施設はこれからどう取り組んでいくべきか

メタサーチの難点の一つとして、自社予約エンジン(予約番・予約プロなど)が掲載されないって事です。
※今のYahoo!トラベルの公式サイトプランには、ダイレクトインを任意で掲載する事は出来ます。


まさに自社殺し。
そこ(自社予約エンジン)に流れても、メタサーチにとっては全くメリットがありませんので。
最近のGoogle Mapsのメタサーチ的な動きも同様です。
お友達のハマちゃんが詳しく書いています。
お友達のガクさんも、昨日書いています。


なので、今回のDRSやYahoo!の取り組みがそこなんです。


そして海外OTAの戦略とはなんぞや?
気にかけた事ありますか?
(戦略と言う言葉を使いたくないですが、今回敢えて分かりやすいので使います)

実は海外OTAは手数料が高い分、薄利多売でもどんどんメタサーチに露出して行ける体力がある事こそが戦略なのです。

海外メタサーチが蔓延し、そこに海外OTAが強気で露出をかける。
事前決済が主なagodaなんかは場合によって、手数料12%の中から半分ほどメタサーチに支払ってでも、最安値でメタサーチに露出をするようにしてますからね。

 

コレでは比較的手数料の低い国内OTAが敵うわけありません。
もっとメタサーチに露出をかけなきゃ…でも手数料をかなり持っていかれる。。このジレンマが続く訳です。

ではその手数料をどこで補填すれば良いのか?
もう皆さんお気づきですよね?


ちなみに、「メタサーチを使うな」とは言ってません(笑)

一見便利そうに見えるメタサーチのサービスの影で、特に国内OTAの手数料が上がらざるを得ないと言う現実が 少しでもご理解頂ければと思って、今回Blogを書きました。

国内外のOTAやメタサーチで露出して、今後はいかにして自社予約に誘導して取り込んで行けるか?
今、その道筋を少しでも構築して行かないといけない時代が到来したんじゃないかなって感じております。


※参考記事
「【保存版】ホテル・旅館のメタサーチがどれぐらいあるのか?改めて調べてみました!」
https://kawashimablog.com/yufuin/?p=19165

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形・富山など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン)を愛用し、現在25予約サイト・3自社予約フォーム・3サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. じゃらんnet

    ホテルの宿泊クチコミ管理Trust You、リクルートホールディングスの完全子会社へ!

    世界のレビュー1億件分析│じゃらんnetを持っているリクルートには価値…

  2. トリバゴ

    【実はカカクコム・グループの一員】旅行のクチコミサイト「フォートラベル」

    フォートラベルは、みんなでつくる日本最大級の旅行コミュニティ・ポータル…

  3. トリバゴ

    【保存版】ホテル・旅館のメタサーチがどれぐらいあるのか?改めて調べてみました!

    テレビCMやyoutubeでよく宣伝しているのを見かけませんか?まずは…

  4. じゃらんnet

    一気に各サイトの料金をカンタン比較!│今後注目の国内メタサーチ「TRIPCON(トリプコン)」

    トリップアドバイザーに対抗出来るかも?ユーザーインターフェース、ボク個…

  5. トリバゴ

    【メタサーチ編】YouTubeで見る宿泊予約サイトの関連動画をピックアップ

    宿泊以外の予約もまとめてGET!それが今後のメタサーチ昨日の続きです。…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Sarahahを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



Twitter

  1. Expedia

    もう面倒とは言わせない!? 3/15に一新│Expediaの事前決済の請求方法が…
  2. Cansell

    宿泊予約の権利売買サービス『Cansell』が計4社からシードラウンドで総額40…
  3. おすすめランチ・ディナー

    「マイナビトラベル」と初接触│今後マイナビをやるべき3つの理由
  4. スマホアプリ

    ■将来、ホテル・旅館のカギがスマホになるかも?
  5. 手間いらず.NET

    アナタが扱っているサイトコントローラーは、瞬時にスマホでコントロール出来ますか?…
PAGE TOP