未来のテクノロジー

未来の宿泊施設に、コレはいらないかも?│将来、人手不足で困らない為に 〜Part.3

Pocket

これからは所有しない時代へ

またまた昨日の続きです!
これで最後にします。

[blogcard url=”https://kawashimablog.com/yufuin/?p=16458″]


3回に分けて書きましたが、ボクの頭の中で思い描いている これからの旅館・ホテルの新しいカタチとして、何か参考になれば幸いです。

では未来の宿泊施設にとって、特に必要が無いかなって思うモノをピックアップしてみました。


電話の予約受付はいらないかも?

コレに関しては、以前ボクのBlogにも書きました。

今まで「電話予約」しか受け付けて来なかった宿泊施設様へ
https://kawashimablog.com/yufuin/?p=15771

意外と知られていない各予約サイトの「宿泊代行サービス(コールセンター)」を場合によっては活用しましょう!
https://kawashimablog.com/yufuin/?p=7661

ボクが思うに、なんでもかんでも自分達の施設で全部対応しなくて良いと思うんですよね?

だって、世の中には便利なサービスがたくさんあるんですから。
ましてや時間がエラいかかってしまう電話予約なんて、受けたく無いって思いませんか?

そんな場合は即コールセンターの番号を教えましょう。
楽天トラベルの電話予約センター(080-2017-8989)が、24時間365日対応しているのでオススメですよ。


ブロック在庫はいらないかも?

リアルエージェントが半年先まで、契約施設の客室の在庫を握っているのって、絶対おかしいと思うんですよね。

んで売れなかったら2週間前に返却って…もうその2週間でネットや電話で売るのって大変です。


普通に考えて欲しいのですが…旅行代理店の店頭と、24時間いつでもどこでも世界中で予約が出来るネットと比べてどっちがチャンスが多いか?

よりグローバル化が進む昨今、旅行代理店に提供しているブロック在庫を今一度考え直して良いかも知れないですよ。
手数料も高めですしね。


専属のネット担当者もいらないかも?

特に小規模の旅館では、コレが当てはまるかな〜っ?
ボクが言いたいのは「専属」のネット担当者です。だって旅館はアレコレする事が多いので、たいがい兼任兼任ですからね。

悲しいかな、せっかく育てたネット担当者が 1,2年で辞めてしまうって事も多々あります。


なので、サイトコントローラーなどを触るネット担当者で適任なのは、やはり経営者がベスト!

そしてボクのような外注のコンサル業者を入れた方が、結果快適で売り逃しの少ない販売が可能になります。
電話予約受付でも書きましたが、全部自分たちでやらなくて良いと思いますよ。


今、ストレスを感じる事や不便さを疑ってみる

「なんかコレ、おかしくない?」とか「コレって間違っているんじゃないかな?」とか、旅館やホテルで思っている事はありませんか?
たいがいスタッフの困る事って、お客様も困ってしまう可能性は高いです。

なのでこれからは「当たり前な事」をまず疑ってみて、自分の頭で考える事がとても大切でしょう!


どう考えてもおかしいって言う事って、宿泊業はいっぱいあるんですから。

そして「こうすれば便利かも」って言う事を積み重ねていきましょうね。
それが結果スタッフの流れが良くなり、結果お客様への対応もスムーズになります。


その「便利さ」には今後、「所有しない事」って言う事。
要は「シェア」が今後キーワードになってくるんじゃないかなって思います。

「所有しないって考えは寂しい」って思われるかもですが、もっと身軽に色々な事に対応する為に。そして人手不足解消する為にも、所有しないって事を気に掛けると良いかも知れませんよ。


今回、3回に分けて長い独り言でした。
まとめますと


●出来るモノをデジタル化
●出来るモノをクラウド化
●出来るモノをシェア化


宿泊施設でも、コレをしていけるとより身軽になれるでしょうね。


余談│やっぱり電話対応したいって方へ

この記事の冒頭に、電話予約の受付はいらないとかコールセンターの事を少し書きましたが…




今では「ロボットコールセンター」なるモノもあります。

どうしても電話でやり取りしたい方は、こう言うのもドンドン取り入れてみてはいかがですか?(笑)

The following two tabs change content below.

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。21歳の時 九州〜福井を自転車旅行した際、大分県湯布院町が気に入りそのまま移住。現在は大分県国東市在住。 大分県を中心に 山形県・福島県・茨城県・神奈川県・佐賀県・熊本県など、全国各地の旅館やホテルのネット集客のコンサル・WEB集客のサポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!++・TL-リンカーン)に重きを置き、現在約15の宿泊予約サイト・7つの自社予約フォームを使い多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げております。

ピックアップ記事

  1. Go To トラベルキャンペーン丨ココに来て、ひょっとしたら楽天トラベルが撤退す…
  2. Relux丨「新型コロナウイルス感染症対策」表示機能をリリース

関連記事

  1. メトロエンジン

    AIが最適な宿泊料金を決める│おすすめレベニューツール3選をご紹介!

    AIから人間へ、仕事を振り分けられる時代はもう既に来ているボク達人間の…

  2. 未来のテクノロジー

    通訳デバイス「POCKETALK(ポケトーク)」が届いたので、実際に使ってみた感想

    旅館・ホテルに一つあるとかなり便利そうです先日、50言語に対応している…

  3. スマホアプリ

    訪日外国人とはLINEでコミュニケーションを取ろう│使うと便利さが分かる「LINE英語通訳」

    同様の公式アカウントに「LINE中国語通訳」や「LINE韓国語通訳」も…

  4. ▼バケーションレンタルサイト

    独自の仮想通貨で取引│民泊サイト「zangll」(ザングル)誕生か!?

    決済・入金はなんと5秒!ホスト手数料は0.45%まで抑えるとしています…

  5. Amazon

    「Amazon Echo(アマゾン・エコー)」で宿泊予約のカタチが確実に変わる。

    Alexaがアナタにピッタリの宿を探してくれる(かも)Amazon E…

アフターコロナに向けて多言語AIチャットボットに注目!

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

カテゴリー

人気のBlog記事



サイトコントローラー「Beds24」2ヶ月間無料トライアルOK!!

ホームページ

主要なOTA(宿泊予約サイト)一覧

Twitter

「マーケティング・経営ランキング」で参加しておりますので、良かったらポチッとお願いします

<川嶋が宿泊のトレンドをYouTubeで発信!>

Zoom&LINEコンサル始めました

  1. 川嶋雄司の独り言

    稼働率を重視して、利益率が下がってしまう事があるって知ってましたか?
  2. メルカリ

    ついにメルカリも旅行ビジネスへ│旅行関連事業への参入を計画中!
  3. 楽天トラベル

    ネット担当者が見るべき2つのポイント│楽天トラベルの管理画面・ルール変更
  4. じゃらんnet

    じゃらんnet丨事前カード決済でポイント5%還元キャンペーン→還元率10%に引き…
  5. Yahoo!トラベル

    一休.comならびにYahoo!トラベル丨現在Google Chromeにて、サ…
PAGE TOP