未来のテクノロジー

宿泊施設の顧客管理をもっとカンタンにする方法

Pocket

今まで人がしていた顧客管理は、全てIT・AI・クラウドで管理

若い人を中心に、SNOWやMOLDIVって言う顔認証で盛れるアプリが流行ってましたけれど、ココ最近の画像認識技術ってスゴいですよね?

こう言うテクノロジーを、今後 旅館やホテルの顧客管理で活かさない手は無いでしょう!

主に車のナンバープレート、そして来館時の顧客の顔認証・本人確認などによって、顧客管理は随分ラクになります。




それに防犯対策にも活用出来そうです。

このように、まだまだITやオンラインで簡略化出来る部分はいっぱいあるのですが、人を雇い人力で対応している宿泊施設はたくさんありますよね?

人は忘れていく生き物です。

お客様にはストレスの無い滞在を、そしてスタッフにとってもよりストレスの無い顧客管理を考えて実践して行く事が、これからにとって重要なんじゃないかなって感じます。

民泊を利用して気づいた事もあった

先日、Airbnbを初めて利用して知ったのですが、ホスト(いわゆるオーナーさん)とLINEのようなチャットが出来る機能があるのですが、コレを宿泊施設でもbotを使い 特定の文章には定型文で自動返信出来るぐらいは今の技術で出来そうな感じがします。


もしくは各宿泊予約サイト内でも、宿泊客と宿泊施設とをチャットで結ぶ何かツールがあると、互いにとって良いのかも?
Booking.comではもうすでに、翻訳しながらやり取り出来るツールがありますけどね。


あと今年のホテレスでも随分色んな会社が展示会で出展されていましたが、主に民泊では結構進んでいるスマートロックも、旅館やホテルで導入すればチェックインに人手や時間が割かれないので良いでしょう。


それに決済手段も、チェックインからチェックアウトまで事前決済オンリーの方がスマート。
いわゆる現金のやり取りのない「キャッシュレス」と言うモノ。
なお滞在時に飲んだドリンクも事前決済したカードに請求するとかすれば、チェックアウト時には見送るだけになります。


あと結構時間がかかってしまう、宿泊客の部屋割り、従業員のシフトをAIが決めて貰うと良いでしょうね。
※もうすでにそう言うサービスを行っている所もありますが。

その為にもこれからは、今までの宿の情報やノウハウをクラウドに集約させる必要がありそうです。

ホテルシステム(PMS)も要らなくなる?

顧客管理の重要なホテルシステム、いわゆるPMSもクラウド化がどんどん進めば、将来的に無くなってしまうシステムかもしれません。

無くなると言うよりか、もっとモバイルよりになってカタチを変えそうな予感がします。

※陣屋コネクト様の画像をお借りしております。


こうなって来ると、今まで人力で管理していた顧客管理・新人や中途採用のスタッフ教育などは今後、クラウドに蓄積された宿の情報によって伝えて続けて行けると良いでしょうね。

まとめると…
ナンバープレートも、チャットのやり取りも、チェックイン・アウトの時間も、売り上げも。全てクラウドに保存。
宿はペーパーレスでスッキリしそうです。


あとちょっと古いかもですが…
「●●さんは私のお客さんやから、私が出勤して接客しないと。」とかって言う都合やしがらみも、経営者に取っては極力無い方が将来的にシフトに悪影響を与えそうなので、無い方が良いんじゃないかな?

ボクはこの一連のIT化・AI技術の向上により、現場スタッフの人力によるルーティーンワークが少しでも減ればと思っています。


※クラウド型のPMS・陣屋コネクト様のページも参考にされてくださいませ。
https://www.jinya-connect.com/databox/data.php/about_ja/code



なお、二ヶ月前に書いた記事も良かったら参考にされてくださいね。
↓ ↓ ↓

[blogcard url=”https://kawashimablog.com/yufuin/?p=16456″]

The following two tabs change content below.

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。21歳の時 九州〜福井を自転車旅行した際、大分県湯布院町が気に入りそのまま移住。現在は大分県国東市在住。 大分県を中心に 山形県・福島県・茨城県・神奈川県・佐賀県・熊本県など、全国各地の旅館やホテルのネット集客のコンサル・WEB集客のサポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!++・TL-リンカーン)に重きを置き、現在約15の宿泊予約サイト・7つの自社予約フォームを使い多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げております。

ピックアップ記事

  1. Relux丨「新型コロナウイルス感染症対策」表示機能をリリース
  2. Go To トラベルキャンペーン丨ココに来て、ひょっとしたら楽天トラベルが撤退す…

関連記事

  1. Airbnb

    【観光の概念が変わる】間違いなく新しい市場を開拓!Airbnbで遂にアクテビティ予約が可能に

    アナタの提供出来る「ワクワク」や「遊び」がインターネットで求められる時…

  2. 川嶋雄司の独り言

    現金の取り扱いに関して│実はコストも時間かかるので、これからはキャッシュレス化を目指そう

    カード利用やスマホ決済が出来るようにして、訪日外国人の方にも消費しやす…

  3. aumo

    2021年1月末で終了の「Go Toトラベル」のその後の対策として、おでかけメディア「aumo(アウ…

    aumoのコンテンツにより、第三者視点での記事によって”背中の後押し”…

  4. 川嶋雄司の独り言

    ■日本語だけで世界を旅する?便利そうなサイト「たびのたつじん」

    海外在住の日本人が案内してくれます!こんにちは!海外旅行大好き♪宿泊予…

  5. tripla

    スマホのコンシェルジュがチャットで提案│外国人向け予約アプリ「tripla(トリプラ)」がなんか便利…

    提携先約250店舗+「東京カレンダー」「一休レストラン」「ホットペッパ…

  6. じゃらんフォーラム

    福岡で星の数ほどお店がある中で辿り着いた「MUSIC BAR / Grammy」

    やはり決断より行動だと思う。2日前、福岡の「ホテル日航」にてじゃらんフ…

アフターコロナに向けて多言語AIチャットボットに注目!

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

カテゴリー

人気のBlog記事



サイトコントローラー「Beds24」2ヶ月間無料トライアルOK!!

ホームページ

主要なOTA(宿泊予約サイト)一覧

Twitter

「マーケティング・経営ランキング」で参加しておりますので、良かったらポチッとお願いします

<川嶋が宿泊のトレンドをYouTubeで発信!>

Zoom&LINEコンサル始めました

  1. Booking.com

    Beds24丨管理ルールから、Booking.comのゲストと直接やりとりが可能…
  2. DirectIn

    【緊急発表】Yahoo!が自社予約システム大手のダイナテックを買収!
  3. じゃらんnet

    2020年8月24日丨じゃらんnetの機能改善を4点実施!
  4. DirectIn

    Yahoo!JAPANが、2年前に買収したダイナテック社の主力商品3つの案内を開…
  5. じゃらんnet

    手間いらず.NETでキャンセル情報が読み込まれない仕様について。
PAGE TOP