talkappi

【保存版】導入施設が400施設を突破!丨改めて多言語AIチャットボット「talkappi(トーカッピ)」の魅力に迫る Part.1

Pocket

現在ホテル・旅館だけにとどまらず、観光自治体・商業施設などでも多岐にわたって利用されております

以前、Twitterでこんな風な事をつぶやいておりました。


そうなんです。
このツイートをしていた2018年辺りは ちょうどtriplaやじゃらんのトリップAIコンシェルジュ等、全国的にもチャットボットが本格的に宿泊施設で導入されつつあった年でもありましたね。



そんな中、少し後発ながら 多言語AIチャットボット「talkappi(https://talkappi.com)」が2017年12月にリリースした訳なのですが、最近talkappiの動向がめまぐるしいので改めてBlogでピックアップしたいと思います!

【「talkappi(トーカッピ)」とは?】
旅マエ〜旅ナカ〜旅アトのあらゆるシーンで、24時間、質の高い顧客対応をしながら、新規・リピーター客の獲得に貢献し、観光分野のDXを大きく進めるSaaS型顧客対応プラットフォームです。


主な機能はコチラになります。

・AIチャットボットによる問合せの自動応答
・チャットで完結でき予約・販売
・チャットボットのデータよりFAQページを自動生成
・プロモーション配信、アンケート実施、クーポン発行等のマーケティング施策


ふむふむなるほど…
これが宿スタッフを介さずお客様対応に利用出来るのは やっぱり便利そうです。



なおtalkappiは2017年以降 全国的にも有名な宿泊施設での導入はもちろんの事…





実は全国の観光協会やショッピングモール・スキー場等でも採用されております。


ちなみに直近ではサイトコントローラーや決済システム(JTB Book&Pay)等の連携も行われておりました。
ではではtalkappiがこれだけ多方面で利用されている理由や機能面などをチェックしてみましょう!

talkappiの機能詳細

talkappiはすでに日本語・英語・中国語(簡体)・中国語(繁体)・韓国語に標準対応しており、日本人はもちろん訪日外国人旅行者(インバウンド)の9割以上をカバーできます。
※必要に応じて、現在タイ語・ポルトガル語・フランス語など なんと109種類の言語に対応可能!



さらには宿泊プラン直販機能「talkappi BOOKING」を提供。
そして業界唯一の多チャネル連携機能を標準搭載しており、公式アプリ・LINE・Meta(旧Facebook)・WeChatなど連携実績は業界No.1です。



うまく使えば 人件費の削減やOTAにかかる手数料を抑える事も出来そうです。



なお2020年には、新型コロナウイルス対応に取り組む宿泊・観光施設での「安心の見える化」を応援するため、多言語説明つきのピクトグラムを自主製作、無償提供された記事を書いた事がありました。


コロナ禍において 一見チャットボットとは全く関係ない事だったにも関わらず、コチラをダウンロードして使われた宿泊施設もきっと多かったのでは無いでしょうか?

さいごに

ちょっと画像とテキストだけでは中々お伝えしづらい部分もありますので、コチラの宿泊施設のツイートと動画をご覧ください。


岐阜グランドホテルさんでは、このようにしてうまくチャットボットに誘導されておりますね。
talkappi導入により、宿スタッフを介した電話やメールでの問い合わせが少しでも減少すると良いでしょう。

それにアフターコロナにおいて お客様から多言語対応や観光情報を迫られる状況になった時は心強いパートナーになりそうです。
では次回、talkappiの機能をより具体的にご紹介したいと思います!


Part.2へ続く



【talkappi(トーカッピ)ホームページ】
https://talkappi.com/

【talkappi(トーカッピ)関連の記事一覧はコチラ】

https://kawashimablog.com/?cat=3153

【追伸】
「ブログ村」に参加しておりますので、良かったら「ポチッ」とお願いします!
https://blog.with2.net/link/?1766752

【ネット予約の販売・管理でお困りの方へ】
ネット予約の売り上げを伸ばしたい。
日々の宿泊トレンドを知りたい。
人手不足で、OTAのプラン延長やサイトコントローラーをうまく活用出来ていない等。

コチラからお仕事のご依頼も承っておりますので、お気軽にご相談くださいませ⇒CONTACT
※もちろんSNSのDM等でも結構です。

The following two tabs change content below.

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。21歳の時 九州〜福井を自転車旅行した際、大分県湯布院町が気に入りそのまま移住。現在は大分県国東市在住。 大分県を中心に 山形県・福島県・茨城県・神奈川県・佐賀県・熊本県など、全国各地の旅館やホテルのネット集客のコンサル・WEB集客のサポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!++・TL-リンカーン)に重きを置き、現在約15の宿泊予約サイト・7つの自社予約フォームを使い多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げております。

ピックアップ記事

  1. Go To トラベルキャンペーン丨ココに来て、ひょっとしたら楽天トラベルが撤退す…
  2. Relux丨「新型コロナウイルス感染症対策」表示機能をリリース

関連記事

  1. talkappi

    【第二弾!】「talkappi (トーカッピ)」が新型コロナウイルス対策の多言語説明付きイラスト(ピ…

    前回より、イラストが 7個→19個へアップデートしておりますつい先日 …

  2. talkappi

    自社直販を目指そう丨多言語AIチャットボット「talkappi」が予約手数料0円の宿泊プラン直販機能…

    現在、サイトコントローラーはTL-リンカーンのみ接続か?国内外のメッセ…

  3. talkappi

    多言語AIチャットボット「talkappi (トーカッピ)」が新型コロナウイルス対策の多言語説明付き…

    WEBで、館内で。しっかり使えそうな案内用のデータが無料でダウンロード…

  4. talkappi

    【保存版】導入施設が400施設を突破!丨改めて多言語AIチャットボット「talkappi(トーカッピ…

    来るべき人手不足問題とインバウンド対応に備えましょうでは前回の続きにな…

  5. talkappi

    安心の見える化へ丨【第三弾!】「talkappi (トーカッピ)」が新型コロナウイルス対策の多言語説…

    前回より、更にイラストが 19個→25個へアップデートしておりますつい…

アフターコロナに向けて多言語AIチャットボットに注目!

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

カテゴリー

人気のBlog記事



サイトコントローラー「Beds24」2ヶ月間無料トライアルOK!!

ホームページ

主要なOTA(宿泊予約サイト)一覧

Twitter

「マーケティング・経営ランキング」で参加しておりますので、良かったらポチッとお願いします

<川嶋が宿泊のトレンドをYouTubeで発信!>

Zoom&LINEコンサル始めました

  1. マラソン大会

    頑張って、最後まで諦めない姿を家族に見せる事も大事だと感じる丨2022年3月20…
  2. じゃらんnet

    【リクルートが遂に民泊参入!】Airbnbと提携へ
  3. 川嶋雄司の独り言

    2019年12月、宿泊のWebセミナー講師をした時のアンケートを頂いちゃいました…
  4. 未来のテクノロジー

    高すぎず、また安すぎない価格設定を│ホテルの最適な価格を提示する人工知能サービス…
  5. 未来のテクノロジー

    世界初のウェアラブル音声翻訳デバイス「ili」(イリー)」を宿泊施設の現場でどう…
PAGE TOP