川嶋雄司の独り言

「朝食無料サービス」を導入しようとお考えの方へ│それを施行した場合のメリット・デメリットとは?

Pocket

無料が”当たり前”の基準になると、そこには感謝の気持ちが無くなりやすいと感じる

最近ビジネスホテルでは、「朝食無料サービス」がごくごく当たり前になりつつありますよね?




ボクも先月 知人から紹介して貰い、夏休みに家族利用したビジネスホテルが朝食無料の宿でした。


しかもよくあるビジネスホテルの朝食よりも内容がしっかりされていたし、お料理もとても美味しかったので、しっかりおかわりもしたんです。

たまたま利用した時間帯が混み合ってなかったのかな〜?

でも、もしもコレが混み合う時間だったらって考えると…無料とは言っても座るトコロが無かったり、料理の補充がされてなかったりすれば、子供がぐずついたりして穏やかに朝食が食べられなかったかも?

現在クライアント様から「朝食を無料のサービスにした方が良いかな」って持ちかけられたりしている案件があったりしましたので、自分なりにそれをした場合のメリット・デメリットを少し考えてみました。

なんでもかんでも無料サービスにする風潮に、従業員もうんざりしている?

「朝食無料サービス」って言う響きは確かに良いかも知れません。

実際には 簡素にパン・飲み物だけを無料提供しているホテルもあったりするので、それをフックにPRはしやすそうです。コレが唯一のメリットかな?


しかし実際に施設側の意図としては「無料の朝食なんだから、コレで納得(ガマン)してよ」「無料なので簡単・最低限の内容の朝食」ってテイなのですが、お客様はそれでは満足して貰えないのが現状でしょうね。

無料とはいえ、やれ「パンとコーヒーは無いの?」「味噌汁やスープは?」「おかずが少ない」等々、次第にお客様の理不尽な要求レベルは上がっていくんじゃないかな。

それに応えるかどうかは施設ごとの判断にはなるのですが、朝食準備にはスタッフの配置・食材の調達・調理時間・片付けなどに膨大な負担と労力を費やします。

それを無料で対応していく事は、普通に考えても「労力とコスト面で採算が合わない事」がデメリットです。

中には普段から朝食を食べない方であれば「朝食食べないから安くしてよ」って言うお客様が出て来るかも?


大手のチェーンホテルさんは資金力もあったりして、それを割り切って出来るかも知れませんが、小規模施設がその真似をしても運営は難しそうです。

更に最近では「夕食無料サービス」を売りにしているホテルもありますけどね(苦笑)


さいごに

ボクなりの考えですが総合的に上記の事を踏まえると、無料のサービスが増えれば口コミの評価が下がるのでは無いかなって感じました。


お客様は神様でも偉くもありません。

無料が蔓延するとその逆もしかり。
「お金払ってるんだから」って言うお客様も蔓延します。

そしてお客様のモラルが低下。
無料なのに文句を言われるって言う事が必然的に増えて、感謝の気持ちが薄れて悪循環が起きやすくなります。

お客様に良かれと思ってとった行動が、自身の首を絞めているのです。

結論として、無料のサービスが蔓延するとホテルに良い事はほとんど無いんじゃないかな?
感謝の反対語=あたりまえです。

あくまでボク個人的な見解ですが、無料サービスを続ける事で「俺の気持ちを察しろ」的な要求を平気でする様なお客様が増えそうな感じもしますね。

もしも「朝食無料サービス」を実施をご検討の方は ソレを覚悟の上でお試しされてみてください。


The following two tabs change content below.

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。現在は大分県国東市在住。 大分県を中心に、箱根・山形・佐賀など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!++・TL-リンカーン)を愛用し、現在約20の宿泊予約サイト・5自社予約フォームを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

ピックアップ記事

  1. Relux丨「新型コロナウイルス感染症対策」表示機能をリリース
  2. Go To トラベルキャンペーン丨ココに来て、ひょっとしたら楽天トラベルが撤退す…

関連記事

  1. 川嶋雄司の独り言

    行動はコピー出来ない│斎藤工さんが湯布院に来てくれてました。

    女性が喜べばOKです!!昨日TOSテレビ大分にて、先月俳優の斎藤工さん…

  2. Airbnb

    旅館やビジネスホテルの値上げと共に、Airbnbなどのネット仲介サイトが今後も広がりをみせる。

    今こそ、民泊にルールと決まり事を作る時期だと私は思います。こんにちは。…

  3. 川嶋雄司の独り言

    ■ネット販売の延長作業に費やす時間と労力を削減させませんか?

     じゃらんや楽天トラベルの延長作業はサイトコントローラーで短縮させ…

  4. 川嶋雄司の独り言

    宿の仕事を続けて10年、そして今日で41歳になりました。

    これからも宿泊業界に役立つ情報をこまめに発信していけたらと思っています…

  5. 川嶋の原点

    過去のBlogでアクセスや反響があった記事をまとめてみました!Part.4

    2016年上旬・宿泊予約サイトの動向が中心です。こんにちは!宿…

  6. 川嶋雄司の独り言

    娘と旅をしながら…2020年の宿泊のカタチを大胆予想!

    こんな事が起きるかな?あったらいいなを自分なりに想像してみよう。…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

ホームページ

カテゴリー

人気のBlog記事



主要なOTA(宿泊予約サイト)一覧

Twitter

<川嶋が宿泊のトレンドをYouTubeで発信!>

Zoom&LINEコンサル始めました

「マーケティング・経営ランキング」で参加しておりますので、良かったらポチッとお願いします

宿泊に関するお友達のBlog

  1. Trip.com

    【Trip.com】ホテル・旅館が満室の日に、在庫がある様に見せて販売されている…
  2. Cansell

    キャンセルしたい宿泊予約の売買サービス「Cansell」、旅行比較サイト「Tri…
  3. じゃらんnet

    2016年、改めて自分を見つめ直しました。│過去のBlogでアクセスや反響が多か…
  4. Airbnb

    まだ大手OTAに最大30%も払っているの?│Airbnbがホテルのプラットフォー…
  5. Booking.com

    メジャーな海外OTA(宿泊予約サイト)に新規参画してみたいとお考えの宿泊施設様へ…
PAGE TOP