ホテルの業界用語

【知ってて得するホテルの業界用語】略語が苦手とは言わせない!│ADR(平均客室単価)を考える

Pocket

なんだかどこかで聞いた事のある、ADRを分かりやすく説明します

ホテルや旅館のセミナーに行かれたら、たまにADR(エー・ディー・アール)って言う言葉が出て来ませんか?

こう言う業界用語や略語は セミナーではたいした説明もなく、ドンドン話が進んでしまう事があります。
知ってる人は良いのですけれどね。

ADRは Average Daily Rate(アベレージ・デイリー・レート)、つまり平均客室単価の事を意味します!

【ADR(Average Daily Rate)とは?】
客室1室あたりの販売単価であり、客室売上を販売客室数で除した値である。例えば、全客室の売上が100万円で利用された客室数が10室であれば、ADR(平均客室単価)は10万円になります。


ちなみに客室稼働率は OCC(Occupancy Ratio)と略します。
Occupancyがいわゆる占有率、Ratioが比と言う意味です。

しかしオキュパンシー・レシオって…なんだか聞き慣れませんね。。

なお、稼働率の計算はとってもカンタン!
OCC = 販売できた客室数 ÷ 客室総数 で計算されます。
10室販売していて8室売れれば、稼働率(OCC)は80%です。

でも旅館やホテルの経営者って、未だに客室稼働率を重んじる傾向にあります。
重要なのは、ADR(平均客室単価)であり、また今度Blogで書きますがRevPAR(一日あたりの販売可能客室数あたり客室売上)です。


では今日はそのADRについて書いてみようと思います。

ADRを意識したWEB販売を心がけましょう

ルームチャージ(1室売り)じゃない人数売りで販売している宿は、一室に入るお客様の人数が 2名よりも4名の方が売り上げは総じて良いと言えます。

旅館の場合、例えばカップルの予約がたくさん入っていて 客室稼働率が高くても、1室の単価 いわゆるADR(平均客室単価)が低いと全体の売上は中々伸びません。

10室を全て2名で売れるよりも 10室全て4名で売れた方が、単純に全体の売り上げが倍増すると言う事です。


なのでADR(平均客室単価)が高いと「今月、もうちょっと休んでもよいかな?」って言う風になります。

ADR(平均客室単価)の考えは、1室をどうやって効率的に販売するか?
その指標と言えるんじゃないでしょうか。


なので、土曜日や連休・はたまたゴールデンウィークや年末年始などの繁忙期、早めにサイトコントローラーで人数の縛りをかけて複数人数で販売…もしくは直近の日もADR(平均客室単価)を意識して強気で販売出来るかによって、年間の売り上げは随分違って来ます。

エリアにもよりますが、今や普通になりつつ直前割や連泊割なんかはADR(平均客室単価)を落としますから、気をつけたいトコロです。
この際、当たり前にある直近の安売りプランをまず疑いましょうね。

今ではメトロエンジンやマジックプライスなどのレベニューツールもありますので、イベント情報やエリア稼働などもしっかり視野に入れて販売しましょう!

「AIが最適な宿泊料金を決める│おすすめレベニューツール3選をご紹介!」
https://kawashimablog.com/yufuin/?p=20707

さいごに

ADR(平均客室単価)を意識しないと、低単価で毎日ダラダラと販売し続ける事になりかねません。
つまりは”休めない”のです。

ボクは常々思っているのですが、宿泊業の方こそ しっかりと決まったお休みを取られて、アチコチ出向いたり色んな感性を吸収して、リフレッシュして欲しいと願っています。

そんなの無理とか無いですよ。
行きたいイベントに参加したり、行きたい場所に行って、お一人もしくはご家族・ご友人との休暇を楽しんで欲しいです。

今までのやり方・あり方も素晴らしいとは思うのですが、毎日の労働や自己犠牲の上で宿が成り立っているのは、これからの時代は続かないんじゃないかな?

ボクとしては、ADR(平均客室単価)を上げて、無理の無い販売をして、しっかりお休みを取りつつ宿の運営をして頂きたいなーって思ったり。


最後に。こうやって数字や%を追うと忘れがちになってしまうのですが、何よりもお客様が快適に気持ち良く滞在して頂く事を前提に、それからADR(平均客室単価)を考えるって言う方が良いでしょうね。

では明日はRevPAR(一日あたりの販売可能客室数あたり客室売上)について考えてみます!

The following two tabs change content below.

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。現在は大分県国東市在住。 大分県を中心に、箱根・山形・佐賀など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!++・TL-リンカーン)を愛用し、現在約20の宿泊予約サイト・5自社予約フォームを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

ピックアップ記事

  1. Go To トラベルキャンペーン丨ココに来て、ひょっとしたら楽天トラベルが撤退す…
  2. Relux丨「新型コロナウイルス感染症対策」表示機能をリリース

関連記事

  1. ホテルの業界用語

    “仕事”の定義がボヤけて来た!?丨いまさら聞けない「テレワーク」とは?

    「テレワーク」と「ワーケーション」は"Go Toトラベル対象内"ですの…

  2. ホテルの業界用語

    【知ってて得するホテルの業界用語】ホテルの重要なお仕事「アサイン」ってご存知ですか?

    アサインは「センスと気遣い」宿泊のお客様がより快適に滞在して頂く事はも…

  3. ホテルの業界用語

    ホテル客室のランクの違いとは?丨部屋のグレードの違いを改めて調べてみました Part.1

    客室のランクを「安い順」から並べてみました今日は前回の続きに…なるでし…

  4. ホテルの業界用語

    【知ってて得するホテルの業界用語】似てるようで似ていない「Walk-in」「Go Show」「No …

    なんとなく紛らわしいこの3つの意味を抑えようボクが日常一番よく使う言葉…

  5. ホテルの業界用語

    ホテル客室のランクの違いとは?丨部屋のグレードの違いを改めて調べてみました Part.2

    ハイグレードな客室をあれこれチェックしましょう!前回の続きです!ホテル…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

ホームページ

カテゴリー

人気のBlog記事



主要なOTA(宿泊予約サイト)一覧

Twitter

<川嶋が宿泊のトレンドをYouTubeで発信!>

Zoom&LINEコンサル始めました

「マーケティング・経営ランキング」で参加しておりますので、良かったらポチッとお願いします

宿泊に関するお友達のBlog

  1. じゃらんnet

    じゃらんnet「ユーザー連動広告」の属性拡充│2017年9月25日に機能改善を実…
  2. 楽天トラベル

    楽天トラベルの施設ページ右下に「閲覧人数」と「24時間以内の予約件数」が表示され…
  3. おすすめランチ・ディナー

    寒い・ケムい・目が痛いの三拍子が我慢出来たらオススメの湯布院ランチ!│知る人ぞ知…
  4. Go Toキャンペーン

    Go To トラベルキャンペーン丨観光庁が公開したFAQを要チェック! Part…
  5. 川嶋雄司の独り言

    テクノロジーを味方につけよう!丨宿泊のWebセミナー講師としてお話して来ました …
PAGE TOP