OYO

OYOの成長スピードは異次元!丨日本の「OYO LIFE」オフィスでアレコレ聞いてきた


「OYO LIFE」は家賃のほか、電気代・ガス代・水道代・Wi-Fi・家具・クリーニング代が含まれている賃貸サービスです

OYOって聞いた事ありますか?
そう。Blogでも何度か書いてますが、個人的に今注目しているビジネス・サービスの一つですね。


「OYO/記事一覧」
https://kawashimablog.com/yufuin/?cat=2706


【OYOとは?】
インド国内350都市で10万以上の客室を展開。中国でも171都市、8.7万以上の客室を展開するなど急成長しているホテルベンチャーです。


「OYO」は2013年にインドで創業したホテルベンチャーで、世界全体で46万室ほどの客室数を有しております。

その成長スピードは驚異的なレベルで、2016年時点で年間600万件程度だった予約数は、2017年年末には1,300万件、2018年年末には7,500万件にまで拡大しており、まさに右肩上がりの急成長です!



なお日本のOYOでは、スマートフォンひとつで物件探しから入居・退去までができ、数日間の試し住みができる日本初のアパートメント(賃貸)サービス「OYO LIFE(オヨ ライフ)」(https://www.oyolife.co.jp/)として展開しております。

どんな感じかと言うと、全ての部屋が家具家電付きで、公共料金・Wi-Fiなどの通信費や定期的なハウスキーピングなど基本的なアメニティが含まれているだけでなく、検索しづらい物件情報、複雑な手続き、2年契約の縛りや敷金礼金など、今までの賃貸物件を借りる際に発生する課題を排除!

「OYO LIFE」では、まるで旅するように自分のライフスタイルに合ったエリアでの暮らしを手軽に楽しめるようになります。


コレは旅館・ホテルでOYOを活用するとなると、新しいスタッフ向けや短期バイトの方の寮扱いとして しばらく利用するのも便利なのでは無いかと思う訳で。
スマホ一つでカンタンに借りれますし、なにより不動産契約をすっ飛ばせるのは超楽ちんですよね?


そうそう。
実は最近OYOにお仕事を移られた友人がいましたので、東京ビッグサイトで開催されていたホテレスを途中で抜け出して、ちょっとオフィスに行って来ました。

「OYO LIFE」のオフィスを要チェック!

2019年2月某日、東京都内某所。



雑居ビルの一角に「OYO LIFE」のオフィスがありました。



撮影OKのオフィスはこのような感じで、デスク周りもなんとなく手作り感がありますね。



そんなにだだっ広くはありませんが、これからグングン大きくなるだろうな〜って思ったり。



更に中まで潜入!
ココで「OYO LIFE」の物件開拓がされているのですね。

いや〜、エネルギッシュな空気をヒシヒシ感じます!



その後、同じビル内でランチしました。

元Reluxで、現OYOに移られた東城さん。
ご無理を言って中まで見せて頂きありがとうございました!

さいごに

仕事もコミュニティも移り変わってシェアすることが当たり前になった時代だからこそ、「OYO LIFE」では自分のライフスタイルに合った暮らし方を自由に選択でき、これから新たな価値を提案してくれそうですね。


そしたら10日ほど前に「#いきなり東京0円ライフ」として、「OYO LIFE」がキャンペーンを打ってきました!



「#いきなり東京0円ライフ」
https://www.oyolife.co.jp/tokyo-cp/


いや〜、早速「OYO LIFE」が仕掛けて来ましたね。
参加方法は至って簡単で、まずはキャンペーンサイトにアクセスして「くじを引く」をタップ又はクリックです!




ダメだ…何回やってもハズレだ〜っ(涙)
まぁ期間中は1日1回まで毎日応募できるので、気になる方は何度もトライしましょう。


なおもしも「当たり」が出たら、物件の入居を検討しつつ…住んでみたいと決心がついたら「入居を決める」ボタンを押すだけカンタンです。

それにOYO LIFEは「家具付き」ですから、身一つの移動でよくなります。
こうなると”引っ越し”や”モノの所有”と言う行為すら無くなるかも知れません。

 

ツイートでも言ってますが、OYO LIFEは受験生や賃貸契約が難しい訪日外国人にも良さそうですし、これからノマドな方はもちろん、色んな使い方がされる事でしょうね。

では個人的には いわゆる面倒なルールや決まりごとの多い不動産業界に対し、風穴を開けて欲しいと願っております。


The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形県・佐賀県など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン・Beds24)を愛用し、現在20予約サイト・3自社予約フォーム・4サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. OYO

    ソフトバンクが、低価格ホテル向け予約ウェブサイトを手掛けるオヨ・ルームズ(OYO Rooms)に出資…

    オヨの株式25〜30%の取得を視野に入れており、取引額は1億米ドル…

  2. OYO

    世界6位のホテルチェーン「OYO(オヨ)」が、遂に日本でもホテル事業を開始!

    アパよりも多い客室数のOYO丨テクノロジー活用の変動価格などを武器に、…

  3. OYO

    手ブラで引越しOK!住宅版Uberを目指す丨スマホだけで入居から退居まで可能な「OYO LIFE」に…

    「OYO LIFE」は、敷金・礼金・仲介手数料なしで即入居が可能な"賃…

  4. OYO

    東日本大震災から8年丨災害時にOYOのようなサービスがあればと願う

    3.11 被災した場合にOYOを活用出来ないか?考えてみた今から8年前…

  5. OYO

    世界展開を加速する 「OYO(オヨ)」が、世界大手ホテルセラー「Hotelbeds」と戦略的パートナ…

    5年でホテルチェーン世界第6位のOYO丨今年末には100万室を突破する…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

何は無くともGoogleマイビジネスです!


ホームページ

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



宿泊に関するお友達のBlog

Twitter

  1. ベストリザーブ宿ぷらざ

    梅雨と言えばコレ!│雨が降ったら宿泊代金を100%キャッシュバック「お天気保険付…
  2. 川嶋雄司の独り言

    注目が高かった宿泊にまつわるBlog5選丨2018年7〜12月でアクセスが多かっ…
  3. Expedia

    先日、Expedia(エクスペディア)の営業に付いて行ってみました。
  4. 川嶋の原点

    【東京滞在記・3日目の夜】保育所時代からの同級生にライブに誘われて。
  5. 川嶋雄司の独り言

    この風景は見て損は無し!│東洋のチロル「由布川渓谷(ゆふがわけいこく)」
PAGE TOP