一休.com

儲け度外視の宿泊ニュースメディア│「一休コンシェルジュ」で宿選びの参考に


どう言う体験が出来るかや、一休.comの編集部が選んだ宿をセレクト

一休.comのサイトで、「一休コンシェルジュ」ってご存知ですか?

高級ホテル・旅館の予約なら【一休.com】

https://www.ikyu.com/
「そんなの初めて聞いたなぁ〜」って声が なんか聞こえてきそう(笑)

実はTOPページのこんな所にあったりするんですよ。

【一休コンシェルジュとは?】
全国のいい旅館、いいホテルの情報をお届けする、宿の専門メディアです


実はこのページ…一休が「宿泊ニュース」と言う立ち位置で、地道に情報発信をされております。

一休の榊淳社長も、ココは儲ける気0で運営されているとおっしゃられておりました。




ページも「エリア」ではなく「コンセプト」でまとめられており、とてもシンプルで見やすく かつスタイリッシュに仕上がっておりますよ〜っ!


具体的な内容とは?

ページのコンセプトはこんな感じです。

  • どこが良いかわからないけど、◯◯エリアで“いい感じ”の温泉旅館に泊まりたい。
  • 名前は知らないけど、最近人気の“いい”ホテルを知りたい。
  • あの老舗旅館がどんなところなのか詳しく知りたい …etc


一休.comは そんな声に応えられるサイトを目指して、日本国内の魅力あふれる旅館やホテルの情報を、旅のプロ、旅行好きが集まった一休編集部が日々発信していっております!



一休.comも2,000件ぐらい登録施設がありますので、宿泊のプロがある程度コンセプトで絞り込んでくれいると選びやすいですね!

どうせ泊まるのは、2000分の1ですから。


では「一休コンシェルジュ」が気になる方は、コチラをチェックされてくださいませ。
↓ ↓ ↓

[blogcard url=”https://www.ikyu.com/concierge/”]

[blogcard url=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TGPNC+N7XDE+1OK+TRVYQ”]

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形県・佐賀県など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン・Beds24)を愛用し、現在20予約サイト・3自社予約フォーム・4サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. 一休.com

    新しい出会いを応援。『フェイスシーン』 × 『一休.comレストラン』がなんと業務提携!

    独身限定ソーシャルアプリと厳選レストラン即時予約サービスの異例のコ…

  2. じゃらんnet

    インスタジェニックな旅の情報をお届け│公式Instagramアカウントはコレ!

    Instagramで発信している宿泊予約サイトをフォローしようSNSの…

  3. 一休.com

    知ってて得する?一休.comあるある

    一休.comの特徴を知れば、管理画面を楽しく触れます♪こんにち…

  4. 一休.com

    【保存版】一休.comシリーズの精算方法(キラリト・ヤフープラン含む)

    管理画面で請求書をプリントして、お支払い(お振り込み)と言った流れにな…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

何は無くともGoogleマイビジネスです!


ホームページ

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



宿泊に関するお友達のBlog

Twitter

  1. じゃらんnet

    じゃらんnet丨2019年10月28日に管理画面の推奨環境を変更!
  2. 川嶋雄司の独り言

    親が子供に出来る事丨大阪で同級生に会って感じた事
  3. 手間いらず.NET

    2018年6月28日アップデート│サイトコントローラー・TEMAIRAZUシリー…
  4. 川嶋雄司の独り言

    客室在庫を「自社」で売り切るか?「プラットフォーム」に頼って売るのか?を考える
  5. 川嶋雄司の独り言

    どの道ボクらは未来に向かって進んでいく│行動が求められる時代
PAGE TOP