川嶋雄司の独り言

お子様の受け入れをしていない施設様へ 〜旅館業法について〜(最終改正:最終改正:平成二八年五月二〇日法律第四七号)

Pocket

モンスター宿泊者が来る可能性がある事を想像して対応されて下さい

ちょっと気になる話を、某OTA(オンライン・トラベル・エージェント:いわゆる楽天トラベルやじゃらんnetの宿泊予約サイト)の方から聞きました。

それはお子様の受け入れをしていない宿泊施設の話なのですが、最近では大人の方がゆっくり滞在出来るように、そう言う宿が増えて来ましたよね?


でも、下記に記載してあります旅館業法には、第五条のような記載があります。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO138.html

 第五条  営業者は、左の各号の一に該当する場合を除いては、宿泊を拒んではならない。

 宿泊しようとする者が伝染性の疾病にかかつていると明らかに認められるとき。
 宿泊しようとする者がとばく、その他の違法行為又は風紀を乱す行為をする虞があると認められるとき。
 宿泊施設に余裕がないときその他都道府県が条例で定める事由があるとき。




何が言いたいかかと言うと、幾ら楽天トラベルやじゃらんnetなどの予約フォームに【お子様不可】と記載したりお子様の詳細が入れ込められなくしていても…強引にお子様をお連れして来られた場合、これでは宿泊を受けざるを得なくなり、もし争ったとしても宿側が負けてしまう可能性があるって事です。

受付時に細心の注意を

Yahoo!知恵袋にもお子様受け入れの宿泊の件で悩まれている方がいらっしゃるようです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1453720579

もしかしたら子供が出来る前によく宿泊していた大人専用の定宿があって、子供が出来てもそこに泊まりたい…なんて言う事はワガママでおこがましいと思うんですよね。

だってそこは「大人専用の宿」だから。


お金を出せば、自分達さえ良ければ良いのだと思うのは自分本位です。


直前で予定が変わり、子供を預けられなくなったから連れて来たとか。
子供を入力する箇所が無かったので、しかたがなく子供の事は書かずに連れて来たとか。

自分も6才の娘がいるので、お子様連れを批判するつもりは全く無いのですが、お子様がいたら素直に【お子様大歓迎】もしくはちゃんとお子様の受け入れをしている宿を選べば良いと思うんですよね。

コレは差別でもなんでもなくて、区別です。
どうせお金を払って宿泊するのであれば、気持よく迎え入れてくれる宿に宿泊したいモノです。

まとめ

今回なぜこう言う事を書いたかと言うと、強引にお子様を連れて来て法律や旅館業法を持ち出すユーザーがいないとは限らないからです。

各OTAの担当者としてもこう言う事に関して、ほぼほぼノータッチの対応になる事を理解しておかないといけません。「それは宿とお客様の問題である」と。


湯布院でも「大人専用の宿」が幾つかあるので、是非是非気をつけて頂きたいと思っています。

そして、こう言う事を堂々と記載されている宿泊施設様にはエールを贈りたいですね。

[blogcard url=”http://rosmarinus1998.com/concept.html”]

The following two tabs change content below.

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。21歳の時 九州〜福井を自転車旅行した際、大分県湯布院町が気に入りそのまま移住。現在は大分県国東市在住。 大分県を中心に 山形県・福島県・茨城県・神奈川県・佐賀県・熊本県など、全国各地の旅館やホテルのネット集客のコンサル・WEB集客のサポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!++・TL-リンカーン)に重きを置き、現在約15の宿泊予約サイト・7つの自社予約フォームを使い多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げております。

ピックアップ記事

  1. Go To トラベルキャンペーン丨ココに来て、ひょっとしたら楽天トラベルが撤退す…
  2. Relux丨「新型コロナウイルス感染症対策」表示機能をリリース

関連記事

  1. 川嶋雄司の独り言

    台風10号によって九州のホテルが満室になった、6つの複合要因を紐解く Part.2

    災害時、宿泊施設の新しい活用方法として今後広まるか?では前回の続きです…

  2. Booking.com

    ■インバウンド予約が国内予約を逆転する日

    その足音は刻々と近づいています。インバウンド。…

  3. ホテルの業界用語

    3,200記事以上、宿泊予約の事をBlogで書いてきてアクセスが多かったランキング(6〜10位) P…

    宿泊業界の方が気になるであろう事を記事にしたBlogがランクインしてお…

  4. 川嶋雄司の独り言

    テクノロジーの進化の先に今後の宿泊を想う

    人工知能・ロボット・3Dホログラム・プロジェクションマッピング…etc…

  5. 川嶋雄司の独り言

    年末年始、予約が入らずにお困りの宿泊施設でやっておきたい事

    やれる事はまだありますどうにかギリギリまで粘りましょう!年末年始、予約…

  6. 川嶋雄司の独り言

    2019年 2月19日(火)〜2月22日(金)丨一年に一度のホテレスは、最新ツールの展示だけじゃあり…

    新しい出会いの場として、この宿泊業界を盛り上げていきましょうボクは毎日…

アフターコロナに向けて多言語AIチャットボットに注目!

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

カテゴリー

人気のBlog記事



サイトコントローラー「Beds24」2ヶ月間無料トライアルOK!!

ホームページ

主要なOTA(宿泊予約サイト)一覧

Twitter

「マーケティング・経営ランキング」で参加しておりますので、良かったらポチッとお願いします

<川嶋が宿泊のトレンドをYouTubeで発信!>

Zoom&LINEコンサル始めました

  1. agoda

    Agodaが12月上旬を目処に、新管理画面「YCS5」へリニューアル予定
  2. e宿(いーやど)

    近畿日本ツーリスト丨ハイクラスサイト「Blue Planet(ブループラネット)…
  3. 川嶋雄司の独り言

    【ご挨拶】WordPress 始めました!こちらでも宿泊予約サイトの事を書き綴り…
  4. 一休.com

    一休.com丨リクエストした日に空室が出た場合、自動で宿泊予約してくれる「空室待…
  5. 楽天トラベル

    ■2015年。これからやっておきたい事、やってみたい事。
PAGE TOP