▼新しいサービス

ホテルのスマート化を推進丨DXプラットフォームサービス「hotelOS」に要注目!

Pocket

クラウドで管理し、宿泊施設で新しいスタイルのオペレーションを確立できるか?

以前から何度かBlogで、HotelStyle OS『aiPass(https://kawashimablog.com/?cat=3074)』の事をご紹介しておりました。


今後はホテルのシステムも、スマホやPCと同じように「OS」と言う考え方が主流になるかも?

【「OS」とは?】
「Operating System(オペレーティングシステム)」の頭文字を取ったもので、Operatingとは「運転する~」「操作する~」という意味の形容詞です。


導入する事により、フロント業務の効率化からゲストの顧客満足度向上まで解決出来ると良いでしょうね。



そして今回ご紹介するのは、X1Studio株式会社のホテルオペレーションをスマート化するプラットフォームサービス「hotelOS(https://hotel-os.jp/)」になります!

【「hotelOS」とは?】
X1Studioが提供するプラットフォームサービス「hotel OS」はフロント業務を中心とした業務管理やゲストルームにおけるおもてなしを実現。DXプラットフォームサービスでホテルの新しいオペレーションをサポートし、丸ごとスマートホテルへバージョンアップいたします。
システムと連携し、ホテルスタッフが”その”ゲストを知っているかのような おもてなしの実現をサポートします。hotelOSはすべてのシステムと連携を取り、システム間、そして人の距離を縮めていきます。


「hotelOS」のメリットはクラウドで管理することにより、フロント業務の効率化からゲスト満足度向上まで、スマートホテルへのバージョンアップを簡単に行う事ができます。




主な特徴はコチラですね。

・専用機材が不要
・WEBブラウザ上ですべての機能を提供
・たとえばタブレットなど様々な機器やシステムと連携が可能
・ゲストは自身のスマートフォンを利用し様々なサービスを享受


などなど、ホテルにおけるすべてのサービスやシステムを共通基盤上で機能させる新しいプラットフォームサービスになります。

では「hotelOS」の詳細をチェックしてみましょう!

コロナ禍で浮き彫りになった あらゆるホテルが持つ課題とDX化により生まれるサービスの向上とは?

ホテルや旅館への業務系システムの導入は今では一般的となり、現在では予約業務・フロント業務・部屋管理・決済と言った各業務に対し、ほとんどの施設で多種多様なシステムが活用されるようになっています。

しかしコロナ禍の対策や時代の変化に伴い、ホテル側は「運用スタイルの変更」「人材不足により従来のサービス提供が困難」に。
ゲスト側としては「デジタルな対応」への期待が高まってきているのが現状です。

運営者、そしてゲストが共に新しい時代の新しいホテル運営・ホテル体験が求められる現状において、従来の業務系システムだけではカバーしきれない課題が顕在化してきております。



そこでX1Studioはクラウドに業務系システムとゲスト系システムを統合する新しいプラットフォームサービス「hotelOS」を開発しました。

1つのプラットフォームサービスであるため、ゲストとホテル間で発生するコミュニケーションの場において最大の効果を発揮します。

・プレチェックイン~チェックイン

誰もがアクセス可能なクラウド基盤であるため、ゲストは自身のスマートフォンからプレチェックインを行うことが可能になります。



ホテルに到着されてからは とても簡単なチェックイン作業となり、初めてのゲストでも1分で完了します。
オペレータのタイピング作業はなくなるため、ゲストへのおもてなしに100%集中することが可能になり、これまで以上の満足度の向上が見込めます。

・ゲストルームのおもてなし

CRM(顧客関係管理)と連携することで、ゲストの好みを客室設備に反映させることが可能になります。

快適性に関係する室温も ゲストの好みに合わせて空調を制御したり、お部屋の温まりやすさ・冷えやすさなどの温度特性が合うようにアサインすることが可能との事。
そうなると これまで以上の快適性と省エネ性能に貢献できそうですね。

[「hotelOS」プレスリリース参照]

さいごに

ぶっちゃけ日本の宿泊施設で導入しているシステムは統一されていないトコロばかりなのが現状です。

日本はこの先 人口が急速に減少する事は確定事実ですので、無人化・省人化出来るトコロを目指す意味でも まずは考え方をアップデートしていけると良いのかも知れませんね。



【新しいサービス 関連の記事一覧はコチラ】
https://kawashimablog.com/?cat=1

【追伸】
「ブログ村」に参加しておりますので、良かったら「ポチッ」とお願いします!
https://blog.with2.net/link/?1766752

【ネット予約の販売・管理でお困りの方へ】
ネット予約の売り上げを伸ばしたい。
日々の宿泊トレンドを知りたい。
人手不足で、OTAのプラン延長やサイトコントローラーをうまく活用出来ていない等。

コチラからお仕事のご依頼も承っておりますので、お気軽にご相談くださいませ⇒CONTACT
※もちろんSNSのDM等でも結構です。

The following two tabs change content below.

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。21歳の時 九州〜福井を自転車旅行した際、大分県湯布院町が気に入りそのまま移住。現在は大分県国東市在住。 大分県を中心に 山形県・福島県・茨城県・神奈川県・佐賀県・熊本県など、全国各地の旅館やホテルのネット集客のコンサル・WEB集客のサポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!++・TL-リンカーン)に重きを置き、現在約15の宿泊予約サイト・7つの自社予約フォームを使い多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げております。

ピックアップ記事

  1. Relux丨「新型コロナウイルス感染症対策」表示機能をリリース
  2. Go To トラベルキャンペーン丨ココに来て、ひょっとしたら楽天トラベルが撤退す…

関連記事

  1. Booking.com

    エアホスト丨Booking.com 最高水準プレミアパートナー認定を3年連続取得!

    コロナ禍が長期化する中、世界トップレベル認定を継続引き続きBookin…

  2. Check Inn

    宿泊施設向け自社予約システム「Check Inn」丨自動翻訳付き多言語表示機能の提供を開始しました!…

    これにより、来たるアフターコロナの訪日外国人旅行者の宿泊予約にも対応が…

  3. ▼新しいサービス

    じゃらんnet丨「キャッシュレス・消費者還元事業」に参画し、消費者にポイント還元しよう Part.2…

    お申し込み自体は超カンタンですのでご安心を前回の記事の続きです。じゃら…

  4. ホテルの業界用語

    【知ってて得するホテルの業界用語】今注目の長期滞在「サービスアパートメント」とは?

    「ホテルに住まう」新しい価値の創出「トランクひとつでホテル住まい」これ…

アフターコロナに向けて多言語AIチャットボットに注目!

最短5秒で一括返信!「くちこみクラウド」

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

カテゴリー

人気のBlog記事



サイトコントローラー「Beds24」2ヶ月間無料トライアルOK!!

ホームページ

主要なOTA(宿泊予約サイト)一覧

Twitter

「マーケティング・経営ランキング」で参加しておりますので、良かったらポチッとお願いします

<川嶋が宿泊のトレンドをYouTubeで発信!>

  1. Yahoo!トラベル

    ■新しい時代が到来!宿泊予約サイト・プラン一括管理サービス「かんざしクラウド」!…
  2. じゃらんnet

    【relux】「Loco Salon」にてお話させて頂きました。
  3. Yahoo!トラベル

    ■Yahoo!トラベルからメールにて通知が!8/20に遂にリニューアルOPENか…
  4. 新型コロナウイルス

    「GWに食べるおせち」凝り固まった脳をほぐし、新しい価値を生み出そう
  5. 楽天トラベル

    楽天トラベル丨2021年春以降、いよいよユーザー画面のほとんどの画像サイズが16…
PAGE TOP