Amazon

Amazonがホテルを作る日も近い?│ホテルのサービス用にカスタマイズされている「Alexa for Hospitality」の提供開始を発表!

Pocket

ただしプライバシー保護や盗聴対策は絶対条件

コレがあるとフロントとのやり取りが楽になりそうです!
ホテル業界に特化したスマートスピーカーのAlexa(アレクサ)と言ったトコロでしょうか?




Amazonがホテルのサービス用にカスタマイズされている「Alexa for Hospitality」の提供開始を発表しました!

【Alexa for Hospitalityとは?】
Alexa for Hospitalityは「Echo」機器に内蔵されております。
機能面では家庭で使われるAlexaとほぼ同じだが、ホテルのサービス用にカスタマイズされている点が異なります。
宿泊客はAlexaに対して、ルームサービスの注文、スパの予約、客室清掃の依頼、道案内、客室での音楽再生などを指示することが出来ます。


コレ便利そうだなーって感じたのは、なんと言っても多言語対応出来ている事ですね。
なのでインバウンドにも非常に有効だと思います。

それに海外に行った時、「Alexa for Hospitality」がフロントにも客室にもあれば、片言でホテルスタッフとやり取りをしなくて済むのは有り難いかも?


そして日本の観光産業・観光事情もこれから高齢化して行くので、ドンドン導入されると良いのかなって感じました。

気になるのはセキュリティとプライバシー問題

このイノベーション自体はとても良い事なののですが、一番の気になるのはやっぱりプライバシーでしょう。
5月にこんなニュースがありました。


「アマゾンEcho、会話を盗聴して録音データを送信?」
https://www.businessinsider.jp/post-168161


コレに対してAmazonのスマートホーム担当のデバイスプレジデントよると、プライバシーについては Alexaとのやり取りや応答の音声記録にホテルがアクセスする事は出来ず、それらの記録は毎日消去されるとの事です。

…ホントでしょうか?
まぁ盗聴が怖いと思いつつも、スマホを持ってる時点でアレですけどね。。(苦笑)

スマホやPCなどのデジタルデバイスに触れなくても良いと言う事

スマートスピーカーの一番の利点は「ノークリック」「ノータップ」でしょう。

「Alexa、7:00に起こして」とか
「Alexa、8:00に朝食持って来て」などなど。

ホテルの部屋ごとにコンシェルジュがいるみたいな感覚になりそうです。


あとあれこれフロントに聞きたい事・頼みたい事が「Alexa for Hospitality」で解決出来るのであれば、お互いハッピーです。
特に夜中とかにフロントに聞きたい事があるけれど、どうしようかな…とか、そこへの障壁は低くなります。

でもそうなると、単純にタッチパネルで各種サービスメニューを選択する方がやっぱり便利かな??

まとめ

色々考えた結果、どうしてもプライバシーが気になる方もいると思いますので、客室に100%Alexa常設は まだちょっとハードルが高いのかも知れませんね。

それに使う側が慣れていないって事もあります。


なので宿泊施設チェックイン時に Alexaかタブレット、昨日Blogで紹介したhandyのようなデバイスを選択出来るようにしてあげた方が親切かも?

でも今後どの業界でも必ず人手不足になりますので、こう言うデバイスでうまくカバー出来ると良いでしょうね。



さいごに。
Blogタイトルにも書きましたが、Amazonが独自のホテルを作る日も近いのかなって思ったりしました。


・Amazon Goのようにチェックイン・アウトでキャッシュレス
・宿泊施設内に無人コンビニAmazon Go併設
・全客室に Amazon Keyのようなスマートロック、AlexaとKindle、Fire TV常設
・ルームサービスはAmazon Dash、Amazon Keyで勝手にお届け


などなど…Amazonであれば色々出来そうなので、ちょっと怖いぐらい便利なホテルが出来るかな〜?(笑)

The following two tabs change content below.

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。現在は大分県国東市在住。 大分県を中心に、箱根・山形・佐賀など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!++・TL-リンカーン)を愛用し、現在約20の宿泊予約サイト・5自社予約フォームを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

ピックアップ記事

  1. Go To トラベルキャンペーン丨ココに来て、ひょっとしたら楽天トラベルが撤退す…
  2. Relux丨「新型コロナウイルス感染症対策」表示機能をリリース

関連記事

  1. Amazon

    財布に一番近いお店。「Amazon 」が宿泊予約サービスを本格的に開始!

    新たに開設されたサービス名は「アマゾン・ディスティネーションズ(A…

  2. 川嶋雄司の独り言

    アクティブシニア層のネット行動 とは? 〜集客しているサイトランキングで思う事

    シニアに人気の旅行メディアは、「阪急交通社」、「ゆこゆこネット」、「て…

  3. Amazon

    【黒船去る…】開始から半年で、Amazonが宿泊予約サービス「Amazon Destinations…

    ほぼ説明もなく、あっけない幕切れでした。こんにちは。湯布院で旅館のネッ…

  4. 予約番

    ■自社予約システム【予約番】にて、新機能追加が追加!コレは嬉しいかも?

    これは嬉しい!6つの機能とは?自社予約システムの予約番ユーザー…

  5. handy

    ホテル・旅館の宿泊客が無料で使えるスマートフォンのレンタルサービス「handy」を調べてみた!

    無料貸し出しスマホ「handy」を、客室のアメニティーの一部としていか…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

ホームページ

カテゴリー

人気のBlog記事



主要なOTA(宿泊予約サイト)一覧

Twitter

<川嶋が宿泊のトレンドをYouTubeで発信!>

Zoom&LINEコンサル始めました

「マーケティング・経営ランキング」で参加しておりますので、良かったらポチッとお願いします

宿泊に関するお友達のBlog

  1. 一休.com

    一休.comシリーズの操作でお困りの方へ│施設様向けヘルプページが開設されました…
  2. 湯布院ファイト

    自粛ムードにNo│宿泊施設は泊まって応援する事が一番です。
  3. LINEトラベルjp

    メタサーチのLINEトラベルjpがいよいよ仕掛ける!?丨宿泊予約サイトと連携して…
  4. ▼海外インバウンドサイト

    台湾・香港にアプローチしたい施設様への売り込みが中々激しい│宿泊予約サイト『訪日…
  5. 手間いらず.NET

    手間いらず丨オプション機能無料および割引サービス終了のお知らせ
PAGE TOP