川嶋雄司の独り言

周辺エリアの飲食店が潤うかも?│「泊食分離」を再度考える


旅館はこうあるべきの「べき」をちょっとだけ取り除いてみましょう

以前、一泊夕食プランが重要になってくるかも知れないって言う記事を書きました。

今後、インバウンド販売で「一泊夕食」が結構重要になってくるかもしれない。
なぜなら湯布院の場合、いいタイミングの福岡行きのバス席が足りてないからです。こんにちは、旅館のWEB集客のサポートをしている川嶋(...

 

今日はその続きって感じかな?

まず、従来の旅館というのは主に、「一泊二食」というのが当然の姿でした。
しかし昨今 ライフスタイル・ワークスタイルは多様化し、更には訪日外国人の宿泊客も増加の一途。

ボクが住んでいるココ大分県・湯布院エリアでも、中々「一泊二食」と言う選択肢だけでは、今後難しくなって行くのでは無いかと感じていました。

そこで、「泊食分離」と言う言葉があるのはご存知ですか?

【泊食分離とは?
旅館に泊まる際に、食事を付けるかどうかの選択をお客様に任せる事を言います。


カンタンに言うと、お客様が予約された施設での過ごし方の幅を広げてあげる感じです。特に食事に関して、ですね。
この考え、どっちかと言うとホテルの方が前々から「泊食分離」に柔軟に対応されてます。

まず、宿のプランはざっくり分けると、「素泊まり」「一泊朝食」「一泊二食」の三種類。
そして以前紹介した「一泊夕食」。

さらに「一泊三食」など。
このようにお客様の滞在スタイルに合わせてお過ごし頂くのは、今後ありかなって思います。


福岡でも10年程前から「5thホテル」さんが、24時間チェックイン/アウトが可能な新スタイルホテルとして、ボクも何度か利用させて貰った事がありました。

 

当時便利だったのが、23時チェックイン・アウトが14時。
湯布院で仕事を終えた後、ゆっくり福岡で過ごす事が出来たのを思い出しますね。
(現在この滞在時間の対応はされていません)


では今まで「一泊二食のみ」で販売して来られてきて、今後「泊食分離」の考えを検討中の宿泊施設様は、以下参考になれば幸いです!

「素泊まり」や「一泊朝食」を導入すれば、料金帯の幅を広げ稼働率を上げられます

今まで一泊二食プランのみで販売していたとして、その販売金額が15,000〜20,000円だったとします。

そこで夕食や朝食を抜いて、金額設定も食事の金額を抜いて「素泊まり」「一泊朝食」などを設定。

そうする事で、販売金額がだいたい8,000〜20,000円ぐらいと言った感じで幅が広がれば、それだけ検索にかかる率も上がる訳です。


今後、お客様もこう言った理由で旅館・ホテルを使い分けると予想されます。

1、到着が遅くなる(夕食提供時間に間に合わない)
2、できるだけ安価に宿泊したい(豪華な夕食はいらない)
3、目的地は別にある(ビジネスホテル代わり)
4、近隣に食べたいものがある(旅館の夕食は要らない・例えばイタリアンが食べたいなど)


仕事を終えてからの宿泊や、チェックインしてからのおでかけなども 柔軟に受け入れて行きたいモノですね。

飲食店の混み合わない時間帯でブランチ(朝昼兼用の食事)を楽しむ事も可能に

ボク自身 基本朝食を食べない人なのですが…湯布院の旅館さんの朝食は結構盛りだくさん出ます。

なのでお腹いっぱいの状態でチェックアウト…その日のランチは結構食べられない人って多いんじゃないかな?


そんな朝ごはんを食べない方の為に、最初からもう朝食を抜いた「一泊夕食」プランはいかが?
朝を抜いたらお昼は豪華なブランチを楽しみましょう!

しかもお店の混み合うちょっと前の11時ぐらいに入店出来ますから、ゆっくり時間を過ごせそうです。

出勤スタッフのシフトを考慮して、あえて「一泊二食」を売止にする

最後に、夕食を提供するスタッフの希望休が重なった場合。
コレは配膳される方も料理を作る側もです。

希望休は今後 離職率などを考えると、出来るだけ宿側も対応してあげられると良いでしょうね。

こう言う時、休館日にするのがもったいないとお考えの方は、「素泊まり」や「一泊朝食」のみで 限られた現場の人数で対応するのは充分アリだと考えます。

コレもある意味「泊食分離」な訳です。


こんな感じでサイトコントローラーを使って、うまく販売出来るようにしておくと良いでしょうね。

特にオススメなのは、休館日設定の1日前は「素泊まり・一泊夕食のみ」の販売設定。
コレをすると 休館日に朝食を出さなくても良いので、ラクですよ。

では、泊食分離の考えを柔軟に取り入れていきましょう!

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形・富山など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン)を愛用し、現在25予約サイト・3自社予約フォーム・3サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. 川嶋雄司の独り言

    Yahoo!トラベルに次いで、大手が動きます!

    この記事はパスワードを入れないと見れません…(でも現在解除中)こんにち…

  2. じゃらんnet

    【圧倒的感謝│今日で40歳に】自分の大好きな人達に会って来ました!

    昨夜は所属や会社は違えど同じ志をもつ仲間、国内外の宿泊予約サイトが一同…

  3. 川嶋雄司の独り言

    石畳のある温泉街・湯平温泉ってご存知ですか?│足立さんご夫婦から直接リサーチ!

    今回お話を伺ったのは、湯平温泉 宿潦ばん屋さんですご存知の方もいるかも…

  4. 川嶋雄司の独り言

    誰の為の宿で、誰の為の宿泊プランなのか?を再度考える。

    プラン=商品と言う意識をしっかり持つ昨日の夕方クライアントの旅館さんに…

  5. 川嶋雄司の独り言

    2018年の祝日はココに注目│訪日客の多い東南アジア諸国の10〜12月の祝日を要チェック Part.…

    ココ最近では春節の次に人が動く国慶節は、来年も注目!海外の祝日も今日で…

  6. 川嶋雄司の独り言

    以前旅館で働いていた視点を持ちつつ、宿のネット販売をより快適にしたい。

    全国の旅館やホテルのネット販売の問題を解決してくれるBlogを目指して…

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



  1. 楽天トラベル

    【更なるクーポン誘導】楽天トラベルがユーザー画面/検索結果に該当エリア・該当施設…
  2. Relux(リラックス)

    「Reluxセミナー in 湯布院」に参加して感じた事│宿主の想いを汲み取り、こ…
  3. かんざしクラウド

    ■新しい時代が到来!宿泊予約サイト・プラン一括管理サービス「かんざしクラウド」!…
  4. スマ宿(H.I.S.)

    H.I.S.の宿泊予約サイト「スマ宿」│サービス終了に伴うお知らせと変更・キャン…
  5. じゃらんnet

    リクルートライフスタイル:CS山田さんの講義は必聴!【4】│今と、これからを知る…
PAGE TOP