Cansell

ノーショー(不泊まり)が発生した場合の保証を無料で受けよう!│Cansellのパートナープログラムがどう考えても有益


何度も言います。パートナープログラムに登録すれば、キャンセル料保証が無料で受けられます!

旅館・ホテルにお勤めの方で、こんな事って無いですか?

じゃらんnetや楽天トラベルで「現地決済」で宿泊予約していた方が、宿泊当日なんの連絡も無く宿泊されなかったとか。。
無断キャンセル。コレはいわゆる業界用語でノーショー(不泊まり)と言います。

でもご安心ください!
宿泊予約の権利を売買できる「Cansell(キャンセル)」って言うサービスがあるのですが…


「Cansell 関連記事」
https://kawashimablog.com/yufuin/?cat=1454


そのCansell(https://cansell.jp)ではこの度、宿泊施設のノーショー(不泊まり)や普通のキャンセル料請求も対象として提供する初めての法人向けのサービス・宿泊施設支援プログラム「Cansell パートナープログラム」の提供を発表しました!

【Cansellとは?】
行けなくなったホテル予約をかんたんに売ったり買ったりできる日本初のサービスです。キャンセルしたい人は支払うべきキャンセル料が軽減され、泊まりたい人は定価よりも安い価格でお得に宿泊することが可能になり、 またホテルは空くはずだった部屋を稼働させることができるため、売り手・買い手・宿泊施設の三方にメリットがあるサービスです。


キャンセル料の一部保証などを提供する この宿泊施設支援プログラムは、3/26より事前登録を開始し、2018年6月よりプログラムを提供開始予定です。




今回の「Cansell パートナープログラム」、Cansellの仕組みに賛同出来る宿泊施設であれば、どなたでも無料で入会出来るようです!コレはスゴい!!


ちなみに、キャンセル料の保証は リスク保証会社のGardia(https://gardia.jp/)との提携により行います。

【Gardiaとは?】
日本国内で唯一、「無断キャンセル保証」を提供しています。飲食店舗において予約当日の無断キャンセル(いわゆる「ノーショー」)被害が発生した場合に、飲食店舗の被害額全額相当を保証するサービスを展開しています。飲食店の「無断キャンセル」は、忘年会・歓送迎会シーズンには毎年、ほぼ必ずと言ってよいほど社会問題化しますが、Gardiaの保証サービスが、このような飲食業界の問題を解決する新たな中心を担っています。


なので キャンセルを行ったユーザーへの請求はホテルの代わりにGardiaが行い、CansellがGardiaへ手数料を支払うカタチになります。

なんだか良く分からない人の為に、Cansell パートナープログラムの概要おさらい

今回提供する「Cansell パートナープログラム」ですが、ざっくり言うと”宿泊施設を対象とし提供する法人向けサービス”になります。


◆入会条件等

入会条件Cansellの仕組みに賛同出来る宿泊施設。
対象施設日本で営業する宿泊施設。
※現時点では、民泊や風営法等にかかる宿泊施設は対象外。
料金入会金、初期費用、月額費用等、すべて無料。
入会方法2018年3月26日より事前登録開始
https://partner.cansell.jp
プログラム
提供開始日
2018年6月予定


この内容で入会条件全てが無料なのがスゴいですね。

そしてサービス内容がコチラ!



◆プログラム内容

キャンセル料保証無断キャンセル(ノーショー)等が発生し、宿泊者へキャンセル料の請求が発生した場合、キャンセル料の一部を保証します。
なお、本プログラムは、新規性の高いビジネス領域特有のリスクを保証する専門会社であるGardia株式会社とともに提供します。
キャッシュバックパートナーの宿泊施設の予約が出品され売買が成立した場合、そこで発生する成約手数料の一部を予約変更手数料としてパートナーに還元します。
公式サイト送客Cansellの各ホテルページから、パートナーの宿泊施設公式サイトへ送客します。
提携サービス利用優待TrustYou、SmartHR、BASE FOODなど、Cansellと提携しているサービスを利用優待付きで利用出来ます。


「Cansell パートナープログラム」に加入したパートナーの宿泊施設には、このプログラムが無料で提供されます。




※プログラム内容は今後も順次追加予定です。
コレが無料で受けられるのであれば、メリットしか無いですね〜。


ホテル・旅館のノーショーに、真剣に取り組もうとしているCansellの動向をヒモ解く

さいごに、ボクの個人的な感想です。

実は今までOTAでさえ、誰もノーショーや直前キャンセルに関しては素知らぬ顔をして来ました。それこそ宿泊施設さえも。
ぶっちゃけ対応が面倒ですからね…

そんな中、そこの解決手段や保証に関して 真剣に向き合おうとしている国内の会社は、唯一CansellかReluxぐらいじゃないでしょうか?


更に今回、その宿泊施設とまずはお互いにパートナーとして、無料でタッグを組もうとしているCansellって なんだか儲け度外視な感じがします。
なのでこの内容で、Cansellにメリットがあるのかが正直心配ですね。

ちなみにCansell代表の山下さん曰く、宿泊業界に対してCansellが何が出来るか徹底的に考え、これでもかってぐらい宿泊施設にメリットを提供するプログラムを作ったとの事。
そんな事を言う人、この業界で今までいたでしょうか?


宿泊業界にとってノーショーや直前キャンセルは、どんな対策をしてもどうしても発生してしまうモノです。
でも今後は宿泊施設で「Cansell パートナープログラム」を活用し、ノーショーの痛みが少しでも和らげば良いなぁって感じました。



「Cansell パートナープログラム」
https://partner.cansell.jp/

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形県・佐賀県など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン・Beds24)を愛用し、現在20予約サイト・3自社予約フォーム・4サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. Cansell

    キャンセル市場をどう見るか?│福井の向出さん、Cansellの山下さんと九州行脚して感じた事とは?

    キャンセル・No Showの世界を改めて考える事が出来た、良い機会でし…

  2. Cansell

    急病人や急な不幸でのキャンセル料支払いを考える

    宿はモノと違って再販売が不可能│小規模施設での直近キャンセルは死活問題…

  3. Cansell

    『Cansell』はココが凄い!│キャンセル料がかかる予約者や宿の悩み・お困り事を見事に解決!

    実際にCansellの代表:山下さんに会ってお話しを伺ってきました。こ…

  4. Cansell

    宿泊キャンセルもシェアの時代へ│宿泊予約の権利売買サービス「Cansell(キャンセル)」

    今までにない「宿泊権利の二次流通市場」の開拓「Cansell(キャンセ…

  5. Cansell

    ホリエモンチャンネルに、キャンセル予約の二次流通サイト「Cansell」の代表:山下さんが登場!

    敢えて転売出来ないようにした事が秀逸以前から、キャンセル予約の権利を売…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

何は無くともGoogleマイビジネスです!


ホームページ

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



宿泊に関するお友達のBlog

Twitter

  1. トリバゴ

    トリバゴの掲載情報が古い場合や、施設画像を修正して欲しい時の対処法
  2. 川嶋雄司の独り言

    テクノロジーの進化の先に今後の宿泊を想う
  3. おすすめランチ・ディナー

    あんまり教えたくない│●●に囲まれる湯布院の居酒屋「まる」
  4. 宿泊体験・民泊

    暮らすように旅したい│大分県のUSA(宇佐)にて、父・娘で滞在した民泊体験記 P…
  5. じゃらんnet

    ■iOS 8新機能「App Extensions」に、リクルートのアプリが早々対…
PAGE TOP