じゃらんnet

タダにする以外の方法は無かったのか…│この夏始まる「海マジ!」をマジで考える


19歳・20歳はマリンアクティビティが無料になる「海マジ!」は、5月開始予定

「マジ☆部」ってご存知ですか?
ほら、ある一定年齢の若者が無料でサービスを受けられるってヤツです。

「マジ☆部」
https://majibu.jp/


コレってまだ続いてたんですね…。
なんでもかんでも無料にするなんて、正気の沙汰じゃないです。

そしてこのニュースを知った時、ホント呆れてしまいました。




「リクルート、若者需要創造で次は「海マジ!」展開へ、19歳・20歳なら海アクティビティが無料に」
https://www.travelvoice.jp/20180308-107330


リクルートライフスタイルの「じゃらんリサーチセンター」は、マリンアクティビティ市場の活性化を目的に若年層需要創出プロジェクト『海マジ!~MARINE MAGIC~』を2018年5月から開始すると発表。

【「海マジ!」とは?】
19歳と20歳を対象に、クルージング、SUP、サーフィンやボディボードなどの体験などが無料になる取り組み。
対象年齢期間中にマリンアクティビティを繰り返し楽しんでもらうことで、将来のリピーター形成に繋げていくとの事。


「海マジ!(https://majibu.jp/umimaji/pc/index.html)」対象者は、2018年度19歳男女(1999年4月2日~2000年4月1日生まれ)、2018年度20歳男女(1998年4月2日~1999年4月1日生まれ)ですって。


しかも「海マジ!」には、国土交通省が旗振りをする「C to Seaプロジェクト」の協賛企画として、マリン事業関連の18団体が加盟する「UMI協議会」が施設参画に協力するようです。

なので今回は、国土交通省からの声かけでプロジェクトがスタートしております。

対象サービスは、クルージング、SUP、サーフィン、ボディボード、水上オートバイ、カヌー・セーリング、アクアボード、フィッシング、ダイビングなどの体験を予定。
今後も対象サービスを追加していく予定だそうで。

タダより怖いモノは無いし、それを正当化してはいけないと感じる

以前、マジ部の事はコチラの記事でも書いてました。
↓ ↓ ↓

「タダにして良い事なんて何一つ無い│リクルートライフスタイルの「マジ☆部」をマジで考える」
https://kawashimablog.com/yufuin/?p=16468


前回も書きましたが、無料でかき集めた集客って絶対マーケティングとは言えないと思いますよ。(マネタイズはまた別と捉えています)
コレを正当化しちゃいけない、そう強く感じます。

そう言えば「マジ☆部」が始まって3年ぐらい経ちますが、どれぐらいの経済効果があったかを全然発表しないのはナゼなのかな?


「海マジ!」に話を戻しますが、特にマリンスポーツは安全の為に絶対人手(人件費)がかかります。
それを無料でさせるなんて、よくもまぁそんな事を思いついたモノです。ダイビングとか事故が起きなければよいですが…。

あと「マジ☆部」の情報は、無料コンテンツを渡り歩く若者にSNSで一気に拡散するでしょう。

こうなると普通に有料でマリンアクティビティを利用しに来られたお客様は、無料で群がる「海マジ!」会員によって益々マリンアクティビティ離れが逆に進むんじゃないかな?

「宿マジ」や「髪マジ」がもしも始まったら、リクルートの信用は0になる

コレは予想です!
「マジ☆部」がいよいよネタ切れになった時、コレを仕掛けて来るんじゃないかな〜って思ったり。

じゃらんnet 掲載施設の「宿マジ」
Hot Pepper Beauty 掲載施設の「髪マジ」(もしくはマジ髪 w)

あくまで予想ですけどね(笑)
でもココまで来たら、なんとなくあるかも?

もしもコレが仮に始まったのなら、リクルートは築き上げて来た信用を失う事は間違いありません。
ま、さすがにしないとは思いますけれど。

さいごに

何度も言いますが、無料にして良い事なんて一つもありません。

今年の夏に「海マジ!」が始まりますが、悲しむ人が出ない事を心から祈っております。



※追記:お友達のガクさん、ハマちゃんのBlogも合わせてご覧ください。
きっと「マジ☆部」に関わらない方が良いと思って頂けるかも?

「海マジ反対!!☆「マジ部」はマジ勘弁!地域も業界も安売りで衰退が加速する」
https://com-support-co.jp/blog/7222

「じゃらんの「海マジ!」がこの夏開始・・・「無料」は既存のお客さまも逃していく」
http://hmd.geo.jp/archives/5765



では続きの記事も参考に。

「リクルートの「マジ☆部」続編│「お湯マジ!」によって温泉宿の価値を下げられてしまうのは必然」
https://kawashimablog.com/yufuin/?p=22621

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形・富山など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン)を愛用し、現在25予約サイト・3自社予約フォーム・3サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. じゃらんnet

    【relux】「Loco Salon」にてお話させて頂きました。

    こんにちは、川嶋です!東京出張4日目、会社訪問とっても楽しんでいます。…

  2. じゃらんnet

    【抽選で1,000名まで】じゃらんnetのアンケートに答えて、Quoカード1,000円をGETしよう…

    回答期限:2018年9月18日 午前8:59までです!コレは主に経営者…

  3. じゃらんnet

    11/1(火)10:00〜「九州ふっこう割」の第二期・第三弾のクーポンを一斉配布!

    今年はコレで最後!この機会に九州をたっぷり遊びつくそう。こんにちは、旅…

  4. じゃらんnet

    「じゃらんnet」のデイユースと「遊び・体験予約」のデイユース、どちらがお得で便利か?

    宿で導入する場合、ボクは「在庫」と「料金」をちゃんとコントロール出来る…

  5. じゃらんnet

    いる!いらない!?│PC版じゃらんnetの施設ページの写真の上部に口コミの一部が表示

    2018年4月23日リリース!自身の宿でもどのように表示されているかを…

  6. じゃらんnet

    GW前から、BlogやSNSを使ってした方が良い事。

    今後、特定の誰を思って発信出すのか?GWも もうすぐですね。おそらく結…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

仮想の旅館のネット担当者:カワシマ



カワシマが音声でアレコレお届けします!

ホームページ

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



宿泊に関するお友達のBlog

Twitter

  1. 楽天トラベル

    グローバル化へ更に舵を切る!│楽天トラベル新春カンファレンス2018で感じた事
  2. じゃらんnet

    じゃらんnet管理画面TOP「重要なお知らせとご確認」に地図情報の確認事項があっ…
  3. マイナビトラベル

    【マイナビトラベルのクーポンに注目!】12〜3月までのホテル予約がなんと最大10…
  4. スマホアプリ

    Facebookが流行った時、twitterはもう終わったと思っていたが大間違い…
  5. 川嶋雄司の独り言

    「海の日」は海に行く日だと思っていた。
PAGE TOP