じゃらんnet

【保存版】旅館・ホテルの経営者必見!各予約サイト(OTA)の手数料を再度調べて見ました!


繁忙期にわざわざ手数料の高いサイトで売る必要なし!今一度手数料をおさらいしましょう。

こう言うBlogを書いていると、「OTA(宿泊予約サイト)の送客手数料を知りたい」ってお問い合わせが結構あります。
前回もその事を書いたのですが、もう3年ほど前なんですね〜っ。→三年前の記事


ある程度OTAの手数料を知っていたら、繁忙期に手数料の高いサイトを売らないって事も可能です。
今であればサイトコントローラーがあれば、カンタンに調整出来ますよね?

なので売れる日は手数料の安いサイトもしくは自社予約で売れた方が利益率は上がります。



ボクのヘッダー画像には取り扱っているサイトのロゴを貼り付けてますが、再度分かる範囲で国内外の各予約サイトの手数料を比較してみました。

今日の記事は保存版ですよ!

各社の手数料まとめ

●ベストリザーブ宿ぷらざ → 手数料5% (プレミアムパッケージ +3% / 事前決済 +2%)
●ベネフィットワン → 手数料6%
●ジャルパックeエントリーシステム → 手数料6%
●Theお宿ねっと(阪急交通社) → 手数料7%
●MAPPLEトラベル → 手数料8% (事前決済 +2%)
………………………………………………………………………………
●たびらい → 手数料8%
●yoyaQ.com → 手数料8%
●ANA → (@ホテル[宿泊単体予約] 手数料8% / 旅作[宿泊+航空券] 手数料8%)
●e宿(近畿ツーリスト) → 手数料8% (FAX送信希望施設のみ1通信 +0.1% / ただし、今後ポイント付与分1%は施設負担)
●るるぶトラベル → 手数料8% (JAPANiCAN掲載・JTB加盟施設11%、加盟していない施設12% / 事前決済 +2%)※2018年4月より、1名予約の場合手数料8%、2名以上は10%になります。
●マイナビトラベル → 手数料9%  ※うち1%をTポイントとしてユーザーに付与(事前決済 +1.95%)
………………………………………………………………………………
●楽天トラベル   → 契約プランAの場合は7~9%、プランBの場合は8~9%、プランCの倍は一律9% +楽天スーパーポイント付与+1%手数料がかかります (事前決済 +2% / アフィリエイターへの広告費用・予約成立金額の1.0%))
※楽天トラベルのインバウンド予約(一律で10% / インバウンド経由予約のユーザーはポイント付与対象外)
●OZmall → 手数料10%
●じゃらんnet  → 現地決済手数料10% (事前決済 +2%)ただし、1名予約の場合手数料8% 
●らくだ倶楽部 → 手数料10% (事前決済 +2%)
●一休.com → 手数料10% (一休ビジネスならびにインバウンドのライオントラベルも10% /事前決済 +3.5%)
一休.comはサイトコントローラー接続の費用がかかり(一休では「予約ダウンロードシステム利用料」としています)、月額固定費5,250円(税込)が別途かかります。(一休キラリトならびにヤフープランの施設様にはかかりません)
もしくはコレとは別に、通常のシステム利用料10%に 予約ダウンロードシステム利用料を0.5%上乗せする方法と、どちらか選べます。
………………………………………………………………………………
hotelsCombined  → 手数料11%
●relux → 手数料12%+一休.com同様にサイトコントローラー接続に月額5,400円(事前決済 +2%)
●agoda → (事前決済 12% / 国内agoda 9%)
●Booking.com → 手数料12%
●Expedia → 現地決済のみ手数料12%、現地決済&事前決済のMIX 13%、事前決済のみ15%
………………………………………………………………………………
●Ctrip → 手数料15% (現地決済&事前決済共に 15%)


※インバウンドサイトはホテルと旅館など、カテゴリーで手数料が若干(2%ほど)違う場合があります。

知っている範囲で手数料の安い順で並べてみたのですが、見比べてみると現地決済も事前決済の手数料も各社まちまちですね。

まとめ

こうやって見ると、手数料の高いOTA(宿泊予約サイト)はやっぱり送客力がありますから、今後はソコとどう向き合って行くかが結構重要です。

ただ「手数料が高いから」と言って、平日を手数料の安いサイトや自社ホームページ予約のみで売る行為は結構ハードル高いです。


だって、じゃらんnetや楽天トラベル、Booking.com・Expediaなどで表示順位が低い状態で、自社ホームページ予約を増やしたいなんて、なんだか矛盾しています。

まずは多少手数料がかかってでも、各予約サイトの上位のポジションをキープする事。
欲を言えばOTAの表示順位が10位圏内にあり、そして自社ホームページ予約をベストレート(最低価格保証)にする事で自然と自社予約が伸びます。


その状態で売れる日をうまく自社HPへ誘導し、手数料をいかにかけずに販売して行くか?

複数サイトをただなんとなくネットで売るのでは無く、しっかり先を見据えて販売して行きましょうね。
何事もバランス良く販売する事が今後大事になってくるでしょう。


なお…コレってボクの趣味Blogですので、記載内容が間違っていたらすみません。。。(涙)なので追記・修正箇所等があればぜひ教えて欲しいです!
では販売の参考になれば嬉しいです。

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形県・佐賀県など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン・Beds24)を愛用し、現在20予約サイト・3自社予約フォーム・4サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. じゃらんnet

    9/9(金)第二期「九州ふっこう割」で気をつけておく事 〜じゃらんnet編〜

    第一弾のふっこう割との変更点は「平日限定」と「割引率」の2点最近、色ん…

  2. じゃらんnet

    じゃらんnet登録の九州の宿泊施設なら冬の対策に!│参画無料の【九州ありがとうキャンペーン】

    プラン名冒頭に【九州ありがとうキャンペーン】と入れるだけで、カンタンで…

  3. じゃらんnet

    じゃらんnetの販促クーポンが知られず使われず、お困りの施設様へ

    テクニックなんて無いから、とにかく早めに発行!以前、じゃらんnetの有…

  4. Expedia

    ホントのようなウソの話!?│エイプリルフールでReluxとExpediaの2社盛り上がる!

    ありそうで…"今は"まだ無いかな。。昨日の4/1はエイプリルフールでし…

  5. Relux(リラックス)

    ■中国向けフリーマガジン「Travel Journal(日本漫遊)」に、なんとrelux(リラックス…

    reluxもいよいよ中国進出か!?展開が早いですね!まだサイト…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

何は無くともGoogleマイビジネスです!


ホームページ

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



宿泊に関するお友達のBlog

Twitter

  1. 手間いらず.NET

    宿の仕事を続けて11年、そして今日で42歳になりました。
  2. Relux(リラックス)

    reluxが訪日旅行予約のBtoBサービス『relux グローバルプラットフォー…
  3. 温泉ぱらだいす九州

    【鹿児島県民限定!】温泉宿予約サイト「温泉ぱらだいす鹿児島」がオープン!
  4. 川嶋雄司の独り言

    タダでもOK、タダで当然の世の中│キングコング西野さんの「えんとつ町のプペル」W…
  5. 手間いらず.NET

    新機能「TEMAIRAZU DANTAI Travel」で、旅行会社経由の団体予…
PAGE TOP