R-with

無料で使えるが、結局どっちが良いの!?│じゃらんnetのホームページダイレクトと楽天トラベルのR-withを徹底比較! Part.2

Pocket

今日はR-withについて。最近ちょっと使い勝手が悪いかなって感じます

昨日はじゃらんnetのホームページダイレクトの事を改めて書きました。


「じゃらんnetのホームページダイレクトと楽天トラベルのR-withを徹底比較! Part.1」
https://kawashimablog.com/yufuin/?p=24000


では今回は、楽天トラベルが無料で提供しているR-withについて再度書いてみたいと思います!

【R-with(アールウィズ)とは?】
自社ホームページはあるけど、自社の予約管理システムを持っていないホテルや旅館などが楽天トラベルで販売しているプランやお部屋タイプとそっくりの無料予約システムを使用して、送客手数料0円で予約を入れたい場合に使用します。


実はインターネット上で、R-withの情報って結構少ないんですよね〜。
なんでかな?




そんな無料のR-withなのですが、ボクはココに来て最近「事前カード決済予約の場合、90日以内しか予約出来ない」事に かなり不満を感じています。

コレがどんな事かと言いますと…例えば宿側が先々の2018年9、10月の連休の予約を”事前決済のみ”で販売したいと考えたとしても、R-withは90日以内しか予約出来ないので、販売が出来ないんですよね〜。。

その「売りたいように売れない」歯がゆさは、無料なので何とも言えませんが。
ではボクなりに感じた実際の使用感・使い勝手等を書いてみたいと思います!

R-withのメリット
  • 手数料0円
  • スマホ・ガラケー・英語版ページも全て0円で使用出来る。
  • お申し込みすれば、当日にはR-withのURLが発行される(ホームページダイレクトは数週間かかる)
  • 楽天トラベルでプランと部屋タイプを用意しておけば、別途プランを作らなくてもR-withで反映される。(在庫は連動しますが、料金はサイトコントローラー等で楽天トラベルとR-withは別々で設定出来ます。)
  • メール配信機能を利用して、チェックイン前日の確認メール配信・ありがとうメール・バースデーメールなどをユーザーに送る事が出来ます。
  • 楽天トラベルとAプランでの施設様は、半年先の販売・一日約10%以上の在庫、いわゆるアロットメントによる部屋提供が条件ですが、【R-with】で売れてもカウントされる。
  • 事前カード決済も無料で施設登録出来る

R-withのデメリット
  • 楽天トラベルに在庫を出さないと自社HPに反映されない。
  • R-withの事前カード決済予約は90日以内しか予約出来ない。(じゃらんnetのホームページダイレクトは365日先まで販売可能)
  • デイユースプランの販売が出来ない。
  • 別注料理・オプション販売が出来ない。
  • じゃらんnetのホームページダイレクトは自社専用プランを作成出来るが、R-withは作成出来ない。
  • じゃらんnetのホームページダイレクトはカード決済手数料が2%なのに対し、R-withのカード決済手数料は4%と少し高め。

さいごに

多言語対応は、じゃらんnetのホームページダイレクトよりもR-withに軍配が上がるでしょうけれど、ボクとしてはやっぱり事前決済の制約(90日以内)と事前決済の手数料が4%なのが、ちょっと気になりますね。

でも無料でココまでの機能は、宿泊施設にとっては非常にありがたいと思います。
それにサイトコントローラーでも、「R-with」単体でしっかり料金管理が出来ますからね。
(じゃらんnetのホームページダイレクトは個別で料金管理が出来ません。しかしホームページダイレクトで自社専用プランを作れば大丈夫です)

更に部屋数の少ない施設様で、かつ月々のかかる費用を極力価格を抑えたいって言う施設様にとっては、無料で使えるサイトコントローラー「ねっぱん!」と合わせて利用すると正直コストパフォーマンス的には最強でしょう!

昨日の記事冒頭にも書きましたが、何を使ったら正解とかは特にありません。

ただ、R-withの在庫は楽天トラベルと。
ホームページダイレクトはじゃらんnetと共有しますので、どちらのサイトを強化したいかで選ぶのも良いかと思いますよ。

では自社予約システム選びの参考になれば幸いです!

The following two tabs change content below.

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。21歳の時 九州〜福井を自転車旅行した際、大分県湯布院町が気に入りそのまま移住。現在は大分県国東市在住。 大分県を中心に 山形県・福島県・茨城県・神奈川県・佐賀県・熊本県など、全国各地の旅館やホテルのネット集客のコンサル・WEB集客のサポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!++・TL-リンカーン)に重きを置き、現在約15の宿泊予約サイト・7つの自社予約フォームを使い多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げております。

ピックアップ記事

  1. Relux丨「新型コロナウイルス感染症対策」表示機能をリリース
  2. Go To トラベルキャンペーン丨ココに来て、ひょっとしたら楽天トラベルが撤退す…

関連記事

  1. じゃらんnet

    各OTAへ写真を一括アップロード!│写真一括転送サービス『クラウド転送シャシーン』が誕生!!

    ホテルや旅館で活躍しそう!各OTAを縦横無尽に繋いだクラウドフォトサー…

  2. R-with

    宿の費用を最小限で運営しようとお考えの方へ│ねっぱん!が小規模施設向けPMS「イージー会計」をリリー…

    宿泊施設にとって、年末最後の大ニュース!こんにちは、旅館のWEB集客の…

  3. R-with

    自社HPの予約システムを再度考える。まずは楽天トラベルの「R-with(アールウィズ)」Part.1…

    カンタンに言うと、R-withは小規模施設に優しい無料のシステムです。…

  4. R-with

    楽天トラベルの表示順位(掲載順位)の要因を知りたい方へ

    掲載順の決定要因はコレ!(毎週1回更新されます)常に上下する楽天トラベ…

  5. じゃらんnet

    そろそろ年末年始を販売しようと思っている施設様へ│今年は事前カード決済のみで売りだそう!

    事前決済は100%保証されてとっても安心です。8月後半に入り、年末年始…

  6. じゃらんnet

    自社HPの予約システムを再度考える。じゃらんnetの「ホームページダイレクト」Part.4

    デメリットとしては、じゃらんnetにお客様が流れる可能性が高くなります…

アフターコロナに向けて多言語AIチャットボットに注目!

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

カテゴリー

人気のBlog記事



サイトコントローラー「Beds24」2ヶ月間無料トライアルOK!!

ホームページ

主要なOTA(宿泊予約サイト)一覧

Twitter

「マーケティング・経営ランキング」で参加しておりますので、良かったらポチッとお願いします

<川嶋が宿泊のトレンドをYouTubeで発信!>

Zoom&LINEコンサル始めました

  1. agoda

    ANA XとAgodaが業務提携丨世界約150万軒以上の宿泊施設が予約できる「A…
  2. かんざしクラウド

    かんざしクラウド アップデート丨各サイト(OTA)に同時に「部屋タイプ」の作成が…
  3. Booking.com

    ■ホテル用語でルームチャージ(RC)って聞いた事ありますか?
  4. おすすめランチ・ディナー

    安倍首相は「ゆふいん道の駅」で何を食べたのか?
  5. 一休.com

    コレは知っておきたい!│意外と知らない一休.com&一休.com キラリトの精算…
PAGE TOP