R-with

楽天トラベルの表示順位(掲載順位)の要因を知りたい方へ

Pocket

掲載順の決定要因はコレ!(毎週1回更新されます)

常に上下する楽天トラベルの掲載順に興味のある方だけ読まれて下さいね。

スクリーンショット 2016-03-26 22.09.01▲大分・湯布院エリアの掲載順はコチラをクリック!▲

[blogcard url=”http://travel.rakuten.co.jp/yado/oita/yufuin.html”]
昨日から楽天スーパーSALEがあったので、その流れで書いてみます!
どのサイトも表示順位って大事ですよね?

1ページ目に掲載されているか、5ページ目掲載かでは全然予約流通や売り上げ高が違ってきますので、どの施設様も過敏に気にされてるのでは無いでしょうか?


以前楽天トラベル・地元大分ITCのNさんのメルマガを見て、改めて【エリアの上位掲載】がいかに大事か気付かされました。(転記OK頂いております)

何も条件を入れなければ、泊まろうとお考えのエリアは上から「おすすめ順」に施設様が表示されます。そもそもこの「おすすめ順」とはどういう並びなのか?

掲載順の決定要因

①契約プラン・・・以下の順番で表示されます。

A契約(最低料金保証 自社を含める)
A契約(最低料金保証 自社を含めない)
B契約(最低料金保証 自社を含める)
B契約(最低料金保証 自社を含めない)
C契約

②複合要因を係数化・自動算出

①の順番に整理された上で、お部屋提供のアロットメント充足率(レジャー、ビジネスなど、それぞれユーザーニーズの高い日)、施設様の売上の楽天シェア(施設総室数に対する弊社販売室数)、流通売上額、ユーザーアンケート(クチコミ)等を係数化・自動算出して決定します。


何をするよりもまずは楽天トラベルの契約内容がちゃんとA契約になっているかが大事です。(A契約にすると手数料が下がり、表示順位を上げてくれます)

A契約、B契約の詳細な契約条件の内容は、管理画面「部屋提供条件書」で確認出来ます。不明な点は、ぜひ施設サポートデスク(050-5817-7301)までお問い合わせください。


あくまで楽天トラベルの表示順位を上げたい場合、まず見直す点は【楽天トラベルの契約内容】、そして【自社販売をR-withにし、楽天トラベルと同一料金にする事】です。
ここまで徹底すれば、楽天トラベルの掲載順が多少変わってくるかも知れません。

でもその前に何より施設様に「泊まってみたいと思わせる魅力があるか?」をカスタマイズページでしかり発信出来ているかも見直す必要がありますね。

各デバイスでは、どのような表記なのか?

あなたがよく利用するデバイスはなんでしょうか?最近ではスマホが多いかな?一方向ではなく、色んな角度で見てみると…

PCページでは、1ページ30施設様。
スマートフォンページでは、1ページ10施設。
フューチャーフォンのページでは、1ページ5施設様毎に表示されます。

つまりPCで1ページ目でも、それ以外は見て貰えなくなる可能性が高いです。


IMG_2975
しかもスマホの検索ロジックはPCと全然違うと感じます。(「湯布院」で検索した場合、並びのロジックの要因がよく分かりませんね)

楽天トラベルの掲載順を上げたい場合の最短距離はコチラを再チェック!

□チェック① 
【A契約にする】・・・表示順が優先的に上になります。楽天トラベルの手数料が最低水準(7%)になる場合があります。

□チェック② 
【最低同一料金保証に「自社サイト」を含める】・・・A契約の中でさらに表示順が優先的に上になります。
楽天トラベルは、「自社と同一」(特にR-withと一緒)であれば良いです。
「楽天だけ一番安い」という状態でなくても、表示順位を上位へ上げることが出来ます。

□チェック③ 
【ネット上で出ているお部屋の最終在庫を楽天トラベルに設定する】・・・アロットメント充足率が100%に近づき、さらに表示順が上がります。
手数料率が7%になりやすくなります。また、ネット在庫のオーバーブックを防ぐことが出来ます。
高需要の日ほどキャンセルと受注の動きが激しい傾向がありますが、最終在庫の楽天のみ(とR-withのみ)にすると、オーバーブックのリスクが非常に小さくなります。

□チェック④ 
【先々の特日のお部屋の一部を楽天トラベルで販売するようにする】・・・アロットメント充足率が100%に近づき、表示順が上がります。また、手数料率が7%になりやすくなります。
また、施設様の売上の楽天シェアが高くなり、表示順がさらに上がります。
早めからカタくて高額の予約が入りやすくなります(※需要に合わせて、高単価プラン限定・大人数利用限定・事前カード決済限定等を組み合わせると、早めから入る予約を、直前キャンセルや 「No show」のない、カタくて高額な質のよい予約のみに限定して集客することが出来ます)。

□チェック⑤ 
【安定した点数のクチコミを定期的に取れるようにする】・・・ユーザーアンケートも掲載順の要因に含まれるので、クチコミのケアまで手が届いていらっしゃる施設様は、長期的には表示順が上位に安定します。

まとめ

ようは【楽天トラベル寄りの販売】をどれだけ出来ているかですね。

それが出来ていないのに「ウチはなんで楽天トラベルの表示が上がらないのか?」と言っても始まりません。


【ITCに知恵を借り、覚悟して徹底してやる】施設様だけが伸びるかも知れません。
コレが出来ればひょっとしたら楽天トラベルアワードが貰える可能性が上がるかも?

もちろん楽天トラベルアワードが貰えれば、もっと売れやすくなる事は間違いありませんからね。

「自社予約を伸ばしたい」


それはどの施設様も手数料のほぼかからない自社比率を多くしたいと思うでしょうが、まずは楽天トラベルで ある程度の売り上げ確保・エリアの表示順位・アワードなどで知名度UPなどした上で自社に誘導するのもアリなのかも手かも知れませんよ。

「自社HPの予約は各宿泊予約サイトの副産物」とも言えますので。

The following two tabs change content below.

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。現在は大分県国東市在住。 大分県を中心に、箱根・山形・佐賀など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!++・TL-リンカーン)を愛用し、現在約20の宿泊予約サイト・5自社予約フォームを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

ピックアップ記事

  1. Go To トラベルキャンペーン丨ココに来て、ひょっとしたら楽天トラベルが撤退す…
  2. Relux丨「新型コロナウイルス感染症対策」表示機能をリリース

関連記事

  1. 楽天トラベル

    ■楽天トラベルの疑問・質問がある場合は、まず冷静にココをチェックしよう!

    そのシステムを使うのであれば、そのシステムを理解しようこんにち…

  2. 楽天トラベル

    【今を知る】│「楽天トラベル新春カンファレンス2016」の受付開始!

    テーマは「Best matching 〜たった1人のお客様から始まる顧…

  3. じゃらんnet

    意外と知られていない各予約サイトの「宿泊代行サービス(コールセンター)」を場合によっては活用しましょ…

    ポイントはたまりませんが、電話してきた人はそこはあまりこだわらないよう…

  4. 楽天トラベル

    楽天トラベルの施設ページ右下に「閲覧人数」と「24時間以内の予約件数」が表示される仕様に

    お目当ての宿の人気の度合いをなんとなく知る事が出来ますこんにちは、旅館…

  5. 楽天トラベル

    楽天丨13ヶ国200都市以上の体験ツアーを販売する「Voyagin(ボヤジン)」を7月1日付けで吸収…

    今後、Voyaginで楽天ポイントを利用したり・貯めたり出来るようにな…

  6. じゃらんnet

    【サイトコントローラーを使って仕事しています】旅館の集客サポーター・川嶋雄司の仕事内容

    どう言う仕事してる人なの?って聞かれるので、ちょっと手描きで書いて…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

ホームページ

カテゴリー

人気のBlog記事



主要なOTA(宿泊予約サイト)一覧

Twitter

<川嶋が宿泊のトレンドをYouTubeで発信!>

Zoom&LINEコンサル始めました

「マーケティング・経営ランキング」で参加しておりますので、良かったらポチッとお願いします

宿泊に関するお友達のBlog

  1. じゃらんnet

    じゃらんnet内にて、コロナウイルスの注目度や検索順位を調べてみた
  2. Booking.com

    ■JTB新社長もやはり重きはインバウンド強化、そしてハラル。
  3. マイナビトラベル

    6月29日(水)13:00、本日ついに『マイナビトラベル』サービス開始!
  4. じゃらんフォーラム

    「じゃらんフォーラム2019」に参加して、リクルートの動向をチェックしてきました…
  5. じゃらんnet

    リクルートライフスタイル:CS山田さんの講義は必聴!【3】│今と、これからを知る…
PAGE TOP