川嶋雄司の独り言

ホテレスに向かうその前に Part.6│草津温泉は今どんな状況なのか?実際に見て来ました。

Pocket

行かなきゃ分からない!草津温泉の街中は思いのほか賑わってましたっ!

昨日の続きです。

「ホテレスに向かうその前に Part.5」
https://kawashimablog.com/yufuin/?p=22312



草津温泉 ホテルヴィレッジさんに立ち寄った後、ボクと向出さんは草津温泉の中心街へと向かい、湯畑を初めて見る事が出来ました!

【湯畑とは?】
温泉の源泉を地表や木製の樋に掛け流し、温泉の成分である湯の花の採取や湯温を調節する施設のことである。 湯畑は湯の花採取を実施している温泉地に多く存在し、群馬県草津町の草津温泉では地域のランドマークであるとともに観光名所となっている。


湯畑はホント見応えがありましたね〜っ。
街の中心部に湯畑があるこの風景とその存在感たるや、言葉に言い表せない程凄かったです!

Facebookでお友達の齋藤さんにも会う事に

ホテルヴィレッジの加藤さんに次いで、以前リアルでもお会いしてFacebookでお友達になっていた、湯畑のお隣「ホテル 一井」の齋藤さんにもお会いする約束をしておりました。


草津温泉 ホテル一井」
https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/39705/39705.html



湯畑まで、徒歩30秒!
更に近所にセブン・イレブンもあり、ホテル一井さんは抜群の好立地の宿でしたよ。



エレベーターを上がって3Fのフロントに上がると、歴史を感じさせるロビーへ…。

和と洋が合わさったこう言う雰囲気、なんか好きだなぁ〜っ。


真ん中が齋藤さんです!
突然の訪問でしたが、お時間を作ってくださってありがとうございます!!

お忙しい中、WEB予約の事を含めてアレコレお話する事が出来ましたっ。


それに昨日のBlogでホテルヴィレッジの加藤さんもおっしゃられていましたが、齋藤さんも白根山の噴火が起きた事をリアルに分からなかったようです。


行ってみて 聞いてみて初めて気づくのですが、草津温泉から白根山は割りと遠いって言う事が分かりました。



ホテル 一井さんのテラスより、2018年2月19日に撮影。
湯畑周辺は人通りが多く、とても賑わっているのがお分かりでしょうか?


「草津温泉は危険」とメディアが報じている一方、普通に生活していたりお仕事している人・観光でたくさん草津温泉に人が訪れている事も、メディアでちゃんと報じて欲しいな〜って思ったりしました。

草津ランチにオススメ│美味しい蕎麦と天ぷらが味わえる「やすらぎ亭」

齋藤さんとお話した後、お腹が空いたので向出さんと草津温泉をブラブラ散策する事に。


路肩には雪がまだ結構残ってましたね〜っ。なので道路は割りと結構ツルツルでした。

草津温泉をフラフラしていたら、何となく良さげなお店を発見!



草津温泉はお蕎麦が有名なのかな?
ランチに「やすらぎ亭」さんと言うお店にたどり着きました。

ボクは玄関先にもサンプルで飾ってあった「キノコの天ぷら&温かいお蕎麦」を注文する事に!



お蕎麦はシンプルながら、とっても美味しかったデス!
天ぷらもサクサク&ボリューミーで食べ応えありましたね〜っ。

雰囲気も接客も丁寧でした。草津温泉ランチにいかがでしょうか?



やすらぎ亭

[食] https://tabelog.com/gunma/A1004/A100402/10018144/
[Retty] https://retty.me/area/PRE10/ARE294/SUB29401/100001337990/
[℡] 0279-88-2121
[住] 群馬県吾妻郡草津町草津389
[営] 10:30〜21:00頃 ※土曜日は〜24:00頃 日曜営業
[休] 日曜日は昼営業のみ
[Google maps] https://goo.gl/QF7ir5

さいごに

腹ごしらえをして、再度湯畑へ向かいました。


湯気がモクモク…この風景は全国探しても中々有り得ません!


白根山の噴火があったりしましたが、ボクと向出さん含め、こう言う風に国内外からたくさんのお客様が来られていたのは事実です。


カメラマンの向出さんもバシバシ撮影!!

ホント、草津温泉はどこ撮っても絵になるモンね〜っ。


ちなみにボクと向出さんの宿泊場所は、湯畑隣りの「大東館さん」さんです。

翌日新宿行きのバスに乗るのでコチラに滞在しました。



では引き続き草津温泉が賑わっている風景を、このBlogでお伝え出来ればと思います。

明日は草津温泉で観光した事を発信しますね(つづく)

The following two tabs change content below.

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。現在は大分県国東市在住。 大分県を中心に、箱根・山形・佐賀など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!++・TL-リンカーン)を愛用し、現在約20の宿泊予約サイト・5自社予約フォームを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

ピックアップ記事

  1. Relux丨「新型コロナウイルス感染症対策」表示機能をリリース
  2. Go To トラベルキャンペーン丨ココに来て、ひょっとしたら楽天トラベルが撤退す…

関連記事

  1. 川嶋雄司の独り言

    ■サイトコントローラーで多角販売しても、最初から売れるはずありません!

    まず資料請求をして、一件一件新規契約書に記入して…やっと繋がって入…

  2. 川嶋雄司の独り言

    ホテレスに向かうその前に Part.3│金沢はグルメの街なのか?調べて来ました。

    北陸へ行きたくなったら嬉しいかも?昨日の続きです。「ホテレスに向かうそ…

  3. 川嶋雄司の独り言

    緊急事態宣言が5/31まで延長したので、その間に見ておきたい映画6選 Part.1

    個人的にオススメの洋画を3つご紹介しますGW真っ只中、いかがお過ごしで…

  4. 川嶋雄司の独り言

    【来年のご提案】年末年始こそ、旅館をお休みしてみませんか?

    ぶっちゃけ、あらゆる事を考えなくて良くなるのでオススメです(笑)クリス…

  5. おすすめランチ・ディナー

    韓国の旅行会社「HOTELONSEN.com」に注目!│今後はサイトコントローラーと連携がカギ

    今までの九州エリアの送客実績も申し分なしこんにちは、旅館のWEB集客の…

  6. 川嶋の原点

    意識が変わると行動が変わる。ネット予約担当者の「個」の力を考えよう

    今、自分が常に意識しているのは「地域貢献」このBlogは前日に…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

ホームページ

カテゴリー

人気のBlog記事



主要なOTA(宿泊予約サイト)一覧

Twitter

<川嶋が宿泊のトレンドをYouTubeで発信!>

Zoom&LINEコンサル始めました

「マーケティング・経営ランキング」で参加しておりますので、良かったらポチッとお願いします

宿泊に関するお友達のBlog

  1. 未来のテクノロジー

    高すぎず、また安すぎない価格設定を│ホテルの最適な価格を提示する人工知能サービス…
  2. じゃらんnet

    じゃらんnetの販促サポートパック「宿CM」を久しぶりに作って感じた事 Part…
  3. じゃらんnet

    本日11月28日(月)じゃらんnetのTOP画面がリニューアル!│対象はPCのみ…
  4. 川嶋雄司の独り言

    ぶっちゃけ紙がもったいない│宿泊予約サイトから来る広告や特集のFAXを止めたい施…
  5. 川嶋雄司の独り言

    ■観光庁のアンケートで見る、外国人旅行者の日本の受入環境に対する不便・不満など
PAGE TOP