Yahoo!知恵袋

WEB予約の受け付け期間がサイトによってバラバラなのはナゼ?│Yahoo!知恵袋の質問に勝手に答えてみた Part.2


ズバリ手数料が違うからです

旅館・ホテルにお勤めの方、Yahoo!知恵袋(https://chiebukuro.yahoo.co.jp/)ってご存知ですか?
今日は昨日の続きですが、ホテルマンの方は結構見ている人が多いのかも?

【Yahoo!知恵袋とは?】
サービス開始は2004年。
Yahoo! JAPANが運営する、電子掲示板上で参加者同士が知識や知恵を教え合う、利用者参加型の知恵共有サービスです。


Yahoo!知恵袋では、日常のあらゆる疑問をほかの参加者に向けて質問したり、またそれらの質問に回答したりすることで、疑問を解決していくQ&Aサービスになります。

では今日も、宿の現場でも質問されそうなQ&Aを幾つか見てみましょう!

予約サイトの販売期間の違いに関して

コレも一般の方の質問かな〜っ?

 



確かに。
ささいな事かも知れませんが、宿泊業のWEB販売に携わった事の無い方はこう言う疑問を持つのも当然かも知れませんね。

ではこの疑問に対して、ボクなりにちょっと考えてみました。

▶まず、どこを優先しているか?

その宿泊施設にもよるのですが、上記で質問されている施設様は手数料のほぼかからない自社ホームページ予約を優先して販売されているモノと考えられます。
(もしくは宿のWEB担当者さんが、サイトの延長作業が間に合っていないって可能性もあるかも?)

▶日頃から使っている宿泊予約サイトで、必ずしも販売しているとは限らない

自社ホームページ予約である程度の予約数を確保出来たら、その後手数料のかかるエージェント(代理店)、いわゆる宿泊予約サイトにも在庫を提供する。
当然と言えば当然です。
ですけれど「なんで楽天トラベルやYahoo!トラベルで販売しないんですか?」っとか、宿に無理強いはしないでくださいね。
宿泊施設様によって手数料のかかるサイトに対する考え方やWEBの販売方法は違って来ますので。

注意点

さいごに楽天トラベルの在庫提供に関しては注意が必要です。

特にAプランの施設様は半年先の販売が必須ですし、休館日を作られている施設様はアロットメント除外日申請をしないと手数料が上がってしまいます。

休館日を作っている施設様は必見!│楽天トラベルのアロットメント除外日申請を設定すべき2つの理由
Aプランで契約されていて、そこそこ楽天トラベルで売れている施設は今一度要チェックですアロットメント除外日申請をすべき2つの理由を...


宿泊施設様は 販売状況をしっかり把握・確認しながら、WEB販売して行きましょうね。

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形・富山など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン)を愛用し、現在25予約サイト・3自社予約フォーム・3サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. Yahoo!知恵袋

    宿泊予約サイトによって料金が違う訳とは?│Yahoo!知恵袋の質問に勝手に答えてみた Part.1

    宿の諸事情によって、料金の違いは多少あるモノと捉えましょう旅館・ホテル…

  2. Yahoo!知恵袋

    ホテルのキャンセル料に関する質問が多数アリ!?│Yahoo!知恵袋の質問に勝手に答えてみた Part…

    キャンセル料はキャンセル規定通り、お支払いくださいませYahoo!知恵…

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



  1. じゃらんnet

    じゃらんnet「販促クーポン」作成時の行使条件設定の改善│2017年9月25日に…
  2. 手間いらず.NET

    手間いらず.NETで楽天トラベルの販売をしている施設は、R-Connectに接続…
  3. Airbnb

    違法&ヤミ民泊に一石を投じる│「民泊バスターズ」そして「民泊ポリス」が登場!
  4. じゃらんnet

    旅館の閑散期に稼働を上げる方法│安易に値下げせず、それ以外に出来る事を考えてみる…
  5. じゃらんnet

    無料で利用出来る「じゃらんウィジェット」を自社サイトやBlogに置いてみよう!
PAGE TOP