Booking.com

Booking.comから無料で貰える「三角のアレ」がちょっと微妙になったかも?


「三角のアレ」が気になるフロント勤務の方へ

こんにちは!
宿泊予約サイトとサイトコントローラーがたまらなく大好き♪
主に旅館さんのネット販売をお手伝いしております、湯布院ネット集客サポーターの川嶋です。

Booking.comから無料で頂ける「三角のアレ」ってご存知ですか?
「三角のアレ」。。。うーん、名前が出てこない(笑)

【Booking.comとは?】
世界最大級の宿泊予約サイトで、登録宿泊施設数は60万軒以上・1日あたりの取扱宿泊数は80万泊以上であり、共に宿泊予約ウェブサイト、アプリとして世界最大となっている。登録宿泊施設は、高級ホテルチェーンから、個人経営のB&Bやアパートメント、バカンス向けの長期滞在施設などをカバーしています。

ウェブサイトは、日本語を含む世界40以上の言語で表示され、決済は、日本円を含む世界50以上の通貨で可能です。


Booking.comのお支払いは全て現地決済です。

しかしながらBooking.comは予約時に、クレジットカードの支払い能力があるかどうかのオーソリ(クレジットカード承認)がありますが、それでお支払いしたつもりでいるお客様も結構いらっしゃるようですね。

【Booking.comに参画されている施設様、担当者からコレを貰ってフロントに置いておこう!】
http://ameblo.jp/lesbaux/entry-11771955653.html

「Booking.comは全て現地決済です」って言う説明って、言うよりも見て貰って納得してもらう方が良いですよね?そこで「三角のアレ」が活躍する訳です!


フロントに置いていると便利な「三角のアレ」

では「三角のアレ」を見ていきましょう!実際にどんなモノかと言いますと…
 IMG_6436▲コレが「三角のアレ」です!表紙は過去のも今のも一緒で、色んな国の言葉で「現地決済」を説明しています▲

IMG_6437▲今までの「三角のアレ」は、裏面にカスタマーサービスが表記されています。気が利いてますね〜。▲

IMG_6435▲コレが最近の新しい「三角のアレ」の裏面。おや?何だかとってもシンプルに。確かにトラブルがあったら施設IDは必須ですが…▲


せっかく「三角のアレ」が新しくなったのに、コレでは「トラブルが起きても電話で問い合わせしないでね」って言っているようなものです…。

なので「コレとコレを切り取って合体しました」とLINEで画像を送って下さった方がいました!!

IMG_6783▲なんと過去のと今のをセロテープで貼り合わせてます!コレでとっても見やすいですね。Tさんありがとうございます!▲

Booking.comも今まで連絡先を表記していたので、新しいバージョンも最初からナゼこうしてくれなかったか、ちょっと疑問が残ります。


まとめ(最近のBooking.comの傾向)

Booking.com掲載のほとんどのホテルは、予約保証としてクレジットカード情報が必須となりますが、最近の傾向として一部のホテルではクレジットカード情報なしで予約を受け付けており、その数は現在増えています。

【詳しくはよくある質問にて】
http://www.booking.com/faq.ja.html

また、許可を得ている場合に限り、他人名義のカードを使用し予約することが可能です。この場合、予約の際、特別リクエスト欄にカードの名義人氏名とカード利用許可を得ている旨を明記しないといけません。

海外サイトは微妙に管理画面の仕様やルールがコロコロ変化するですので、現場の営業の方も知らなかったりする事も多々あるそうです。Booking.comはオランダの会社ですし…新規参画もオンラインで全てするサイトですので、その内書面の案内も無くなってしまうかも知れませんね。

何しろ外資の会社のスピード感たるや、凄まじく早いです!

…ところで「三角のアレ」の正式名称って。。。なんでしたっけ?(^_^;)


追記

この記事を書いてから、別府のHちゃんから下記の連絡先(福岡営業所)をfacebookで教えて貰いました!どうもありがとう(^_^)
もしくはメールで担当エリアの営業の方から、下記の連絡先を教えてくれると思いますのでぜひエリア毎に確認されてくださいね!

■管理画面の操作に関するお問い合わせ
電話番号 : 092-303-2900
(福岡オフィス/9:00~18:00 土日祝休)

■予約・宿泊客に関するお問い合わせ
電話番号 : 03-6743-1957
(カスタマーサービス/24時間対応、年中無休)

【三角のアレに貼るアレ・Excel】
The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形県・佐賀県など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン・Beds24)を愛用し、現在20予約サイト・3自社予約フォーム・4サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. Booking.com

    インターネットを活用した集客方法│インバウンド集客のコツとは?

    昨日、別府ビーコンプラザで開催!具体的で応用しやすい事例が盛りだくさん…

  2. じゃらんnet

    お盆に何かトラブルが起きた場合はコチラをチェック!

    いざと言う時にご確認ください。ダメモトでも、とにかく一度連…

  3. じゃらんnet

    ■数ある宿泊予約サイトに新規参画してみたい宿泊施設様へ!

    新規参画のお問い合わせフォームを集めてみました(笑)こんにちは…

  4. じゃらんnet

    インスタジェニックな旅の情報をお届け│公式Instagramアカウントはコレ!

    Instagramで発信している宿泊予約サイトをフォローしようSNSの…

  5. じゃらんnet

    【緊急用】お盆休み、何かトラブルが起きた場合はコチラをチェック!

    ダメモトでもとにかく連絡を!!いよいよ2016年のお盆到来…最近、各O…

  6. Booking.com

    Booking.comのNo Show処理は、チェックアウトの2日後以内にしましょう!

    2日後以降は「ノーショー」の処理が出来るボタンが消えますので操作は…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

何は無くともGoogleマイビジネスです!


ホームページ

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



宿泊に関するお友達のBlog

Twitter

  1. 川嶋雄司の独り言

    以前旅館で働いていた視点を持ちつつ、宿のネット販売をより快適にしたい。
  2. 一休.com

    コレは知っておきたい!│意外と知らない一休.com&一休.com キラリトの精算…
  3. 湯布院ファイト

    非常事態だからこそ発信を
  4. ねっぱん!++

    ねっぱん!の機能改善│メール通知機能がちょっと便利に!予約チェックイン時刻を追加…
  5. 川嶋雄司の独り言

    「第1回 大分デジタル販促まるわかり勉強会」に参加して来ました!Part.2
PAGE TOP