一休.com

一休.com丨一流かつ高級ホテル・旅館であれば「一休Plus+」だけでブランディングするのもアリ!?


「ONLY at IKYU」 一休Plus+とは?

一休.comの中でも、「一休Plus+」って聞いた事ありますでしょうか。



いわゆる 一休.comの中でも、更に厳選された宿の掲載になります。


【一休Plus+ 登録施設】
http://www.ikyu.com/plus/

【一休Plus+とは?】
一休.comがご紹介する宿の中から厳選した、さらに上質な体験をお約束する特別な宿。 インターネット専業宿泊予約サイトの中では、一休.comでのみ予約をすることができます。


「一休Plus+」の掲載条件として、数ある宿泊予約サイト(じゃらん・楽天トラベルなど)があったとしても、一休.comでしか販売しない約束となります。

それがデメリットになるかも?ですが 「一休Plus+」の掲載メリットとして、他社宿泊予約サイトで販売しない事により 一休.comの手数料が若干安くなったり、エリアの表示順位を固定して上位表示してくれたりと、優遇して優先的に販売して貰えると言うのはかなりの強味です。


自社ホームページ(以下:自社HP)と一休.comのみでしか売らないのであれば、この露出方法は充分アリと言えるでしょう。

サイトコントローラーも、複数サイトを管理しなくて良いですからね。

それに一休.comは 特に最低価格保証(ベストレート)じゃなくても大丈夫なサイトなので、一休.comで発見して貰い、その後少し価格の安い自社へ誘導しやすいと言えます。
(例:土曜日や祝祭日はサイトコントローラーで自社HPでしか販売しないようにして、それをリピーターに意識付ける)

なので「一休Plus+」に載れば、必然的に自社HPの予約も伸ばせます(キッパリ)


サイトコントローラーで多角販売が割と一般的になりつつある今、一流&高級ホテル・旅館にとって”ブランディング”や”マーケティング”・管理の簡素化と言う視点で見ても、こう言う売り方はイケてると言えます。

なお紹介施設様を見てみると、高級系チェーングループ系の宿泊施設が多いですね。
では参画条件等チェックしてみましょう!

「一休Plus+」の参画条件とは?

通常の一休.comに参画する宿は、専任のスタッフが厳正な審査を行っています。

そのさらに上のステップの「一休Plus+」として契約できる宿には、一休.comのスタッフの中でも 特に宿に精通している限られたスタッフの数名が、全国を飛び回って実際に足を運んで審査を行っています。

※昨年のデータですが 北は北海道から南は沖縄まで、2018年9月現在で契約施設は80以上あります。

世界的に有名なガイドブックで5つ星を連続で獲得しているラグジュアリーホテルや、今までインターネットでの予約を受け付けていなかった老舗の高級旅館、知る人ぞ知る隠れ宿など、旅慣れた一休ユーザーにも満足して貰えるような個性豊かな宿が揃っております。

「一休Plus+」に選ばれてきたケース

パターンは2つです。

『既に一休に参画されている宿の中から一休Plus+になる場合』
『新規で一休Plus+として参画して貰う場合』

この2つのどちらの場合でも 実際に宿泊されるお客様はもちろん、宿にとっても一休.comにとってもミスマッチがないように、一休.comのスタッフが何度も繰り返し足を運んでチェックしたり、経営者・女将等とお話しして納得がいくまで厳正な審査を行います。

審査の方法は『客室』『温泉』『食事』などのいくつかの項目と、市場的な評価を総合的に見て、一休Plus+としてパートナーになれるかどうかの判断をしています。
※市場的な評価というのは、わかりやすいものだと御三家や、ルレ・エ・シャトー加盟、あとは代々続く老舗の宿です。

さいごに

「一休Plus+」、いかがでしたか?

利用者としても一度は泊まってみたい宿泊施設ばかりですし、宿のネット担当者にとっては おそらく2サイト(自社HP・一休.com)だけの管理になりますので、複数サイトで販売している宿よりも きっとオペレーションが楽でしょう。

ちなみにそれでもサイトコントローラーはちゃんと活用された方が良いです。


「一休Plus+」を選ぶか?
それともサイトコントローラーで多角販売すべきか?


一流・高級ホテル・旅館の経営者にとって、実は悩ましい選択・問題なのかも知れませんね。


The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形県・佐賀県など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン・Beds24)を愛用し、現在20予約サイト・3自社予約フォーム・4サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. 一休.com

    新しい出会いを応援。『フェイスシーン』 × 『一休.comレストラン』がなんと業務提携!

    独身限定ソーシャルアプリと厳選レストラン即時予約サービスの異例のコ…

  2. 一休.com

    ■一休.comの画面がいつの間にかスッキリ♪いい感じにチェンジ!

    旅館やホテルが忙しい時期にこっそりリニューアル!こんにちは!予…

  3. じゃらんnet

    電話予約対応のスタッフが少ない場合、全てコールセンターに流すのもアリ!?

    食事提供時やチェックイン・アウト時は、無理して電話予約は取らなくて良い…

  4. 一休.com

    【保存版】改めて知る、一休.comの特徴について・まとめ

    カスタマー(顧客)が一休.comを使う理由とは?前回の続きです。一休.…

  5. DirectIn

    爆速のYahoo!トラベル、その存在感と今後の展開を読み取る

    企業買収・クーポン施策・Tポイント囲い込み等様々コレはビックリ!?なん…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

何は無くともGoogleマイビジネスです!


ホームページ

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



宿泊に関するお友達のBlog

Twitter

  1. じゃらんnet

    お申込みがまだの方は急げ!│【先着順】「じゃらんフォーラム2017」現在受付中
  2. 楽天トラベル

    夏休み前までの閑散期対策とは?│直近で出来る事を総合的に考えてみた 〜Part.…
  3. 川嶋雄司の独り言

    豊後高田・昭和の町の老舗大衆食堂「大寅屋」さんに行って感じた事
  4. 手間いらず.NET

    2019年2月19日/TEMAIRAZUがアップデート丨海外OTA(宿泊予約サイ…
  5. じゃらんnet

    【お詫び】じゃらんパックの泊数制限、設定出来ますのでしっかり登録しましょう。
PAGE TOP