OYO

ヤフー、「OYO LIFE」運営会社との提携解消により、今後「OYO Hotels」はどうなる?

Pocket

日本で成長していく上で、日本の細かなルール確認・調整が必要と感じます

鳴り物入りで日本に入って来た、ホテル業界に革命を起こしたインド発のメガベンチャー「OYO(オヨ)」ですが…賃貸事業はちょっと暗雲立ち込めて来た感じでしょうか。




2020年3月にサービスを開始した、敷金・礼金・仲介手数料0円のアパートメントサービス「OYO LIFE(https://www.oyolife.co.jp/)」を運営するOYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPANの保有株を、ヤフーが売却したと2019年12月17日報じられ、OYOが日本市場戦略で手を組んでいたヤフーとの合弁関係を解消していたことが明らかになりました。

【OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPANとは?】
インドのスタートアップであるOYOとヤフーの合弁会社として設立。
敷金・礼金・仲介手数料0円のアパートメントサービスとして、設立当初から大きな話題を呼びました。
入居者が、家事代行サービスやカーシェアリングなどのサブスクリプションサービスを利用できる「OYO PASSPORT」などの独自サービスを用意し、新しい賃貸の形を提案していた。


報道によると、ヤフーが賃貸事業の「OYO LIFE」運営会社から出資を引き揚げる事態となり、ヤフーは既に合弁関係を解消していますので 解消の理由は明らかにされておりません。



なお、ソフトバンク、ソフトバンク・ビジョン・ファンドとの合弁会社(OYO Hotels Japan)が日本ではサービスを2019年10月に始めたばかりなのに、Traicyさんでこのような記事がもう出ちゃいました…。


OYO Hotelによる契約問題、宿泊施設活性化機構が公式見解 「被害者の会結成には支援」
https://www.traicy.com/20191210-oyo_jalf


そんな機構あったの?って思った業界の方もきっと多いでしょう(笑)
しかしココまで踏み込んだ記事からして、相当酷いって事なのかな。。

実際にこれだけでは実態の全ては分かりませんが、期待に反して体制が整っていないと言うトコロでしょうか?

では本国インドを含め、各国でなにかと問題が浮上しているホテル事業を改めてチェックしてみましょう。

OYOの

OYO hotels(https://www.oyohotels.co.jp/)のサービスは日本や中国を含めた80カ国以上に広がり、グローバル企業へと成長を続ける一方で、本国インドではクライアントであるホテルのフランチャイズオーナーから契約に対して不満の声が噴出しており、複数の訴訟を起こされています。

その多くは、オーナーに対する支払い不履行が原因のようですね。


またOYOはフランチャイズのロイヤルティー以外に、最初に開示されていない料金の支払いをオーナーに課すことがあったと言い、契約の不透明さにも批判が集まっているようです。


他にも…

部屋が不衛生
・Wi-Fi使えない
・前払いしてるのに当日も請求
・予約が取れてなくて別のホテル(1,200km先)へ案内された

などなど、日本のホテルではあり得ない評判をチラホラ聞くようになりました。

さいごに

元々質の悪い粗悪なホテルが多い中国やインドでは OYOはハマるかも知れませんが、そもそも質のいいビジネスホテルが多い日本ではニーズがあるのか非常に疑問です。



なので本業のホテル事業は、日本市場とかなり相性が悪そうな感じもします。


「来年(2020年)春には客室数で国内最大のチェーン規模に成長する」


との計画だったのようですが、やってることが割と破壊的かつ急成長にこだわり過ぎて、体制が追いついてないんでしょうね。

ではまたOYOについて何か問題が起きたら、Blogで書こうと思います。



「OYO / 記事一覧」
https://kawashimablog.com/yufuin/?cat=2706


「YouTubeでも解説しています / カワシマチャンネル」
https://www.youtube.com/user/ebimaido1


The following two tabs change content below.

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。現在は大分県国東市在住。 大分県を中心に、箱根・山形・佐賀など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!++・TL-リンカーン)を愛用し、現在約20の宿泊予約サイト・5自社予約フォームを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

ピックアップ記事

  1. Go To トラベルキャンペーン丨ココに来て、ひょっとしたら楽天トラベルが撤退す…
  2. Relux丨「新型コロナウイルス感染症対策」表示機能をリリース

関連記事

  1. OYO

    OYO LIFE丨2019年2月から約2年、日本国内の不動産賃貸事業から撤退へ

    OYO LIFEは、やはり割高感を感じずにはいられませんでした2019…

  2. OYO

    OYOの成長スピードは異次元!丨日本の「OYO LIFE」オフィスでアレコレ聞いてきた

    「OYO LIFE」は家賃のほか、電気代・ガス代・水道代・Wi-Fi・…

  3. 川嶋雄司の独り言

    テクノロジーを味方につけよう!丨宿泊のWebセミナー講師としてお話して来ました Part.2

    宿泊に携わるなら、5GとOYOは知っておかないといけないと感じる前回の…

  4. 川嶋雄司の独り言

    東日本大震災から8年丨災害時にOYOのようなサービスがあればと願う

    3.11 被災した場合にOYOを活用出来ないか?考えてみた今から8年前…

  5. DirectIn

    ヤフー(Zホールディングス)とLINE丨経営統合によって起こるだろう、宿泊予約の世界を紐解く Par…

    今後も買収劇が続く場合、どこを狙うのかを予想してみた前回の続きです。ヤ…

  6. OYO

    世界6位のホテルチェーン「OYO(オヨ)」が、遂に日本でもホテル事業を開始!

    アパよりも多い客室数のOYO丨テクノロジー活用の変動価格などを武器に、…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

ホームページ

カテゴリー

人気のBlog記事



主要なOTA(宿泊予約サイト)一覧

Twitter

<川嶋が宿泊のトレンドをYouTubeで発信!>

Zoom&LINEコンサル始めました

「マーケティング・経営ランキング」で参加しておりますので、良かったらポチッとお願いします

宿泊に関するお友達のBlog

  1. じゃらんnet

    【どうせお申し込みするならお早めに】来年度版の販促サポートパック早期お申し込み、…
  2. Go Toキャンペーン

    宿泊施設向け丨知ってて得する「Go To キャンペーン事業」を解説 Part.1…
  3. 楽天トラベル

    ■ココに来て、台風の影響で空いたお盆をどう埋めますか!?
  4. LINEトラベルjp

    メタサーチのLINEトラベルjpが、ラブホテルなど「レジャーホテル」を掲載!
  5. 川嶋雄司の独り言

    自然災害が起きた後、被害が無かった宿泊施設でやっておきたい事
PAGE TOP