川嶋雄司の独り言

また出た!丨契約していないのに売り出される謎の宿泊予約サイト「zenhotels. com」

Pocket

Trip.comやHotelQuicklyと言った、比較サイトプラットフォームの類か?

今日はBooking.comと契約しているクライアント様の出来事を書こうかと思います。

Booking.comってそれ以外のサイトが安かったりすると、Booking. comの営業の方から下記のような自動メールが来ますよね?




昨日(2018/12/18)の事なのですが、まぁたまーにコレって送られてくるから なにげにスルーしようと思ったのですが…

なんとトリップアドバイザーで「zenhotels. com」が最安値になっていると言うお知らせが来ておりました。


そもそもサイトコントローラーで料金を一元管理しているし、そんな宿泊予約サイトとは契約していないので おかしいなぁっと思って実際にトリップアドバイザーを見てみると。。

 



ホントでした(苦笑)
次から次へと…ヤレヤレ。

うーん、これはメタサーチ(料金比較サイト)なのかな?
いやいやトリップアドバイザーがメタサーチなのに、またそこにメタサーチが掲載されるって有り得ないか。。

って事で、Trip.comやHotelQuicklyなど 次から次へと海外の怪しい宿泊予約サイトが出て来ておりますので、コチラも警戒しておいた方が良いかも知れませんよ。

zenhotels. comを調べてみました

ではそのzenhotels.comはコチラになります!




「zenhotels.com」
https://www.zenhotels.com


サイトはAirbnbのような最近主流って感じの作りで、zenhotels.com自体は2014年からあったようですね。
上部コールセンターがアムステルダムってなってるから、オランダの会社なのかな?

【zenhotels.comとは?】
ZenHotels.comは、2014年に開始された個々の旅行者のためのオンラインホテル予約サイトです。
ZenHotelsでは、ホテル、ホステル、アパートメント、キャンプ場の中からさまざまなタイプの宿泊施設を提供しています。ユニークな技術、多言語の顧客サポート、ホテルやグローバルな供給組織との直接契約は、魅力的な価格とパーソナライズされたサービスを顧客に提供します。
ZenHotels.comでは、220カ国の100万以上のオプションからあらゆるタイプの宿泊施設を選択し予約することができます。


謎多きzenhotels.comですが、コチラには「世界中の50以上の市場の顧客にサービスを提供する個々の旅行者のための国際ホテル予約ウェブサイト」って書かれております。


その後、SNS等でzenhotels. comの事を調べた結果ですが…

・アメリカ・マサチューセッツのEmerging Travel グループ(zenhotels. comは子会社)
・創立者はイギリスのイートンとかホクスフォード大卒のロシア人(金持ちのボンボン?)
・コールセンターはキプロス(問合せ番号の国番号+357がキプロス)


こんな情報が集まりました。
コールセンターがキプロスって…怪しさ度数UPですね(笑)
本社であるかどうかは不明です。


なお料金が最安値になっていた事に関してですが、仮説として…



Get access to our special offers with discounts of up to 20%
(最大20%の割引で弊社の特別キャンペーンにアクセスできます)


このキャンペーンが影響しているので、トリップアドバイザーで安く表記されてしまうのかなって感じました。

さいごに

その後Twitterで、このようなリプライ(返信)もあったのでご紹介させて頂きます。



ちょ…Nustayってなにーーっ!?!?
どうやらNustayって言う宿泊予約サイトでも、契約していないのにも関わらず 販売されている様です。




「Nustay」
https://nustay.com/


Nustay、聞いた事ありますか?
今回は長くなったので、コチラはまた次回調べてBlogに書きますね。


ちなみに、最初にご紹介した施設様のその後の事なのですが…



数時間後に見てみると、zenhotels.comの方が逆に値段が上がっておりました。

その他の日もランダムに検索をかけても、1名930円(2名で1,861円)ほど常に高い状況になってますね。
コレは一体何がしたかったのか…zenhotels.comは本当に謎です。



最近は、もはや宿泊施設側が「そんなサイトと契約していない」と目くじら立てても ダメな次元になって来ているように感じます。

それに消費者側もそうなのですが、最安値だからと行って知らない宿泊予約サイトを利用する事がどれだけリスキーなのか?
過去のTrip.comHotelQuicklyの記事を見て頂けると分かって頂けるかと思います。


宿も予約者も、自衛する方向で行かないといけない時代になったのもなんだか寂しい気もします。
こうなって来ると、自社ホームページからのご予約が一番安心・安全だと言えますね。

では、またこう言った怪しそうなサイトがありましたらBlogで書き綴りますね。


The following two tabs change content below.

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。21歳の時 九州〜福井を自転車旅行した際、大分県湯布院町が気に入りそのまま移住。現在は大分県国東市在住。 大分県を中心に 山形県・福島県・茨城県・神奈川県・佐賀県・熊本県など、全国各地の旅館やホテルのネット集客のコンサル・WEB集客のサポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!++・TL-リンカーン)に重きを置き、現在約15の宿泊予約サイト・7つの自社予約フォームを使い多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げております。

ピックアップ記事

  1. Go To トラベルキャンペーン丨ココに来て、ひょっとしたら楽天トラベルが撤退す…
  2. Relux丨「新型コロナウイルス感染症対策」表示機能をリリース

関連記事

  1. じゃらんnet

    ■もう旅行雑誌の意味合いなんて無くなってしまったのかも知れない。

     雑誌はかさばる。アプリはかさばらないし便利こんにちは!予約サ…

  2. 楽天トラベル

    【強烈な欲求を呼び起こす販促】似たようなモノより突き抜けたモノが支持される時代へ。

    石橋を叩いて渡った商品にヒットは無い。独自性に見る今後の宿泊のカタチこ…

  3. 川嶋雄司の独り言

    由布院駅前でライブ│韓国伝統音楽「サムルノリ」で元気をアピール

    駅前の空きスペース、今後発信スペースとして活かせられると良いかもこんに…

  4. 川嶋雄司の独り言

    2020年の祝日はココに注目丨訪日客の多い東南アジア諸国の7〜9月の祝日を要チェック Part.3

    2020年は、オリンピック・パラリンピック期間をしっかり把握しましょう…

  5. 川嶋雄司の独り言

    来年の旧正月はいつ!?│そろそろ来年2018年の春節を意識しよう。

    正式には、当年の12月に中国政府が発表します中国最大のイベントと言えば…

  6. Airbnb

    旅館やビジネスホテルの値上げと共に、Airbnbなどのネット仲介サイトが今後も広がりをみせる。

    今こそ、民泊にルールと決まり事を作る時期だと私は思います。こんにちは。…

アフターコロナに向けて多言語AIチャットボットに注目!

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

カテゴリー

人気のBlog記事



サイトコントローラー「Beds24」2ヶ月間無料トライアルOK!!

ホームページ

主要なOTA(宿泊予約サイト)一覧

Twitter

「マーケティング・経営ランキング」で参加しておりますので、良かったらポチッとお願いします

<川嶋が宿泊のトレンドをYouTubeで発信!>

Zoom&LINEコンサル始めました

  1. 川嶋雄司の独り言

    親からされて来た事って自然と自分もやっていると思う。
  2. 川嶋雄司の独り言

    2019年の祝日はココに注目丨訪日客の多い東南アジア諸国の10〜12月の祝日を要…
  3. ホテルの業界用語

    【知ってて得するホテルの業界用語】今注目の長期滞在「サービスアパートメント」とは…
  4. ねっぱん!++

    ねっぱん!連動のお知らせ│熊本県民必見!地元人自らが情報発信する「熊本の魅力」再…
  5. 一休.com

    ■一休.comの画面がいつの間にかスッキリ♪いい感じにチェンジ!
PAGE TOP