Booking.com

テクノロジーの進化に注目│掲載施設数100万軒を突破したBooking.comの今後とは?


ホテルへの連絡、時差、ゲストと宿泊施設の言語の壁など、Booking.comは全てテクノロジーで解決して行きます。

ココ最近、ボクはBooking.comのテクノロジーの使い方がうまいトコロに注目してます。

なぜなら今まで世に出なかったサービスを 新しいテクノロジーをうまく利用して、今後どんどん展開しようとしているからです!


先月発表があり 日本でのサービス提供はまだですが、Booking.comは7月19日に「Booking Experience(ブッキング・エクスペリエンス)」のテスト運用を開始したことを発表しました。


コレはどう言ったモノかと言うと、Booking Experienceはスマホからカンタンに旅先の様々な観光スポットやアクティビティー、オプショナルツアーを検索および予約出来る機能ですね。

モバイル端末に特化した機能で各ユーザー向けにカスタマイズされた情報を提供。リアルタイムで現地のアクティビティーを予約することが可能になります。

「Booking Experience」の凄いトコロとは?

例えば今まで旅行先では「宿泊はBooking.com」「観光情報はYahoo!やGoogle検索」「レストランは食べログ」などと、それぞれを使い分けていました。

しかしBooking Experienceが出現すれば、他サイトやアプリに誘導されることなく、全ての旅行のプロセスがBooking.comのアプリ内で完結されそうです。


ユーザーがBooking Experience対象都市で宿泊予約をすると、アプリ内にQRコードが発行。

そのQRコード1つで、Booking.comに登録されている市内の観光スポットやアクティビティーを即時予約することが出来る様になります。
 
※このサービスはAndroidおよびiOSアプリからアムステルダム市内限定で利用可能。7月末にはパリ、ロンドン、およびドバイ、今秋にはニューヨークでのテスト運用開始予定。

新機能「Booking Message」では宿泊施設とゲストのダイレクト・コミュニケーションを実現

続いてブッキング・ドットコム・ジャパンは5月9日、宿泊施設とチャット形式で連絡しあえる新機能「Booking Message」を発表!

これにより、Booking.comのウェブサイトおよびiOS/Android用アプリで利用できるメッセージング機能で、宿泊施設とゲスト間で直接やり取りが可能になります。

Bookingメッセージ
しかも送受信したメッセージを自動翻訳する機能が特徴で、国内のみならず海外の宿泊施設に対してもリクエストを送ることがで出来ます。

今後は「チェックイン/チェックアウト時間の連絡」「駐車場の手配」「希望のベッドタイプ」などの定型文を翻訳して送信することも可能ですね。

※翻訳は日本語を含む42ヵ国語に対応。

まとめ

既に全ユーザーに提供を開始している「Booking Message」は、パートナー施設への提供は段階的に行う予定のようです。

これは、かねてよりBooking.comが提供している宿泊施設向けモバイルアプリ「Pulse」との統合を予定している為ですね。

この統合により、当日チェックイン/チェックアウトするゲストの一覧や新規予約などのリアルタイム通知に加え、「Booking Message」経由で入るゲストからのリクエスト対応が「Pulse」のアプリひとつで可能に!
やっぱりBooking.comは一歩先に行ってます。


この統合が実現すれば、ユーザーは現在Pulseアプリを利用する15万軒もの宿泊施設に対して、チャット感覚でリクエストを送れるようになります。

もうどんな事も取り敢えずやっちゃう姿勢が素晴らしいな〜。


ボクはサイトコントローラー(チャネルマネージャー)を使った複数サイトでの販売を推奨してますが、もうBooking.com一つのアプリ・一つのサイトで旅行の色々が完結してしまうかも知れません。

でもそうなるとサイトコントローラーを使う意味が無くなりますね。Booking.comもソコがミソなのでしょう。


他のOTAの追従も今後が楽しみです。

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は大分県・由布院温泉エリアを中心に、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン)を愛用し、現在25予約サイト・3自社予約フォーム・3サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売が可能に。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. Booking.com

    毎年恒例の楽天トラベル新春カンファレンスに参加しきました!

    今後の楽天トラベルへの課題はインバウンド、そしてスマホ対策今年…

  2. じゃらんnet

    【緊急用】GW、何かトラブルが起きた場合はコチラをチェック!

    ダメモトでもとにかく連絡を!!各OTA(宿泊予約サイト)やサイトコント…

  3. Booking.com

    Booking.comのNo Show処理は、チェックアウトの2日後以内にしましょう!

    2日後以降は「ノーショー」の処理が出来るボタンが消えますので操作は…

  4. じゃらんnet

    ■コレは便利!18サイトがカンタン比較『BIGLOBE旅行』、アプリ『旅比較ねっと』

    1/22に追加で『dトラベル』など4社の旅行サービスと提携。現在合…

  5. Booking.com

    【楽天スマートペイ導入施設様へ】来月より「ライアビリティシフト(債務責任の移行)」が国際的ルールとし…

    「イヤホンジャック差込タイプ」でスマホ決済している宿泊施設および小売店…

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



  1. 楽天トラベル

    楽天トラベルが突然の料金体系改定のお知らせ!実質宿泊手数料の値上げになります。
  2. じゃらんnet

    じゃらんnetの「販促クーポン」を申し込んだけれど、作り方が分からない人へ
  3. 手間いらず.NET

    ボクの中の聖地│3年ぶりにサイトコントローラー・手間いらず.NETの会社へ
  4. 手間いらず.NET

    日々の在庫・残室を知りつつ利益最大化を目指す│手間いらず.NETアップデート「在…
  5. エクスマ

    旅行業に携わる人は、旅する喜びや移動の楽しさを体験した方が良いと感じる
PAGE TOP