楽天トラベル

OTAは広告やプロモーションの話はするが、マーケティングやブランディングは殆どしてくれないと理解しておこう


それに近年複雑化した広告を、FAXで大量に流す古いやり方はもう辞めて欲しい

昨日クライアント様のお宿にて。
楽天トラベルのITC(Internet Travel Consultant)の方が来られると言う事で、まだお会いした事が無い方がいらっしゃると聞いたので、ちょっとご挨拶に伺って来ました。

お会いして間もなく、宿泊施設さまの現状把握やエリアの動向を教えてくださいましたが、その後にはもちろんの事のように。当然のごとく広告の案内があったりした訳で…。


今回アレコレお話をお伺いして、改めて「広告」や「プロモーション」との付き合い方を 今後はちゃんと考えなきゃいけないな〜って感じました。

【広告とは?】
広く世間に知らせること。特に、商品や興行物などを広く知らせ、人の関心を引きつけること。

 

【プロモーションとは?】
消費者の購買意欲を喚起するための活動。製品を広めること。



ボクが感じた違和感、それは「手数料(コミッション)と広告費の二重徴収」です。

「広告」や「プロモーション」を打てば当然の事ながら、宿泊実績に対する手数料にプラスして別途費用が発生しますよね?

それがもうホントに楽天トラベルやじゃらんnetでは当たり前になり過ぎていますので…ITCの方が特に悪いとかじゃないのですが、ココで感じた事をちょっと吐き出したいと思います。

広告を売るための営業スタイルはいつまで続けるのか?

あんまり言いたくは無いのですが、国内の宿泊予約サイトが出している雑誌のじゃらんや、じゃらんnet・楽天トラベルを中心としたWEBの広告商品。

特に楽天トラベルは「得旅」「バナー広告」「リスティング広告」「有料クーポン広告」「楽天SEM」…などなど、数年前と比べても広告の種類が増えましたよね?

まず、あの大量の広告FAXを辞めませんか?非常に紙がもったいないです。


あと やはり一番の考えどころなのが、広告を投じた上でのROAS(Return On Advertising Spend)
いわゆる「広告費の回収率」すら分からない仕組みが未だに野放し状態ですので、コレはお互いにとって絶対良くないと思うのです。

ちなみに海外OTAには余計な広告商品は特に無く、会員様優先による値下げプロモーションはとってもシンプル。
それにプランを別途作成したりなど、余計な作業や負担はほとんどありません。

Reluxのプロモーション「Reluxオファー」も、どちらかと言うと海外OTAに近いカタチかな?
しかも「Reluxオファー」はメタサーチにも出さず、割とクローズドですし。


「広告を売る」営業が無い海外OTAと、「手数料と広告の二重徴収」を続けている国内2強OTA。
果たして宿にとってどちらが良いのでしょうか?

さいごに

再度問います。
OTAの営業マンの方の本来の目的って「広告販売」や「プロモーション推進」でしたっけ?



それとも、湯布院の猫ちゃんがおもてなしする宿 オーベルゼ レ・ボーのように、ネコ好きだけにフォーカスした事によって生まれる「幸せな旅行の創出」でしょうか。



広告に関しては 宿側もただ言われたままに広告を買うだけじゃなく、誰の為の広告であるべきなのか?
今後OTAとどう向き合って行く事が双方にとって良いのか?
けして安い買い物では無いので、義理や今までの流れや惰性で判断するのではなく、今一度付き合い方を自分なりに考えてみませんか?


なお、いつの間にか忘れ去られそうになっている宿泊施設の「マーケティング」
わかりやすく表現すると「売れる仕組み作り」や「その市場を知る事」。

企業側が強引に売り込むのではなく、消費者が「買いたい!」「泊まってみたい!」と強烈に思ってもらえる環境を整える事。


そして「ブランディング」
「ユーザーが持っている共通のイメージ」「実態のない価値」の事を指しますが、そこに泊まるべく理由や他には無い価値・間違いのない安心感などなど。


ココを混在している方も非常に多いのですが、「広告」&「プロモーション」は「マーケティング」&「ブランディング」とは全然違います。


OTAにお金や労力をかけるのも分かりますが、将来的にはそこにあまり頼らなくても大丈夫なように、自身の宿の「マーケティング」や「ブランディング」も気にかけて参りましょうね。


The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形県・佐賀県など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン・Beds24)を愛用し、現在20予約サイト・3自社予約フォーム・4サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. 川嶋雄司の独り言

    した事ない事にチャレンジ出来た事に感謝!

    「どっとこむおおいた」さんのご協力の元、お話させて頂きました。こんにち…

  2. 川嶋雄司の独り言

    予約時、備考欄に「誕生日」や「記念日」等、アピールへの対処法を考える。

    クチコミ投稿を楯に、無料のプレゼントやお部屋のアップグレードを期待か?…

  3. 川嶋雄司の独り言

    ●●に困ったら頼られるような発信を

    ボクのまわりでバイクが欲しい人がいたら、間違いなく上島りゅうちゃんを紹…

  4. おすすめランチ・ディナー

    独立して約5年・Blogを毎日書き続けて約2年、これからも旅の創造者でありたいと願う。

    今日はゆるく行きます(笑)こんにちは。旅館のネット販売の幅を広げて、宿…

  5. 川嶋雄司の独り言

    親の思ったように育たなくてもイイ

    自分の中の見えないリミットを外す新しい年度の始まりに、ボクが思う事を書…

  6. 川嶋雄司の独り言

    【超時短!】時間のかかる口コミ返信をカンタン便利に│「宿から返信ラクリプ」

    これまで口コミ返信が中々出来ないと悩んでいた方は、ぜひ一度お試しくださ…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

何は無くともGoogleマイビジネスです!


ホームページ

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



宿泊に関するお友達のBlog

Twitter

  1. じゃらんnet

    自社HPの予約システムを再度考える。じゃらんnetの「ホームページダイレクト」P…
  2. Expedia

    Expediaの決済方法を考える Vol.2丨実はBooking.comの現地決…
  3. 手間いらず.NET

    宿の仕事を続けて11年、そして今日で42歳になりました。
  4. 川嶋雄司の独り言

    ■年末年始の販売を振り返って
  5. 未来のテクノロジー

    宿泊施設の顧客管理をもっとカンタンにする方法
PAGE TOP