おすすめランチ・ディナー

ホテレスに向かうその前に Part.4│北陸方面から草津温泉はどうやって行くのか?調べて来ました。


 金沢駅から出ている北陸新幹線で、まずは軽井沢まで行くのがBESTでしょう!

先日の続きです。


「ホテレスに向かうその前に Part.3」
https://kawashimablog.com/yufuin/?p=22194


2/19の朝早く起きて、金沢を後にしました。



ちなみに駅構内のホテルヴィアイン金沢さんに宿泊しましたが、金沢出張にはとっても便利でしたね!
コンビニは1階にあるし、立地は最高です。

それにエレベーターホールから見えた朝焼けがとってもキレイでした。



では7時23分・金沢駅発の北陸新幹線「はくたか554号」に乗車です!

北陸新幹線とは?】
上信越・北陸地方を経由して東京都と大阪市とを結ぶ計画の高速鉄道路線(新幹線)であり、整備新幹線5路線の一つである。
また、高崎駅以東については、全列車が上越新幹線および東北新幹線を経由して東京駅まで乗り入れている。


北陸新幹線が気になる方はコチラをチェックですよ〜。
↓ ↓ ↓

「北陸新幹線スペシャルサイト」
http://hokuriku-w7.com/


北陸新幹線、ボクは初めての乗車です。いや〜嬉しいな〜っ!!


のんびり朝ごはんを食べながら、草津温泉まで大人の遠足スタート!



このフック、本来はビニール袋を引っ掛けたりするトコロなのでしょうけれど、切符置き場にしました。

ちなみにこの写真はiPhone Xのポートレートで撮影しております。
いい感じに背景がボヤケて、単焦点レンズで撮ったみたいに見えますね。さすがiPhone!



道路は大丈夫そうなのですが、富山付近もまだまだ雪が残っております。



新潟に入ると、山々は更に真っ白でしたね!


金沢→富山→新潟→そして軽井沢のある長野県へと移動。
長野市に入ると、雪はあんまり無かったかな?

やっぱりアレですね…この北陸新幹線は山が多いトコロを通るのでトンネルも多く、スマホが使えない箇所が多かったです。(不便と言うほどでもありませんでしたが)

軽井沢駅から徒歩1分!昭和の食堂っぽい雰囲気が味わいたい方へ

金沢駅を出発して約二時間。
遂に軽井沢駅に到着しました!


ではココ軽井沢から草津温泉まではバスに乗り換えです。

って事で、バスターミナルのある軽井沢駅北口へ向かいましたが…


この日2/19は雪は降っていないのにかなり寒い!!
それにバスターミナルには待ち合い室も特に無〜いっ…

しかも草津温泉行きのバスが来るまでの40分、どこかで待機しないと。。


って事で休憩出来そうなお店を発見しました!
軽井沢駅(JR&信濃鉄道)北口から徒歩1分、どことなく山小屋風の「レストランまるほん」さんです。

お土産屋さんの2階が食堂になっており、ここからバスの出入りも確認出来るので中々便利かも?



店内は、昭和の時代から時がストップしたような…



軽井沢的プチレトロテイストと言って良いでしょう!


バスが来るまでの待ち時間、ボクらはコーヒーを注文。


コーヒー1杯450円とは嬉しい!これで身体が温まりましたね〜っ。
観光地・軽井沢駅前なのに驚きの低価格です!
(バスターミナルの向かいにも喫茶店があったのですが、コーヒーが800円だったので…)

ちなみにお食事メニューも色々ありましたよ。
乗車までの時間調整や、昔ながらの懐かしい雰囲気がお好きな方にオススメのお店です。



レストランまるほん

[食] https://tabelog.com/nagano/A2003/A200301/20008696/
[Retty] https://retty.me/area/PRE20/ARE227/SUB22702/100000886909/
[℡] 0267-42-2061
[住] 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東4-5
[営] 8:00~19:00 日曜営業
[休] 火曜
[Google maps] https://goo.gl/z9EdVg

さいごに

休憩後、長野県は軽井沢→群馬県は草津温泉行きのバスに乗車しました。

「草軽交通バス」
https://www.kusatsu-onsen.ne.jp/access/train03.php



楽天トラベルの山田さんが、向出さんに事前に「草軽交通バス」を教えてくれたんですよね〜。
ありがとうございます!!


軽井沢10:10発→草津温泉11:26着。

コレに乗れば、軽井沢から一時間ちょっとです。




軽井沢の街並みや自然の風景を見ながら、いざ草津へ向かいました!(つづく)

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形県・佐賀県など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン・Beds24)を愛用し、現在20予約サイト・3自社予約フォーム・4サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. 川嶋雄司の独り言

    その一瞬が一生の思い出になる│娘の卒園をキッカケに台湾へ行って来ました Part.4

    台北で観光してみたいとお考えの方へ昨日の続き。台湾に到着した翌日はツア…

  2. 川嶋雄司の独り言

    2017年も、各OTAの方・サイトコントローラーの会社の方に大変お世話になりました!

    BlogやSNSを通じて、たくさんの方に自分の考えが届いた一年でした。…

  3. 川嶋雄司の独り言

    羽田空港から東京ビッグサイトまで、乗り継ぎ無く移動するオススメの乗り物は ずばりコレ!

    羽田空港からホテレスに行こうとお考えの方へ昨日の続きです。ちょっと先の…

  4. 川嶋雄司の独り言

    ボクの好きなミュージシャン│念願のnoonさんのLIVEで癒やされて来ました!

    実は10年来、noonさんのファンなんです♪先週の金曜日の夜、大分市の…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

何は無くともGoogleマイビジネスです!


ホームページ

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



宿泊に関するお友達のBlog

Twitter

  1. 湯布院ファイト

    同級生は大歓迎│中学3年生の時の同級生がホントに遊びに来たよ!
  2. 川嶋雄司の独り言

    電話や現地決済でGWの予約を受けた宿泊施設さまへ丨GWを迎えるにあたって、いま気…
  3. Booking.com

    まずは名門大洋フェリーから丨Booking. comが遂に日本国内のフェリー予約…
  4. じゃらんnet

    じゃらんnet、次の一手とビジョン Part.1│国内の総旅行回数を増やすべく、…
  5. 手間いらず.NET

    【最新版!】国内のサイトコントローラーを導入したいとお考えの宿泊施設様へ!
PAGE TOP