じゃらんnet

じゃらんnet丨「Google Hotel Ads(Googleホテル広告)」に掲載開始へ

Pocket

メタサーチ掲載により、今後じゃらんnetの全体的な手数料が上がるか?
広告経由の予約のみ、別途手数料を徴収するのか?
ますます自社予約の存在意義が更に高まる

2017年にはトリップアドバイザーから。
2020年にはトラベルコと、メタサーチ(料金比較サイト)から撤退したと思われていたじゃらんnetでしたが、お友達のツイートで改めて知る事となりました。


ふむふむ。
じゃらんnetはメタサーチからドンドン遠ざかっていただけにビックリです!

【じゃらんnetとは?】
(株)リクルートが管理・運営する、宿泊予約も可能な旅行情報サイトです。

 

【メタサーチとは?】
1回キーワードを入力するだけで、複数の検索エンジンで検索が実行され、検索結果が表示される検索サービスのこと。 


では実際に検索して見てみましょう。
すると…



このように掲載されております。
なるほど…コレはちょっと新鮮ですね。

この件に関するフォロワーさんの反応とは?

では宿泊業界に携わられている方々のツイート・反応を見てみましょう!






 

 

 

 



最後のガクさんのツイートが絶妙ですね(笑)

※じゃらんnetとGoogleに関するツイートを引用させて頂きました。皆様ありがとうございます。

さいごに

数年前まで トリップアドバイザーやトリバゴ等のメタサーチがブイブイ言わしていた時代がありましたが、この数年でGoogleがあっさりその流れを塗り替えてしまいました。
メタサーチから手を引いたと思われていたじゃらんnetも、Google経由の予約が重要と思われての決断だったのでしょう。

しかしソコを経由した予約に対して、じゃらんnetはGoogleに対して一定の手数料を払わなくては行けなくなります。
ではその手数料、今後どこで補填しようとするのか…皆さんもうお気づきですよね?

だからと言って消費者も宿泊施設も「メタサーチを使うな」とは言ってません。
実際、料金・空室等の比較検索はとても便利ですからね。

なのですが 一見便利そうに見えるメタサーチのサービスの影で、特に国内OTAの手数料を徐々に上げざるを得ないと言う現実が 少しでもご理解頂ければと思います。

そうなるとOTAやメタサーチで露出しつつ、今後はいかにして自社予約に誘導して取り込んで行けるかが重要になって来る訳です。



その場合、Google経由で?
それとも広告やメタサーチに頼らない「真の自社直」を目指すのか?

●OTAの手数料:約8〜15%
●広告・メタサーチ経由の手数料:約4〜10%
●自社直:0〜3%(tripla等)


何も経由しない真の自社直予約を目指して

今からその道筋を知っておいて、少しでも構築して行かなければいけない時代が来たんじゃないかなって感じております。

追伸

ちなみにお友達の中でこう言うご意見も頂きました。


コチラはまた調べておきます。
なので皆様、一度ご自身のお勤め先の宿も調べられてみてください。



【Google関連の記事一覧はコチラ】
https://kawashimablog.com/?cat=2725

【追伸】
「ブログ村」に参加しておりますので、良かったら「ポチッ」とお願いします!
https://blog.with2.net/link/?1766752

【ネット予約の販売・管理でお困りの方へ】
ネット予約の売り上げを伸ばしたい。
日々の宿泊トレンドを知りたい。
人手不足で、OTAのプラン延長やサイトコントローラーをうまく活用出来ていない等。

コチラからお仕事のご依頼も承っておりますので、お気軽にご相談くださいませ⇒CONTACT
※もちろんSNSのDM等でも結構です。

The following two tabs change content below.

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。21歳の時 九州〜福井を自転車旅行した際、大分県湯布院町が気に入りそのまま移住。現在は大分県国東市在住。 大分県を中心に 山形県・福島県・茨城県・神奈川県・佐賀県・熊本県など、全国各地の旅館やホテルのネット集客のコンサル・WEB集客のサポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!++・TL-リンカーン)に重きを置き、現在約15の宿泊予約サイト・7つの自社予約フォームを使い多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げております。

ピックアップ記事

  1. Go To トラベルキャンペーン丨ココに来て、ひょっとしたら楽天トラベルが撤退す…
  2. Relux丨「新型コロナウイルス感染症対策」表示機能をリリース

関連記事

  1. じゃらんnet

    2022年1月31日丨じゃらんnetの機能改善を15点実施! Part.4

    この度のアップデート、ユーザーの予約のしやすさに特化した改善案件でした…

  2. じゃらんnet

    じゃらんの宿ログをスマホでカンタン投稿する方法

    販促サポートパック導入施設は登録をオススメしますじゃらんnetで販売促…

  3. じゃらんnet

    【2018年 最新版】新たに宿を始めようとお考えの方へ│新規参画のお問い合わせフォームを集めてみまし…

    数ある宿泊予約サイトに新規参画してみたい宿泊施設様へ販売チャネルを増や…

  4. じゃらんnet

    11/1(火)10:00〜「九州ふっこう割」の第二期・第三弾のクーポンを一斉配布!

    今年はコレで最後!この機会に九州をたっぷり遊びつくそう。こんにちは、旅…

アフターコロナに向けて多言語AIチャットボットに注目!

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

カテゴリー

人気のBlog記事



サイトコントローラー「Beds24」2ヶ月間無料トライアルOK!!

ホームページ

主要なOTA(宿泊予約サイト)一覧

Twitter

「マーケティング・経営ランキング」で参加しておりますので、良かったらポチッとお願いします

<川嶋が宿泊のトレンドをYouTubeで発信!>

Zoom&LINEコンサル始めました

  1. じゃらんnet

    インバウンド販売には不向き│じゃらんnetの自社システム・ホームページダイレクト…
  2. 湯布院ファイト

    同級生は大歓迎│中学3年生の時の同級生がホントに遊びに来たよ!
  3. Expedia

    Expediaの決済方法を考える Vol.2丨実はBooking.comの現地決…
  4. 一休.com

    2016.4.5「一休.comキラリト」サービス開始 〜キラリと光る選りすぐりの…
  5. スマホアプリ

    Facebookが流行った時、twitterはもう終わったと思っていたが大間違い…
PAGE TOP