手間いらず.NET

サイトコントローラー・手間いらず.NET│予約サイトメンテナンスのメッセージが目立つように仕様変更


OTAのシステムメンテナンスを見逃すな!!

サイトコントローラーの手間いらず.NET(http://www.temairazu.com/)が 2017年10月23日にアップデートしました。

【手間いらず.NETとは?】
『手間いらず.NET』は、複数の宿泊予約サイトの一元管理を行うことができる宿泊施設向けのASPシステムです。
宿泊施設は、『手間いらず.NET』を利用することで、在庫の一元管理ができ、業務効率の向上、オーバーブックリスクの軽減、販売の最大化が実現できます。


今回は「予約サイトのシステムメンテナンスのアラート表示」が目立つ感じに仕様変更!

予約サイトのメンテナンス中とメンテナンス終了後に、手間いらずの在庫コントロール画面にメッセージが出るようになりました。
↓ ↓ ↓



システムメンテナンス中は、サイトによって在庫が更新されなくなりますので注意が必要です。
このようにメンテナンス終了後も、メッセージは終了日当日24時まで表示されます!

さいごに

ちなみにこのアラート表示ですが…。

結構うっとおしいと感じる方もいるとは思うのですが、表示はまるまる一日・24時間消えません。
※このアラートは施設側や手間いらず側でも削除不可


ちょっとアラート表示にイラッとくる方もいあるかもですが、気にせず一日待ちましょうね。

[blogcard url=”http://www.temairazu.com/”]

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形・富山など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン)を愛用し、現在25予約サイト・3自社予約フォーム・3サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. 手間いらず.NET

    手間いらず、韓国ホールセラーHANATOUR JAPANの宿泊予約システム『JAPANTOMARU』…

    『HANATOUR JAPAN』は、主に訪日旅行客向け旅行手配を展開し…

  2. 手間いらず.NET

    手間いらずとAirbnbが業務提携!│国内のサイトコントローラーでは初のシステム連携

    小規模で個性的な宿泊施設(旅館、町家、オーベルジュなど)を主に掲載遂に…

  3. 手間いらず.NET

    旅館の閑散期に稼働を上げる方法│安易に値下げせず、それ以外に出来る事を考えてみる Part.2

    閑散期は、今まで出来なかった事にチャレンジする時間なのかも知れません昨…

  4. 手間いらず.NET

    「ねっぱん!」や「TL-リンカーン」⇒「手間いらず.NET」に切り替えたい施設様へ

    場合によって、サイトコントローラーの切り替え作業をします。全宿泊予約サ…

  5. 手間いらず.NET

    手間いらず.NETの【予約カード印刷】ツール│”予約カード印刷エージェント”…

    ちょっと見やすく、分かりやすくなっております!以前、サイトコントローラ…

  6. 手間いらず.NET

    サイトコントローラー・手間いらず.NETに「メール再送」「料金調整」等の便利機能が向上!

    8月8日(火)に2点のアップデートがありました複数の宿泊予約サイトを一…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Sarahahを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



Twitter

  1. 楽天トラベル

    猫好きの方だけに喜んで欲しい│究極のサービス「猫ちゃん添い寝付き」の宿
  2. るるぶトラベル

    JTBの大幅減益やゴタゴタ、アプリのレビューを見て感じた事
  3. 手間いらず.NET

    Windows10に対する、各サイトコントローラーの対応
  4. じゃらんnet

    ネット担当者は毎年行くべし!│今と、これからを知る「じゃらんフォーラム2017」…
  5. エクスマ

    フォーカス・マーケティングに触れて│再度セミナー受講して感じた事 Part.1
PAGE TOP