じゃらんnet

リクルートの「マジ☆部」続編 Part.2│「お湯マジ!」に参画されていた温泉宿の方からお話を実際に聞いてみた


幸せを創出できないビジネスを野放しにしてよいのか?

「お湯マジ!」記事の続きです。


「「お湯マジ!」によって温泉宿の価値を下げられてしまうのは必然」
https://kawashimablog.com/yufuin/?p=22621




現場ではこう言う事が起きているんだよって事が、リクルートライフスタイル・マジ☆部の担当者さんに届けばと思い、書き綴ります。

「お湯マジ!22」利用の若者を対応した現場のリアルな声とは?

某旅館さんのお話なのですが、少しの期間「お湯マジ!22」をされていました。

当初リクルートの営業担当者からは「若者に温泉を無料で利用して貰えば、将来家族を連れて宿泊に繋がるかも知れませんよ〜っ」と言う説明を受けて、この企画に参加されたそうです。


期間中、通常の日帰り入浴(有料:600円)とは別に、無料で温泉に入りに来る「お湯マジ!22」の若者が日に日に押し寄せるようになったそうで…。
※twitterなどのSNSで拡散されてました。

男女の団体での利用があった事もあり、フロント前で待ち合わせをされた時には、お湯マジ!の若者と宿泊客でごった返した事もあったとか。

でもタダで温泉に入りに来るお客様にも 入浴の対応と案内をしないといけません。
でもよーく考えると、しっかりシャンプーやボディーソープも使いますし、団体の場合は脱衣所の掃除や整理整頓も大変です。

そこには人手(人件費)がしっかり掛かっています。宿泊のお客様がチェックインに来られても、です。


そして入浴後…タダで入りに来るだけの若者から生まれるモノは何も無いと感じ、とても虚しい想いをされたとか。
“なんとか次に繋げたい”と言う想いで「次回はお友達や家族で宿泊されにいらしてくださいね〜っ」と、現場の方も最初は声を掛けられていました。

でもタダで利用した若者のリアクションはとても薄く、忙しい時でも入浴の案内や声掛けが困難になり、通常業務が成り立たないとの事で「お湯マジ!22」を辞められました。

▶タダ以上に、マイナス要因ばかり…

ちなみに「お湯マジ!22」を辞めた数日後もしばらくは余波があり、若者が数人来た事があったそうで。

「もうお湯マジ、やってないんですよ〜っ」と若者に言うと、お金を出してまで入浴する方はいませんでした。
元々はタダでしたから、そんなモノですよね。


あと宿泊者の夕食の準備などで忙しい時に「お湯マジ!22」の方が来られると、現場の方も顔が強張(こわば)ったりされたようで…
「また来たかー」と思って少し嫌っぽい顔でフロント対応したら、実はご宿泊のお客様だったりと焦った事もしばしば(涙)
色々と苦いご経験をされたようです。

最後に、マジ☆部に参加しようとお考えの事業者さんへ

無料にする事で得た集客・お客様は、未来の顧客へ繋がる、と。
そして将来、有料でも利用してくれると思いますか?

ボクの解答は「NO」
ほぼ無いと思います。


そしてリクルートさん。
他人のフンドシで相撲を取るこの「マジ☆部」が、日本のビジネスにどんな悪影響を及ぼしているかを考えた事あるでしょうか?

勿論、事業者はやりたくなければ参加しなければ良いのだけの話なのですが、色んなしがらみ(旅館組合や観光協会など)があると参加せざるを得ない場合もあるでしょう。→ハマちゃんのBlogを見てそう感じました。


でもやっぱりタダではなく「適正価格」でお金を頂戴しないと、提供する事業者はホントにやっていけなくなります。
こんなビジネスが日本で当たり前になってはいけないのです。

リクルートは依頼があった事業者の価値を明確にし、プロモーションをかけてきちんと顧客に伝える事で更に事業者の価値を高める。
集客に繋がれば、事業者はリクルートに感謝する事でしょう。

それが本来のリクルートのビジネスじゃ無かったのでしょうか。



最後に問います。それでもアナタは「マジ☆部」をされますか?



※先日の「海マジ!」の記事も合わせてご覧くださいね。

この夏始まる「海マジ!」をマジで考える
https://kawashimablog.com/yufuin/?p=22619

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形・富山など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン)を愛用し、現在25予約サイト・3自社予約フォーム・3サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. じゃらんnet

    現状や未来は変えられる。ただ一歩踏むこむだけ。

    動く事で世界は違って見えるホテレスの事を書くのは今日で最後にします。先…

  2. じゃらんnet

    じゃらんnet登録の九州の宿泊施設なら冬の対策に!│参画無料の【九州ありがとうキャンペーン】

    プラン名冒頭に【九州ありがとうキャンペーン】と入れるだけで、カンタンで…

  3. じゃらんnet

    【大分県内の宿泊施設限定】12月〜2月の三ヶ月は じゃらんnetの「プレミアムフロイデー」で宿泊促進…

    広告費は完全無料!条件は●●するだけ!?大分県内の宿泊施設は乗っかって…

  4. じゃらんnet

    じゃらんnet・スマホ版「プラン一覧画面」の表示追加」│2017年8月28日より、機能改善を実施 P…

    スマホ版の機能改善は、ユーザーの回遊が目的か?昨日の続きです!…

  5. じゃらんnet

    じゃらんnet「カスタマの利便性向上」│2018年10月22日より、3点の機能改善を実施!

    アプリ検索で価格表示されるようになったのは便利かも?(Android版…

  6. じゃらんnet

    数ある宿泊予約サイトとサイトコントローラーの操作の事で、ちょっとお困まりの方へ!

    各予約サイトのヘルプページ・よくあるご質問を集めてみました(笑)…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

何は無くともGoogleマイビジネスです!


ホームページ

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



宿泊に関するお友達のBlog

Twitter

  1. おすすめランチ・ディナー

    大分県は国東市にて│初の旗振り体験と、ファミレスのジョイフルに行って感じた事
  2. 川嶋雄司の独り言

    逆転の発想│雪で公共機関がSTOPした時に、旅館やホテルにして欲しい2つの事
  3. 川嶋雄司の独り言

    以前旅館で働いていた視点を持ちつつ、宿のネット販売をより快適にしたい。
  4. 川嶋雄司の独り言

    国東半島に行ったら見るべし! B級スポット「お尻岩」ってご存知ですか?
  5. ▼メタサーチ&クチコミサイト

    Googleマイビジネスに「公式サイト」を露出するにはコレ!│フランス発の直販予…
PAGE TOP