Booking.com

Booking.comのキャンセルにお困りの方へ│キャンセル率を考えてみる。


年末年始など、繁忙期の直前キャンセルはホント辛いです。

現在、日本国内で集客力があるインバウンド宿泊予約サイトの代表格と言えばBooking.comでしょう!
でも予約担当者の方は、Booking.comのキャンセル数の多さ(出入りの多さ)に悩まされているのも事実ではないでしょうか?

湯布院エリアも感覚値ですが、Booking.com経由の予約の60〜70%がキャンセルになってるかな。

【Booking.comとは?】
世界最大級の宿泊予約サイトで、登録宿泊施設数は60万軒以上・1日あたりの取扱宿泊数は80万泊以上であり、共に宿泊予約ウェブサイト、アプリとして世界最大となっている。登録宿泊施設は、高級ホテルチェーンから、個人経営のB&Bやアパートメント、バカンス向けの長期滞在施設などをカバーしています。
ウェブサイトは、日本語を含む世界40以上の言語で表示され、決済は、日本円を含む世界50以上の通貨で可能です。


現在、アプリ開発や他社の複数あるサービスと連携しているのは良いのですが、ちょっとBooking.comのキャンセル率の高さは頂けません。

部屋数が少ない施設は、今後メリットもリスクも高いBooking.comと どう付き合うか?

部屋数が10室以下の旅館は、正直このキャンセル率とうまく付き合っていくか?今後考えていく必要があります。
また Booking.comで販売したての施設であれば、まだエリアの表示順位が下の方なので、そこまでキャンセルを気にする事は無いですが。

ま、まだ売れ筋じゃない宿泊施設であれば、せっかく予約が入ってもキャンセル率は高めかな?
さらに言うとレビュー数(評価)が少ないと、中々予約まで結びつきません。

まずは予約が増えるように施設画像をたくさん登録していく事が大事です。
画像を登録した場合、その画像がどの分類に属するのか?「客室」「食事」「お風呂」など、タグ付けしてユーザーに分かりやすくしましょう。

あとサイトコントローラーの手間いらず.NETをご利用の施設は、TEMAIRAZU STANDARD以上のバージョンアップをされると良いでしょうね。

通常国内サイトにしか対応していない【予約確認・リマインダー・お礼メール設定(自動配信メール機能)】がBooking.comとExpediaにも使えるようになります。

コレでBooking.comとExpediaユーザーに、ちゃんと予約が入っている事を伝える事が出来て安心ですよ。

まとめ

更に言うとこれからの時期〜2月の春節周辺は、今の内からNo Show対策をしていていった方が良いでしょうね。
カード端末が無い施設の場合、スマホやタブレットをお持ちでしたら手数料率3.25%のSquareの導入をオススメします!

[blogcard url=”https://kawashimablog.com/yufuin/?p=8922″]


なお、カード端末が揃ったら【Booking.comの国内外の予約に対し、必ずクレジットカード情報とcvcコードを必須にしましょうね】

あ、cvcコード(Card verification codes)とはクレジットカードの裏面にある3ケタの数字です。

スクリーンショット 2015-12-30 09.31.08
コレの設定は、Booking.comのサービスチーム(TEL 03-6837-0490)に連絡、施設IDを言えば設定してくれますよ。

コレにより予約成約率は下がりますが、将来的に本当に泊まりたいユーザーが増えるのでキャンセル率も自然と下がります。

No Showやキャンセル率が気になる方は、是非上記の設定をオススメします!

【追記】
あ、でも「カード承認されない」場合もあったりするので、100%では無いです。


来年はBooking.comのキャンセルを
ちょっとでも減らしたい!
そう思う方はクリックお願いします!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形・富山など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン)を愛用し、現在25予約サイト・3自社予約フォーム・3サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. Expedia

    ■Expedia、宿泊予約サイトOrbitzを16億ドルで買収!業界最大手Pricelineに対抗か…

    Expediaは現在、70ヶ国以上・38言語・150を超えるサイト…

  2. Booking.com

    宿泊に関係ありそうなサイトのtwitterアカウントを集めてみました。Rart.2

    宿泊や観光情報を収集したい方は是非フォローを!昨日・二日前と、やりたい…

  3. じゃらんnet

    【緊急用】年末年始、何かトラブルが起きた場合はコチラをチェック!

    ダメモトでもとにかく連絡を!!いよいよ2016年の年末年始到来…最近、…

  4. Booking.com

    Booking.comの「九州ふっこう割」が、日本のIPアドレスからも予約出来るように!

    じゃらん・楽天・るるぶと違い、Booking.comは休前日も利用可能…

  5. じゃらんnet

    お盆に何かトラブルが起きた場合はコチラをチェック!

    いざと言う時にご確認ください。ダメモトでも、とにかく一度連…

  6. Expedia

    ■海外サイト「Expedia(エクスペディア)」について、ちょっと調べてみました。

    こんにちは。実は昨日、由布岳の先端が真っ白に!?どうりで寒いと思っ…

ホームページ

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Sarahahを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



宿泊に関するお友達のBlog

Twitter

  1. じゃらんnet

    じゃらんnet「販促クーポン仕様変更」│2017年8月28日より、機能改善を実施…
  2. DirectIn

    ホテル公式プランがメタサーチに掲載!?│「トラベルコ」と自社予約システム「ダイレ…
  3. Relux(リラックス)

    2018.1.22 Reluxカンファレンス2018開催!│取締役・営業部長の塩…
  4. Relux(リラックス)

    ■昨日1月11日は「ワンワンワンの日」で。。。reluxから送られたメルマガが笑…
  5. 川嶋雄司の独り言

    マスコミの風評被害に気をつけよう│自然災害時だからこそ、SNSで発信を!
PAGE TOP