Booking.com

Booking.comのNo Show(不泊まり)はコレで安心│インターネットを活用した集客方法 Part.2


今回一番の収穫は「No Show対策」コレに尽きます

こんにちは。
由布院温泉エリアで旅館のネット集客のサポートをしております川嶋です。

今日・明日は昨日の続きですね。

[blogcard url=”https://kawashimablog.com/yufuin/?p=8918″]

11/18(水)に、別府で行われた「インバウンド研修会」の後半は、なんとBooking.comとExpediaのインバウンドサイトの説明会が行われました!

では今日はまず、Booking.com(http://www.booking.com)の説明会で改めて気がついた事を書きます。

【Booking.comとは?】
世界最大級の宿泊予約サイトで、登録宿泊施設数は60万軒以上・1日あたりの取扱宿泊数は80万泊以上であり、共に宿泊予約ウェブサイト、アプリとして世界最大となっている。登録宿泊施設は、高級ホテルチェーンから、個人経営のB&Bやアパートメント、バカンス向けの長期滞在施設などをカバーしています。
ウェブサイトは、日本語を含む世界40以上の言語で表示され、決済は、日本円を含む世界50以上の通貨で可能です。

「スライドは写真撮っても良いけれど、SNS等でアップしないでね」って言われたので今日は控えめに…
でも、ちょっとぐらいは良いよね?笑

100%現地決済のBooking.comで、カード情報はあるのにカード端末が無いと安心して販売出来ません。

Booking.comは全て現地で精算する為、当日お客様が宿泊に来なかったらお手上げでした。

それでも「クレジットカードの端末」があれば、予約時にカード情報を入れないと予約出来ないBooking.comの顧客データを元に、No Showがあった場合 宿泊代金を引き出す事が出来ます。

宿泊代金をカード信用枠から枠取りされるので、ホテルが客への請求権を確保しています。
ちなみにこの枠は、ホテル代が決済されても数ヶ月残ります。

つまりNo Show以外にも、チェックアウト後に判明する客への損害賠償代金(カーペットを汚した、備品を壊した、忘れ物を送った送料、etc)のリスクをコレでカバー出来る訳です。

地方のホテルや旅館では 未だに現金決済している所もありますが、それではホテルマネージメント上 No Showをやられてしまうと100%宿側にリスクが降りかかります。

そんな悩ましいNo Show(不泊まり)をコレで解消!?

更に お手伝いしている湯布院の施設様では、楽天スマートペイを導入している施設様はあるのですが…コチラに問い合わせたトコロ楽天スマートペイはBooking.comのNo Showに対応しておらず、結構施設様もお困りでした。

しかし!このカードリーダー「Square」(https://squareup.com/jp/)があれば、例えNo Showがあったとしても大丈夫です!!

[blogcard url=”https://squareup.com/jp/”]IMG_6212 2▲「Square」はBooking.comのNo Showに対応出来るとの事、コレは有り難い!▲


IMG_6211 2▲コレさえアレば、デジタルデバイスがクレジットカード端末に早変わりです!▲

小さいので無くしてしまわないかちょっと心配ですが、持ち運びも便利そうですね。
No Showがあれば、カード情報を入力して徴収しましょう!
(ただし、手入力決済にはカード番号、有効期限、裏面のセキュリティコードまでの情報が必要)

SquareですがNo Show対策のほか、年末年始などの繁忙期に「事前カード決済のみ」で販売している施設様も、Booking.comで「返金不可プラン」というプランを作って販売しても面白いかも知れませんね。

そして、Booking.comで自社ホームページを作成する事が可能に!

更に更に、Booking Suite(http://suite.booking.com/)と言うBooking.com独自のサービスを使えば、自社ホームページを代行して作成してくれる、なんとも有り難いサービスを始めました!

IMG_6235▲なお作成は無料ですが、こちらの予約には10%の手数料がかかります。さすが…抜かり無いですね。▲

IMG_6216 2▲Booking.comのお二人とスマ宿(H.I.S.)の近藤さん。セミナーお疲れ様でした!▲

対前年比の伸び率やリードタイム、送客実績、スマホトラベラーの話などなど、面白いお話が沢山聞けて とても楽しかったです。

まとめ

最近では日本人もBooking.comを使う人が増えており、「とても予約しやすい」「頻繁に使っていると安いプランの案内が来る」などなど、ユーザーも顕著に伸びているようです。

では明日はExpediaのセミナーで感じた事を書きますね!

Booking.comってキャンセル率高いから困るよね?
そう思われた方はクリックお願いしま〜すっ!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

マーケティング・経営 ブログランキングへ

参考になりましたら、ぜひSNSで拡散してくださいねっ!

********************
 
Instagramやってます
川嶋 雄司のインスタグラムはこちら

Twitterもやってます 
ツイッターはこちら

Facebookはメッセージ入りでお友達申請して下さいね! 
Facebookはこちら
(メッセージも添えてよろしくです!)

 

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形県・佐賀県など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン・Beds24)を愛用し、現在20予約サイト・3自社予約フォーム・4サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. Booking.com

    Booking.comから無料で貰える「三角のアレ」がちょっと微妙になったかも?

    「三角のアレ」が気になるフロント勤務の方へこんにちは!宿泊予約…

  2. Booking.com

    5年契約させている会社は、本当にお客様を思っているか?

    5年間解約出来ないなんて、そんな会社に未来はないかも?最近由布院温泉エ…

  3. Beds24

    旅館・ホテルで、Airbnbの販売をしたい宿泊施設へ│今注目のチャネルマネージャー「Beds24.c…

    現在、唯一Airbnbをコントロール出来るチャネルマネージャーです。こ…

  4. じゃらんnet

    【最新版 Part.2】数ある宿泊予約サイトに新規参画してみたい宿泊施設様へ

    新規参画のお問い合わせフォームを集めてみました!こんにちは、旅館のWE…

  5. じゃらんnet

    【保存版】旅館・ホテルの経営者必見!各予約サイト(OTA)の手数料を再度調べて見ました!

    繁忙期にわざわざ手数料の高いサイトで売る必要なし!今一度手数料をおさら…

  6. じゃらんnet

    ■コレは便利!18サイトがカンタン比較『BIGLOBE旅行』、アプリ『旅比較ねっと』

    1/22に追加で『dトラベル』など4社の旅行サービスと提携。現在合…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

何は無くともGoogleマイビジネスです!


ホームページ

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



宿泊に関するお友達のBlog

Twitter

  1. Ctrip

    面倒くさかったCtrip(シートリップ)のあの精算が1、2分で出来るように仕様改…
  2. Cake.jp

    宿泊予約システムとドンドン連携!│ケーキの総合通販サイト「Cake.jp」と自社…
  3. 川嶋雄司の独り言

    現状維持や囲い込みの時代では無い│ホリエモンの中津講演で感じた事
  4. ねっぱん!

    ねっぱん!サイトコントローラー丨「サンクスメール機能」が再開!
  5. Relux(リラックス)

    【Relux掲載施設さまへ】2019年1月21日(月)の障害が特定丨復旧完了の案…
PAGE TOP