川嶋の原点

2015年8月15日 終戦の日、高さの違う靴にじいちゃんを想う。


こんにちは、川嶋です。
今、大好きな曲を聞きながら このBlogを書いています。

森恵「はじまりは涙」
https://www.youtube.com/watch?v=cvsMU0x_55c

https://www.youtube.com/watch?v=fPJ_ZIfuVXU

森恵さんの歌声・ギター、とても素敵ですね。
今日も川嶋のブログを見て頂きありがとうございます。


8月15日の今日は「終戦の日」です。
川嶋の祖父も当時は戦争に行っていました。

【終戦の日とは?】
第二次世界大戦終戦は1945年。8月14日にポツダム宣言を受諾し、
翌日の15日正午に大東亜戦争(太平洋戦争)における日本の降伏を
国民に伝えた玉音放送があったことから。


個人的に「記念日」って言う言葉を使うのに気が引けるのは私だけですかね?
「記念日」ってもっとハッピーな事に使いたい感じがします。

そんな、今年で70回目の「終戦の日」の今日、
今は亡きじいちゃん・ばあちゃんに、思いを馳せて…

祖父はとても厳しく、近寄りがたい存在でした。

祖父・川嶋静(しずか)は、川嶋が二十歳の頃に他界しました。
そんな祖父との子供の頃の思い出って、正直あまりないんですよね。。。

遊んで貰ったり、どこか連れてってくれたりとか…多分一度もないです。
厳しかった祖父とは対照的に、祖母(トンメ)はいつも優しかったですね。
夏はマクワウリを剥いて、孫によく食べさせてくれました。

祖父との思い出と言えば…
小さい頃、近所の友達と川でフナや鯉を捕りに行ってたら、
錆び錆びの自転車に乗って「コラーッ!こんな川で遊んだらアカン!!」って
めちゃくちゃ怒られた事は何度もありましたが(泣)

すごい怖いんですよ、怖かったんですよ…じいちゃん。

でも先日の帰省で母から聞いたんやけど、ひ孫には夏でも汗だくで
ベビーカーを押して散歩させたり遊んだりしていたとか…
孫とはあまり遊んでくれなかったのにね、なんでやねん じいちゃん(涙)

そんな祖父母が一度だけしてくれた戦争の話

同じ家に住みながら、食事する場所も生活空間も違った祖父と祖母なので
会話もそんなにした覚えがないんですよね。

でも一度だけ、中1の時に戦争の話をしてくれたんですよ。
その時の事を今でも覚えています。

川嶋一家は祖父が戦争に行っている間、祖母は
父の兄弟3人(当時は3人、その後2人生まれる)と福井市に住んでいました。

全国的にはあまり知られていないのですが、第二次世界大戦中の
1945年(昭和20年)7月19日の午後11時24分〜翌日午前0時45分にかけて、
福井市でも米軍により行われた福井空襲(ふくいくうしゅう)があったんです。

【福井市における戦災の状況(福井県)】
http://goo.gl/5Wbhj7

福井大空襲とも言われたりします。

この空襲の時、祖母がまだ産まれて間もない五ヶ月の
川嶋の父・整(おさむ)を抱えながら、父の兄弟を連れて
山の方へ走って逃げたおかげで助かったんです。(その後武生市へ移住)

祖父も、当時フィリピンでの激しい銃弾戦の話を熱く語ってくれました。
飛び交う銃弾で穴だらけのフィリピンの空港…それはまさに極限状況だったと。

その時祖父は膝に銃弾を受けてしまい、その後治療中に終戦を迎えたようです。
なので祖父の足は銃が貫通した影響で、両足の長さが違いました。

戦争から無事 家族の元に生きて帰ってくれた事に、70年後の今日
孫の雄司が勝手にじいちゃんの事を想って記事を書いても良いですか?

まとめ

戦争を美化したりはしませんが…今日の青空に浮かぶ夏雲のように
なんとなく記憶の中で あの時のじいちゃんの靴が浮かびます。

IMG_0849

川嶋家の玄関の一番右端に、いつも置いてあった高さの違う靴。
家の中ではびっこを引いて歩いていた祖父。
とにかく怖かったじいちゃん。

あの足じゃ、仕事するのも移動するのも日常生活も…
そして、孫が川で何か起きたら大変だと見まわりに出るのも
きっと大変だったんじゃないかと、今やっと想えたんです。

心配だったんだろうなー、じいちゃん。ありがとう。

そして孫の自分が今、とにかく元気で仕事が出来る事・仕事がある事に
感謝したいです。当たり前の事なんてないんだと今更ながら思いましたね。


今回個人的な事ばかり書きましたが…当時の事が懐かしくって
なんだかマクワウリが食べたくなってきました(笑)
では最後までお読み頂きありがとうございます。

一日一回、応援クリックお願いします!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

マーケティング・経営 ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形県・佐賀県など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン・Beds24)を愛用し、現在20予約サイト・3自社予約フォーム・4サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. 川嶋雄司の独り言

    泊まった宿の事は、数日経てば忘れられてしまうと言う事を前提にプロモーションしよう

    人は連絡を取り合わないと忘れる生き物であるGW真っ只中。おそらく結構部…

  2. 川嶋雄司の独り言

    坪井秀樹氏、エキサイティングライヴ「続・自分らしく伝える力」に参加しました!

    興奮冷めやまぬ夜でした!こんばんは! 宿泊予約サイトが大好き♪…

  3. 手間いらず.NET

    日頃からお世話になっている宿泊予約サイト(OTA)の会社を訪問│東京出張1日目

    日頃から、たくさんの方にお世話になっている事を再確認出来ました!こんに…

  4. 川嶋雄司の独り言

    サイトコントローラーの進化に合わせて柔軟に変化してみよう。

    ヒモ付けが未来を変える(と、思っています。)先日、Bookin…

  5. じゃらんnet

    【雪降るエリア必見!】各宿泊予約サイトの事前カード決済の販売可能日数を調べてみました。

    繁忙期は事前カード決済のみの販売がとっても安心です。こんにちは。湯布院…

  6. 川嶋雄司の独り言

    ■「いい女は群れない!」女子旅 わたしの宿選び 【るるぶトラベル】

    こんにちは、湯布院の川嶋です。突然ですが、旅行ってどんなきっかけで…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

何は無くともGoogleマイビジネスです!


ホームページ

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



宿泊に関するお友達のBlog

Twitter

  1. 手間いらず.NET2

    『手間いらず.NET 2』『TEMAIRAZU YIELD』にバージョンアップし…
  2. Booking.com

    Booking.comのNo Show(不泊まり)はコレで安心│インターネットを…
  3. 楽天トラベル

    【更なるクーポン誘導】楽天トラベルがユーザー画面/検索結果に該当エリア・該当施設…
  4. DirectIn

    カードのいらないカンタン決済サービス「Paidy」とダイレクトインが連携!│即時…
  5. 川嶋雄司の独り言

    運転免許証が貰えて子連れも大満足!│子供専用の自動車教習所「キッズ・ドライビング…
PAGE TOP