川嶋雄司の独り言

ネット予約時、備考欄に「誕生日」や「記念日」等、お客様のアピール問題を考える


無償で宿にサービスさせる事が当たり前だと思ってはいけません。
でもお客様に喜んで頂きたいと言う宿のスタッフは多くいらっしゃいます。

たまにですが、予約時の備考欄に「誕生日で利用します」「記念日なんです」とか書かれた予約通知を見た事ありませんか?

中にはあからさまにそれをアピールされる方もいますよね?
(そもそも「宿泊」って記念日利用が多いものですが)


今回Twitterで多方面からご意見を頂いたので、改めてBlogに書き記します。

実際お客様によっては、その予約しようとしている宿泊施設に「アニバーサリープラン」や「バースデープラン」があるのにも関わらず、普通のスタンダードプランで予約を入れて このように備考欄に「誕生日&記念日アピール 」をされる方がちょくちょ見受けられます。

それを書く事により、相手方の(予約した)宿泊施設に「無償で何かしてくれるのでは無いか?」と言う素振りをチラつかせるアピールをボクは散々見て来ました。
思わせぶりに書かれてしまうと、宿泊施設側もついつい「これって何かしないといけないのかな…」って思っちゃいますよね?

何も対応しなければクチコミで低い評価をされる可能性も無きにしもあらず。
なのでこう言う行為(短文でのアピール)は宿泊施設の足元を見た行為じゃないかなとボクは感じております。



誤解の無いようにお伝えすると、大切な方への記念日を宿泊施設でお祝いされる事はとても良い事だと思いますし、宿泊施設にとってもお祝いの宿として選んでご予約・ご宿泊頂く事はとても嬉しいと思います。

でも宿泊施設で何かお祝いされたいのであれば、まずはご自身で出来る事を全力で大切な方へのお祝いを考えて欲しいと言うのがボクの本音かな?


それでも、どうしても宿泊施設の方にもお祝いやサプライズ等ご協力を願いたいのであれば、より具体的に宿の方にご指示・ご相談して欲しいです。

「彼女が誕生日です!」だけでは何がしたいのか分かりませんよね?

「彼女が誕生日です!なのでケーキやお花を別注でお願いする事は可能でしょうか?」って言う文章であれば、宿の現場の方もあまり悩まないとは思う訳で。

では今回この問題について、どのようにすれば円満にご宿泊頂けるかを考えてみましょう!

具体的な対処法

まずビジネスホテルとかでは結構多いのですが、「備考欄を受け付けない」って言うのがBESTです。

これで問題解決!…とは中々いかないかな?(汗)


なのでカトーさんのように、1件1件しっかり「有料のサービス」としてお客様に事前にご案内をされる事が一番望ましい対応と言えるでしょう。

そもそも宿にお勤めの方は比較的ホスピタリティの高い方が多いと思いますから、リクエストすればかかる費用分きっちりお仕事として対応して頂けると思います。


Cake.jpの高橋さんが言うように、逆に攻めてみるのもアリですね。
この時期に備考欄を見直すのも良いでしょう。

なおCake.jp(https://cake.jp/)では 通販で記念日のケーキをたくさん取り揃えていたり、宿泊施設用にケーキをお届けするサービス『Cake.jp+』もオススメのサービスですよ。


あと岳と温泉と飯と旅さんが言うように、公式サイトの予約フォームでしたら たいがいオプション設定がありますので、コチラにしっかり登録しておきましょう。

とりあえず備考欄に書いておけば なんでも無料でリクエストに答えてくれるなんて…まさか誰も思ってませんよね?

さいごに

あとお友達の温泉男さんがこのようなツイートをしておりました。


本当に某誌がこんな案内を推奨していたのであれば、もうちょっと宿の現場の方が困らないような文章に出来なかったのかと思うのですが…やれやれ。

ボクもTwitterで何度も言ってますが、お祝いって「身内や友人」から祝って貰うのなら分かるんですよ。
宿泊当日、全然知らない赤の他人の宿のスタッフに無償であわよくばお祝いして貰おうって言う行為に、なんか違和感しか感じないのはボクだけでしょうか?

もちろん、何もしないって言うのも正解ですよ。このお仕事はボランティアではありませんので。

それにクチコミにも「予約時の備考欄に誕生日って書いたのに、宿の方は何もしてくれませんでした」とは書きづらいモノですからね。
(中には本当に書かれる方もいらっしゃいますが…)


やっぱり宿泊施設に「無償でお祝いの強要をチラつかせる行為」はしない方が双方にとってよいと思いますよ。
でも「お祝いの相談をする」事はお仕事としてアリだと思います。もちろんそこは有料で。



あとこのように。
ほとんどの宿泊施設では、お祝いのお声がけでしたら0円で対応されているのではないかな?

そしてご自身が良い滞在にしたいと思うなら、なんでも無償でアレコレ求めようとせず。
費用のかかるお祝い行為には気持ちよく代金をお支払いして対応して頂こうと言う、お客様自身の想いやお気持ちが占める要素が大きいのでは無いのかなっと。
今回の一件で改めてそう感じました。



その後、なんとホテル評論家の瀧澤さんがキレイにまとめてくださいました。

ボクもどこか宿泊する時は「ホテルの側がファンになるようなゲスト」になる様な滞在を心がけたいです。
↑↑↑
瀧澤さんこちら名言ですね!

【“無料リクエストやお願いアピールをする客” はホテルから嫌われるか?】
https://news.yahoo.co.jp/byline/takizawanobuaki/20210116-00217752/

【追伸】
「ブログ村」に参加しておりますので、良かったら「ポチッ」とお願いします!
https://blog.with2.net/link/?1766752

【ネット予約の販売・管理でお困りの方へ】
ネット予約の売り上げを伸ばしたい。
日々の宿泊トレンドを知りたい。
人手不足で、OTAのプラン延長やサイトコントローラーをうまく活用出来ていない等。

コチラからお仕事のご依頼も承っておりますので、お気軽にご相談くださいませ⇒CONTACT
※もちろんSNSのDM等でも結構です。

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は大分県を中心に、箱根・山形・佐賀・鹿児島など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!++)を愛用し、現在約20の宿泊予約サイト・5自社予約フォームを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

ピックアップ記事

  1. Go To トラベルキャンペーン丨ココに来て、ひょっとしたら楽天トラベルが撤退す…
  2. Relux丨「新型コロナウイルス感染症対策」表示機能をリリース

関連記事

  1. 川嶋雄司の独り言

    【宿泊業の方必見!】川嶋が参考にしているBlog集 〜熱い方をご紹介します〜

     継続してやり続けているからこそ、見えるモノがあるこんにちは!…

  2. 楽天トラベル

    【強烈な欲求を呼び起こす販促】似たようなモノより突き抜けたモノが支持される時代へ。

    石橋を叩いて渡った商品にヒットは無い。独自性に見る今後の宿泊のカタチこ…

  3. じゃらんnet

    お客様とは「利用者」と「顧客」の違いである│じゃらんフォーラム2016開催!

    宿泊業の方は、感性を磨く上でも参加される事をオススメします。昨日、ホテ…

  4. 川嶋雄司の独り言

    2018年の祝日はココに注目│訪日客の多い東南アジア諸国の10〜12月の祝日を要チェック Part.…

    ココ最近では春節の次に人が動く国慶節は、来年も注目!海外の祝日も今日で…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

ホームページ

カテゴリー

人気のBlog記事



主要なOTA(宿泊予約サイト)一覧

Twitter

<川嶋が宿泊のトレンドをYouTubeで発信!>

Zoom&LINEコンサル始めました

「マーケティング・経営ランキング」で参加しておりますので、良かったらポチッとお願いします

宿泊に関するお友達のBlog

  1. 新しい旅行のあり方

    AIがユーザーに合った旅行先を提案丨AVA Intelligence株式会社が「…
  2. 手間いらず.NET

    AIによるホテルの料金設定サービス『MagicPrice』が サイトコントローラ…
  3. 川嶋雄司の独り言

    vol.2 Peing(ペイング)を通して、WEBの宿泊予約に関する匿名の質問に…
  4. スマホアプリ

    旅館・ホテルのWEB販売でお困りの方へ│「Sarahah(サラハ)」でも質問・疑…
  5. 手間いらず.NET

    定期的にパスワードが切れるので、気をつけたいサイト一覧はずばりコレ!
PAGE TOP