Go Toキャンペーン

【Go To トラベル除外まとめ】「札幌市」「大阪市」を目的地とした旅行は対象外となります


・新規&既存予約ともに除外
・対象外の日は11/24〜12/15の3週間
※但し12/1出発分まではGoTo割引適用対象です

コロナ禍のような環境では、時にこうした判断・対応も必要!

何より最前線で対応されている医療従事者の方々には感謝の言葉しかありません。
そしてGo To事務局・関係者のご尽力。
不眠不休の調整はさぞかし大変だったと思います。



…なのですが結局その周辺に泊まったり観光はしますので、あまり意味は無いような。。ともあれ答え合わせは少し先の未来になりますね。



日本政府は24日、観光支援事業「Go To トラベル」で新型コロナウイルスの感染が拡大している札幌市、大阪市の一時除外を決定しました。

【Go To トラベルとは?】
宿泊を伴う、または日帰りの国内旅行の代金総額の1/2相当額を国が支援する事業です。
支援額の内、70%は旅行代金の割引に、30%は旅行先で使える地域共通クーポンとして付与されます。


あら?なんだか会見の写真、割と密ですね(苦笑)

あと敢えて書きますが、だからと言って両市に宿泊出来ない訳じゃありません。
“1/2相当の割引が受けられないだけ”と言う事はまず理解しておきましょう。

期間は11月24日から12月15日までの3週間。 札幌市・大阪市を目的地とした旅行に関し、予約済み分は12月1日出発のモノまで割引対象とし、それ以降は適用外となります。 


なお感染者が急増している東京都の扱いに関しては、現時点で都から除外の要請がないと説明しました。
まぁ東京を止めてしまったらオリンピックも消えてしまうので、今回東京はあえて触れないのかも?

では今回のGo To除外で決定している件をまとめてみました。

現時点(2020/11/25)で分かっている、Go To除外まとめ

・札幌や大阪を目的地とした新規予約の旅行は除外
・11/24〜12/15出発までの3週間、Go Toトラベル対象外
・予約済の旅行は12/1出発分までGo Toの割引対象(12/2出発旅行は割引対象外)



・なお道民や大阪府民(札幌市、大阪市在住者含む)が他都道府県へ行くのはOK
・12/3までにキャンセルすれば、キャンセル料は請求されず
・12/3までに予約のキャンセルがあった場合、政府は旅行・宿泊業者に対し、その旅行代金の35%を一律で補填(ほてん)する。
・徳島県知事は「目的地」「出発地」の旅行の制限を検討
・東京都、愛知県も除外の目安ラインに近づいてきてる
・他の地域でも感染が拡大した場合、Go Toトラベルの対象から外すことを検討

さいごに

Go Toトラベル除外のキャンセル料ですが いつまでも国が負担してたらキリがないし、こんな調子では財政難になるのでは無いかと少し心配になりますね。ようは税金なので。 

あと今回、札幌市・大阪市の宿泊施設の方はお気の毒で本当に申し訳ないのですが、北海道・大阪府全体をGo To除外にならなかったのはまぁ良かったのかなと感じました。

なお大阪市の周辺には堺市・東大阪市・吹田市・尼崎市・豊中市など、人口50万人前後の衛星都市が多数あり、ホテルも多くありますので、大阪市への宿泊をお考えだった方でお困りの方は冷静にご判断されてください。


しかし今回、政府もメディアが作り上げた感情的世論に流された感は否めません。。
それに季節は冬に向かっているので感染者が増えるのは当然です。

ただハッキリしている事は、年末年始に実家に帰るって言う人がかなり減ると言う事ですね。
これからは行く側も受け入れ側も、帰省に気を使うようになるんだろうなぁ…。


ではこれから、Go To魔女狩りや自粛警察・コロナ差別等が起きない事を祈っております。
そして落ち着くまでは。
旅行に行けそうな方はコロナ対策万全の宿泊施設で、もうちょっと近場の旅を楽しみましょう。



【Go Toキャンペーン関連の記事はコチラ】
https://kawashimablog.com/yufuin/?cat=2933

【追伸】
「ブログ村」に参加しておりますので、良かったら「ポチッ」とお願いします!
https://blog.with2.net/link/?1766752

【ネット予約の販売・管理でお困りの方へ】
ネット予約の売り上げを伸ばしたい。
日々の宿泊トレンドを知りたい。
人手不足で、OTAのプラン延長やサイトコントローラーをうまく活用出来ていない等。

コチラからお仕事のご依頼も承っておりますので、お気軽にご相談くださいませ⇒CONTACT
※もちろんSNSのDM等でも結構です。

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は大分県を中心に、箱根・山形・佐賀・鹿児島など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!++)を愛用し、現在約20の宿泊予約サイト・5自社予約フォームを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

ピックアップ記事

  1. Relux丨「新型コロナウイルス感染症対策」表示機能をリリース
  2. Go To トラベルキャンペーン丨ココに来て、ひょっとしたら楽天トラベルが撤退す…

関連記事

  1. Go Toキャンペーン

    2020年12月13日、現時点で分かっているGo Toトラベル決定事項まとめ

    今後の詳細は、12月14日に開かれる予定の対策本部で対応を発表する見通…

  2. Go Toキャンペーン

    ビジネスと観光を分ける意味はあるのか?丨2020/11/6以降、観光目的以外はGo To除外へ

    Go To トラベル事業の支援対象とする旅行商品の基準・考え方の明確化…

  3. tripla

    「Go Toキャンペーン」の参画に向けて、動いているWEB予約の会社の動向を調べてみた。

    じゃらんnet・楽天トラベル以外の対応サイトの情報を収集して、キャンペ…

  4. Go Toキャンペーン

    Go Toトラベル事業丨10月1日より東京都を追加と発表!

    これで本来の「GoToトラベルキャンペーン」がいよいよスタート出来そう…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

ホームページ

カテゴリー

人気のBlog記事



主要なOTA(宿泊予約サイト)一覧

Twitter

<川嶋が宿泊のトレンドをYouTubeで発信!>

Zoom&LINEコンサル始めました

「マーケティング・経営ランキング」で参加しておりますので、良かったらポチッとお願いします

宿泊に関するお友達のBlog

  1. 川嶋雄司の独り言

    お子様の受け入れをしていない施設様へ 〜旅館業法について〜(最終改正:最終改正:…
  2. Booking.com

    Booking.comの予約者に代金を事前回収!?│請求書をメールで送信「Squ…
  3. ベストリザーブ宿ぷらざ

    ■何と言っても手数料5%が魅力!ベストリザーブ・宿ぷらざ(再掲載・リライト版)
  4. マイナビトラベル

    6月29日(水)13:00、本日ついに『マイナビトラベル』サービス開始!
  5. じゃらんnet

    じゃらんnet丨宿泊施設の基本情報内に「新型コロナウイルス感染症への取り組み内容…
PAGE TOP