新型コロナウイルス

自社予約エンジンの決済システムを提供していた「J-リザーブ」が破産


5月1日からシステムメンテナンスが継続されており、WEBサイトはCLOSE。本社はもぬけの殻で逃亡か。

自社ホームページの予約エンジンの事前決済で、「J-リザーブ(http://www.j-reserve.jp/)」をご利用の方へ。
コレは最悪、焦げ付き(踏み倒し)が出るのでは無いかと思います。


まずはTRAICYさんのコチラの記事をチェックしましょう。
↓ ↓ ↓

J-リザーブ、破産手続き開始決定 宿泊施設に決済システム提供、経営打撃に追い打ち
https://www.traicy.com/posts/20200519160283/


コレがどう言う事かとカンタンに言いますと、宿泊施設向けに決済システムを提供する中堅会社の「J-リザーブ」は、東京地方裁判所に破産手続きの開始を5月12日に申し立て、受理されたと言う事になります。

なお負債は債権者約170名に対し、約1億5000万円にも及びます。。

【J-リザーブとは?】
2008年4月に設立。
J-リザーブの決済代行サービスは、手間いらず株式会社が提供している自社予約エンジンの「手間なし」やダイナテック株式会社の「ダイレクトイン」、株式会社キャディッシュの「予約番」などの自社予約エンジンの決済まわりで接続していました。


「J-リザーブ」は決済手数料率が低い事から、少なくとも100を超える施設が使用していたとみられますが、実は決済サービス自体は2020年5月1日から既に停止しているんですよね。


なお、自社ホームページ用の予約エンジンで「J-リザーブ」の決済サービスを利用している企業一覧もチェックしておきましょう。

・手間いらず株式会社:「手間なし」←サイトコントローラーの方では無く、予約エンジンの方です
・株式会社キャディッシュ:「予約番」
・ダイナテック株式会社:「 ダイレクトイン」
・株式会社ナバック:「リザーブゲート」
・福井コンピュータ株式会社:「てなわん」


自身の宿の決済まわりで「J-リザーブ」を使っていなかったか?
念の為に自社の事前決済サービスを確認しておきましょう。

J-リザーブ概要

J-リザーブは、2008年4月に設立。
資本額は1億6,300万円です。

改めて、J-リザーブの決済代行サービスは 誤解を招くかもですが、サイトコントローラーの手間いらず.NET自体には決済システムが連携していないので全く関係は無く。
(ココ、勘違いしないように)



手間いらず株式会社が提供している予約エンジン「手間なし」の事前決済サービスとして、J-リザーブと連携しておりました。



大きな問題はそれ以外の、特に国内大手の自社予約エンジン2社でしょう。


・ダイナテック株式会社:「 ダイレクトイン」


※ちなみに「ダイレクトイン」に関しては、約20件ほど「J-リザーブ」のシステムを使用されていた施設があったようです。


・株式会社キャディッシュ:「予約番」



かなりの痛手が予想されるのは予約番ですかね。。



それでも今後、宿泊予約時に事前決済を導入したい場合。
「J-リザーブ」以外でしたら、今のトコロ大手の「JTB Book & Pay」か「ホテペイ」がオススメでしょう。


その他、こう言った被害を防ぐ個人的な予防策として…
 
・宿泊の際は当分の間、現地決済にする。
・あまり先の事前決済予約は避ける。
・予約後も施設や旅行会社などの状態をホームページやSNS等でマメにチェックする。


以上、宿泊予約をお考えの方は参考にされてください。

さいごに

今回の一件で問題なのは 決済会社が破綻しても、銀行と違って一切の保証が無い事です。
これにより、日本のキャッシュレス不審に拍車が掛かるかも知れません。

だって今回の件は、宿泊予約しようとしている方にとっても「事前決済はヤバい」って言う事になりかねませんよね?



せっかくこのコロナ時期に、「未来に泊まれる宿泊券」や「未来の宿泊チケット」などで将来の宿泊予約を事前に頂けるサービスも色々と出て来たところなのですが。

ホテルや旅館は大丈夫でも、「J-リザーブ」のように事前決済してる会社側がトンズラしたらアウトなのです。



「J-リザーブ(http://www.j-reserve.jp/)」のホームページは今、こんな感じ…(涙)


コレにより「事前決済は怖い」とならなければ良いのですが。
こんな事が今後起きない事を切に願っております。


The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は大分県を中心に、箱根・山形・佐賀・鹿児島など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!++)を愛用し、現在約20の宿泊予約サイト・5自社予約フォームを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

ピックアップ記事

  1. Relux丨「新型コロナウイルス感染症対策」表示機能をリリース
  2. Go To トラベルキャンペーン丨ココに来て、ひょっとしたら楽天トラベルが撤退す…

関連記事

  1. 川嶋雄司の独り言

    娘と旅をしながら…2020年の宿泊のカタチを大胆予想!

    こんな事が起きるかな?あったらいいなを自分なりに想像してみよう。…

  2. 新型コロナウイルス

    全国で緊急事態宣言が発令丨まずはコロナ封鎖と医療従事者のケアを

    5月6日まで、宿泊客の見込みは0に等しいと捉えるべき4/16(木)全国…

  3. 川嶋雄司の独り言

    自然災害が起きた後、被害が無かった宿泊施設でやっておきたい事

    経済を止めてはいけない。いつも通りの営業とプラス日常の発信を西日本を中…

  4. Booking.com

    ■インバウンド予約が国内予約を逆転する日

    その足音は刻々と近づいています。インバウンド。…

  5. 新型コロナウイルス

    20年近く住んでいた湯布院から、国東市へ引っ越ししました

    大分空港そばの嫁の実家で、しばらくリモートワークします今日は個人的な事…

Zoom&LINEコンサル始めました

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

何は無くともGoogleマイビジネスです!


ホームページ

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



宿泊に関するお友達のBlog

Twitter

「マーケティング・経営ランキング」で参加しておりますので、良かったらポチッとお願いします

  1. 川嶋雄司の独り言

    販促はボヤケたイメージよりも、くっきり明確化を。完成したHPよりも継続しているコ…
  2. 川嶋の原点

    【感謝】本に載せて頂いて感じたこと│毎日続ける事が価値になる
  3. Relux(リラックス)

    柔軟にLINE@を活用│OTAの中でも特にSNSに強いreluxならではの活用法…
  4. Relux(リラックス)

    サービス開始から4年と7ヶ月│遂にReluxが会員数100万人を突破!(キャンペ…
  5. 手間いらず.NET

    手間いらず.NET & TEMAIRAZUユーザー必見!ベネフィット・…
PAGE TOP