Expedia

Expediaグループ傘下の民泊仲介サイトが統合丨「HomeAway」「stayz」が「Vrbo」にリブランディングされます


アメリカでは「Vrbo(ヴァーボ)」の方がよく知られているってホント?

コレは意外です。
日本では「HomeAway(ホームアウェイ)」のほうが馴染みがありましたけどね…

オンライン旅行サイト大手のExpedia・グループですが、2019年5月2日に「HomeAway」(https://www.homeaway.jp/)の名称で展開してきた一棟貸し宿泊事業のブランドを「Vrbo」(https://www.vrbo.com/)に改称(リブランディング)すると発表しました!

【Vrboとは?】
Vrboはもともと「VRBO(バケーション・レンタル・バイ・オーナーズ)」として1995年に創業。
Airbnbが創業する10年以上前から、個人所有のコンドミニアムや住宅などのレンタルサービスを行ってきました。

 
Expediaによると、米国ではHomeAwayよりもVrboの方が認知度が高く、実際にGoogle Trends(グーグルトレンド)によると、検索ボリュームはVrboの方が多いとの事…。



そして宿泊セグメントにおける取扱いシェアでも、Vrboが圧倒的実績を築いております。


なのでExpediaグループ傘下で、バケーションレンタルや民泊などの宿泊施設は、これまで「HomeAway」や「Vrbo」、「stayz」などのブランドのもとでサービス提供が行われていましたが、特に米国市場では最も知名度・認知度のある「Vrbo」に統合させる方向のようです。

2020年以降、Expediaはまだ進出していないマーケットでは新ブランド名称の「Vrbo」で新しいWebサイトを立ち上げるほか、すでにサービス提供を行っているマーケットでは順次「Vrbo」へのリブランディングの実施を予定しております。

Vrboへリブランド・概要

元々VRBOは、2006年にHomeAwayによって買収されたあと、Expediaが2015年にHomeAwayを買収し、Expediaグループ傘下にHomeAwayやVRBOなどのブランドサイトが加わった流れになります。

当初、Expediaグループでは、個人所有物件の取扱いを本格的にスタートするにあたり、ホテルではなく「ホーム」という新しい選択肢であることを強調する狙いから、「ホームアウェイ」をブランド名として採用しましたが…

今では個人物件の利用がすっかり定着し、むしろ主流にすらなりつつあることから、Expediaはブランド戦略を一歩進めるタイミングと判断。

今春から、ロゴマークのデザインから読み方まで一新しておりました。

さいごに

これまで多くの民泊仲介サイトを買収して拡大をしてきたExpediaのバケーションレンタル事業ですが、「Vrbo」とともに新たな局面を迎えることになりそうです。

この流れが日本まで来るのでしょうか?
今後に注目ですね!


The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形県・佐賀県など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン・Beds24)を愛用し、現在20予約サイト・3自社予約フォーム・4サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. Expedia

    Expediaの販売が気になる方へ│インターネットを活用した集客方法 Part.3

    決済がカンタンになったExpediaは怖いものなしかも?こんにちは。由…

  2. 川嶋雄司の独り言

    9/30に、海外の宿泊予約サイト・Expediaのパートナーイベントに参加!〜出会いとは行動なり〜

    会いたかった人との再会、そしてSNSでつながっていた方とも出会えた一日…

  3. Expedia

    【11/1に発生!】Expediaで事前決済の精算作業が一気に出来ないコトに関するエラー詳細

    一気には出来ませんが、20件ずつならなんとか精算が可能です11月初めに…

  4. Booking.com

    ■ホテル用語でルームチャージ(RC)って聞いた事ありますか?

    これからインバウンドサイトでご販売を検討中の施設様は要注意です。…

  5. じゃらんnet

    【2018年 最新版】新たに宿を始めようとお考えの方へ│新規参画のお問い合わせフォームを集めてみまし…

    数ある宿泊予約サイトに新規参画してみたい宿泊施設様へ販売チャネルを増や…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

何は無くともGoogleマイビジネスです!


ホームページ

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



宿泊に関するお友達のBlog

Twitter

  1. 川嶋雄司の独り言

    娘が生まれてはや5年たちました。
  2. じゃらんnet

    大分でも大々的に開催中の「ふるさと割クーポン」について。 Part2
  3. おすすめランチ・ディナー

    ホテレスに向かうその前に Part.3│金沢はグルメの街なのか?調べて来ました。…
  4. メトロエンジン

    レベニューマネジメントツール・メトロエンジンが、宿泊施設様向けに自社施設分析プラ…
  5. ▼新しいサービス

    宿で働いていた経験を活かしたサポートとはっ!?│後田さんから直接リサーチ!
PAGE TOP