Beds24

現金の取り扱いに関して│実はコストも時間かかるので、これからはキャッシュレス化を目指そう


カード利用やスマホ決済が出来るようにして、訪日外国人の方にも消費しやすい仕組み作りを

宿泊されたお客様がチェックアウトした後、レジ締めされている方はいらっしゃいますか?

アレってホント面倒ですよね?
1円でも足りなかったら、また計算し直さないといけないとか。。いやいやホントに時間が勿体無い…時間は有限です。

もしも現金払いが無くなって、全て事前決済やクレジットカード払いに。
いわゆる「キャッシュレス」になった場合を考えると、情報がデジタル化しているので瞬時に終わりますよね?

【キャッシュレスとは?】
現金ではなく、小切手・口座振替・クレジットカードなどを利用して支払いや受け取りを行うこと。


そうなるとレジ締めを担当されている方は違う仕事が出来たり、中抜け休憩にすぐ行ける訳です。


でもまだ日本では、今でも現金決済が今でも欠かせない状況なんじゃないかな?
その問題としては「クレジットカードの手数料が高いから」「手数料が勿体無いから」だと思うのです。

一つの例として、もしもホテルのお土産屋さんや売店でクレジットカードが使えたらと考えたら。
現金をあまり持ち合わせていない訪日外国人の方の消費する可能性が高まる訳です。

宿にとって、それって機会損失って思いませんか?

ITとキャッシュレス化は並行して進む

では、現金運営とキャッシュレス運営を比較してみましょう。


民泊施設やゲストハウス・小規模施設を運営されている方々は、よく分かって頂けるんじゃないでしょうか?
ぶっちゃけボクは現金ほど、管理が面倒で不衛生なモノは無いって思っています。

デジタルやIT化すると言う事は、紙を無くすって事でもあります。
そうなると管理は圧倒的にラクになる事でしょう。

これからはキャッシュレス経営に強いPMSや、Booking.comのクレジットカード情報を自動保存してくれるサイトコントローラーのBeds24とかで、お金と人手・時間をなるべくかけないようにして行けると良いですね。


「Beds24の記事一覧」
https://kawashimablog.com/yufuin/?cat=2255

※Beds24の事をもっと調べたい時はコチラを要チェック!
↓ ↓ ↓
https://co-reception.com/

さいごに

今日はなぜこのような事を書いたかと言いますと、昨日お伺いしたクライアントの宿泊施設様で「人手が居ないから、ビジネスホテルのような自動チェックアウト精算機を本気で考えようかしら」って言われたのがキッカケでした。

「旅館だからそんなの無理」って考えるのは辞めましょう。

うまくデジタルテクノロジーやITを使って、もっと柔軟に。もっとスマートに。
特にお金のお支払いはお客様・宿側双方にとって、コストも時間もかかるモノです。

これからは事前決済とスマホ決済・Iotを活用すれば、ほとんど人と会わなくても支払いが成立する時代ですからね。
そして有限でもある「時間」を決済になるべくかけずに、宿泊に来られているお客様にもっと目を向けられると良いでしょう。



【追記】
なお中国では、QRコード(Wechat Pay、Alipayなど)の決済システム普及が異次元なレベルになっています。
その一例を少しご紹介しますね。

中国のレストランや街の定食屋の座席にはQRコードがあるトコロもあり、テーブルにあるQRコードを読み込むと そのお店のメニューがスマホに表示されて、スマホから注文が出来ます。



決済もそのまま可能ですし、気に入ればそのお店のアカウントのフォローや会員登録も出来ます。



料理人と物運ぶ人を最小化が出来、お客さんは料理を食べるだけになり、注文フロー(フロー=流れ)も支払いフローも無くなる…っと言う訳です。
※詳しくはコチラ


こう言う風になると、人件費を抑えつつお金の流れをデジタルで管理出来るので、便利で良いとは思いますけどね。

これから急激な人口減少がもの凄いスピードで起こります。
地方ならなおさらです。

出来るだけ最小限の人手で宿の運営が出来ないか?お金の管理が出来ないか?
宿泊施設を運営されている方は、デジタルテクノロジーの活用を今から模索して行きましょうね。

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形県・佐賀県など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン・Beds24)を愛用し、現在20予約サイト・3自社予約フォーム・4サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. 湯布院ファイト

    「今の湯布院の現状」と「SNSの活用法」をメディアで発信!

    5/2(月)10:00〜 勢いで福岡KBC「アサデス」に出演します!こ…

  2. 川嶋雄司の独り言

    ■国交省/外国人旅行者の「手ぶら観光」促進で、宅配サービスの認知強化

    訪日外国人旅行者の受入環境整備の一環として宅配運送サービスを活用し…

  3. 川嶋雄司の独り言

    素泊まりや一泊夕食をうまく使おう│「泊食分離(はくしょくぶんり)」を改めて考えてみる

    多様化する旅行のスタイル・ライフスタイルに合わせて、食事と宿泊を切り離…

  4. 川嶋雄司の独り言

    思えばやれない事はない丨毎日Blogを書き続けて、いつの間にか2000記事超えてました

    塵も積もれば山となる。けっして無駄なモノはない。ボクは小さい頃 野球少…

  5. 楽天トラベル

    ■年末年始の動向。円安の影響もあり国内旅行が伸びる要因に!

    12/27〜1/4まで最大9連休となる今回の年末年始休暇は国内需要…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

何は無くともGoogleマイビジネスです!


ホームページ

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



宿泊に関するお友達のBlog

Twitter

  1. Beds24

    旅館・ホテルで、Airbnbの販売をしたい宿泊施設へ│今注目のチャネルマネージャ…
  2. Cansell

    Cansellが、出品した宿泊権利に買い手がつかなかった場合に『お見舞金受け取り…
  3. じゃらんnet

    ネット担当者は知っておくべし!?丨じゃらん「グローバル集客サービス」が大幅アップ…
  4. トリバゴ

    【保存版】ホテル・旅館のメタサーチサイトがどれぐらいあるのか?調べてみました!
  5. 楽天トラベル

    【NEXT Rakuten Travel】2019年・楽天トラベルのフルリニュー…
PAGE TOP