Booking.com

Booking.comの事前決済手数料、ならびに仮キャンセル制度の導入に関して、2つの問題点に鋭く切り込む!!


密かに行われていたBooking.comの2つの問題点はコレ!

2018年1月にお友達のハマちゃんもBlogでも書いてますが、Booking.comって最近「事前決済」を始めたんですよね〜っ。
↓ ↓ ↓

「ブッキングドットコムで間もなく事前決済が開始されます!」
http://hmd.geo.jp/archives/4963


現在もBooking.com側が登録施設に対して、徐々に「事前決済」の対応をしている模様です。


いや〜、今まで頑なに「現地決済」しか対応していなかったBooking.comですが、コレは正直有り難いなって思っておりました!


そしたら先日、Twitterでこんなつぶやきを見かけましたんですよね…。

 

事前決済分の「被仕向送金手数料」が2500円って…コレは小規模施設ほどかなりイタい。。


そうなんです。
Booking.comの担当部署の方に改めて確認させて頂きましたが、Twitterの記載は正しいとの事。

ようは Booking.comの事前決済は【海外送金】扱いとなるため、受け取り銀行によって被仕向送金手数料と言うモノが発生します。

手数料は無料~3,000円程度と、銀行により差異はあるみたいですね。
しかしながら今回のTwitter投稿者のように、手数料が入金額を上回るケースも出るとの事…。

 

なので、それはおかしいんじゃないかなぁっと 今回の件をBooking.comの営業担当の方に投げましたら、この担当部署に<被仕向送金手数料>の発生状況、および会社全体としての改善策を検討されると言うお返事を頂きました。

こう言う早い対応がBooking.comの良いトコロですねー。よろしくお願いします!

Booking.comでキャンセルがあってもキャンセルにならない!?「仮キャンセル制度」

続きまして…Booking.comの「仮キャンセル制度」が知らないうちに導入されてたってご存知でしょうか?

最近の話みたいですけれど、Booking.comの予約がキャンセルされた時に、Booking.comが「
仮キャンセル」として在庫をリリースせず、Booking.com内でお客様を探し、24時間で見つからなければ本キャンセルとし在庫をリリースすると言うモノだそうです。


カンタンに言うとBooking.comで予約→キャンセルがあっても、そのデータをサイトコントローラーに通知せず、 Booking.com内で24時間 次の予約をしてくれるお客様を待つ状態にするって事です。

コレは一言で言うと…やっぱりズルいかな〜?(苦笑)

それがサイトコントローラーとの連携上、予約キャンセル情報としてキャンセルは上がらないので、ステータス上キャンセルとなってない予約の在庫だけがキャンセルであがってしまうと言う現象が発生していて、ダブルブッキングの可能性が出てまいます。

この度、宿の在庫でおかしな挙動があったので ねっぱん!サイトコントローラーに調べて貰いましたら、そういう事案が複数報告されており、コレは問題なので Booking.comとの協議で ねっぱん!利用施設はこの仮キャンセル制度は停止したそうです。

仮予約ならぬ仮キャンセルって。。 
正直、キャンセルがあっても在庫をリリースしないのはえげつないなぁってのが正直な感想ですが、他サイトコントローラでも「取り込まれていない予約のキャンセルが通知されました」等と表示されてしまいますので、しばらく注意が必要かもしれませんね。

※Tさん、情報提供ありがとうございます!

さいごに

施設やサイトコントローラーに対して、Booking.comは今後も強気で色々仕掛けてくる事でしょう。
それは間違いありません。

いくらキャッシュレス化と言っても、Booking.comの現地決済予約って強いんですから。

ソコとどう付き合うか?
どうやってリスク回避して行くか?

宿泊施設にとって、今後の一つの課題なのかも知れませんね。
ではBooking.comの販売でお悩みだった方の参考になれば幸いです!


そうそう、お友達がこう言う記事を書いております。
民泊を始めようとしている施設様は、是非参考にされてくださいね。
↓ ↓ ↓

「民泊オーナーが初めてBooking.comへ物件掲載を開始する為の資料PDFダウンロード先」
https://co-reception.com/how-to-use-booking-com/

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形県・佐賀県など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン・Beds24)を愛用し、現在20予約サイト・3自社予約フォーム・4サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. Booking.com

    ■【Booking.com】日本国内限定!クレジットカード情報不要で予約受付が可能に!

    11月25日(火)より、すべてのご参画施設様が対象に!こんにち…

  2. じゃらんnet

    ■コレは便利!18サイトがカンタン比較『BIGLOBE旅行』、アプリ『旅比較ねっと』

    1/22に追加で『dトラベル』など4社の旅行サービスと提携。現在合…

  3. Booking.com

    【Booking.comのノーショー(不泊まり)を再度考える】Booking.comがキャンセル・不…

    事前決済も無いので、料金の回収は全て宿が責任を持って遂行するのが前提こ…

  4. Beds24

    今が変革の時!?│民泊新法がもうすぐ始まり、Airbnb一択から次のフェーズへ

    まずは民泊に関するおさらいです。2018年6月15日はいよいよ民泊新法…

  5. Booking.com

    ■通訳は必要はない。そう、「Google翻訳」があればね!

    インバウンド、恐れる事なかれ。スマホアプリ「Google翻訳」を活…

  6. じゃらんnet

    【最新版 Part.2】数ある宿泊予約サイトに新規参画してみたい宿泊施設様へ

    新規参画のお問い合わせフォームを集めてみました!こんにちは、旅館のWE…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

何は無くともGoogleマイビジネスです!


ホームページ

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



宿泊に関するお友達のBlog

Twitter

  1. 楽天トラベル

    楽天トラベルの予約者の名前の箇所に「きんえん」と書いてあるのは何故か?
  2. ▼新しいサービス

    サイトコントローラー「TEMAIRAZU」シリーズ、「ゆこゆこネット」と業務提携…
  3. handy

    Amazonがホテルを作る日も近い?│ホテルのサービス用にカスタマイズされている…
  4. 川嶋雄司の独り言

    2018年、チャレンジしたい事・5選
  5. 新しい旅行のあり方

    たびのたつじん→タビナカへ│日本語ガイド付きで安心!海外ツアーの予約サイトをご紹…
PAGE TOP