トラベルコちゃん

「トラベルコ」が「マイナビトラベル」と新規連携!│これにより約8,000施設のプランが追加掲載される事に


果たしてマイナビトラベルは他社OTAより優位に立てるか?

トラベルコがまたまた新規サイトと連携を発表です!

500以上の旅行サイトが多彩な旅行プランを掲載中のメタサーチ「トラベルコ」(https://www.tour.ne.jp/)は、2018年4月25日、国内の宿泊予約サイト「マイナビトラベル」(https://travel.mynavi.jp/)との連携開始しました。

【メタサーチとは?】
1回キーワードを入力するだけで、複数の検索エンジンで検索が実行され、検索結果が表示される検索サービスの事を言います。 

【トラベルコとは?】
マイナビトラベル、じゃらん、楽天トラベル、Yahoo!トラベル、JTB、るるぶトラベル、一休.com、近畿日本ツーリスト、日本旅行、エクスペディア、Booking.com、Trip.comなど、主要宿泊予約サイト・旅行会社のほか、一部宿泊施設から直接情報提供を受けているプランや民泊プランも同時に一括検索・比較することのできるサービスです。 

【マイナビトラベルとは?】
2016年6月にサービスを開始した国内宿泊予約サイトです。
全国のホテルや旅館などの宿泊施設情報の中から、ユーザのニーズに合わせた最適な宿を探すことができる。また、高速バスやレンタカーの予約、宿泊施設近辺のおすすめ観光スポット情報など、宿泊に関わる幅広い情報と機能を提供しています。


このBlogをご覧頂いている方は、トラベルコを含むトリップアドバイザーやトリバゴと言う”比較サイト”をご存知の方もきっと多いハズ。

そうなんです。
これらは楽天トラベルやじゃらんnet、Booking.comなどの海外サイトの最安値プランを一気に比較・横断出来、最安値のOTA(宿泊予約サイト)のリンクへジャンプして、そのまま予約が出来ると言うとっても便利なサービスになります。

コレらを総じて「メタサーチ」って言います。

なので今回の発表を聞いて…特に国内のメタサーチでは「トラベルコ」は結構影響力を持っておりますので、大手マイナビも紹介手数料を払ってでも メタサーチの存在を無視出来なかったってトコロでしょうか?

トラベルコの立場から考えてみる

仕方ない事なのですが、後発のマイナビトラベルがトラベルコで優位に立てるのか?

ボクはちょっと疑問視しております。
もちろん数年経てば分かりませんが。メタサーチはいつから掲載するのかが重要ですし。

しかしながら、もう何年もトラベルコを含むメタサーチで露出しつづけているOTAが 既に何社もありますからね。




ちなみにマイナビトラベルのアイコンは右側の一番下に掲載。
ココから施設ページへジャンプする事が出来ます。

こうなって来ると OTAとしては多少広告費をメタサーチに払ってでも、目立つように表示させなくてはいけないと思うのが当たり前であり、それがこの世の真理。ビジネスです。

ちなみにトラベルコは、どこのOTAで売れても痛くも痒くもありません。
トラベルコの目的は”複数のOTAを掲載・比較させる事により、OTA同志を競い合わせる事”なのですから。

マイナビトラベルの立場から考えてみた

さてさて肝心のマイナビトラベルですが、実際にどのように見えているかと言うと…コチラ!




サイトコントローラーで価格を揃えていれば当然なのですが、どのOTAでも価格は一律一緒になっております。

この掲載を見てカスタマーは「へぇ〜、マイナビトラベルってサイトがあるんだー」とは思うかも知れませんが、「じゃ、マイナビトラベルを使ってみようかな?」とはちょっと考えづらいかも?
だってサイトコントローラーで管理していたらどのOTAも価格を全て揃える事が出来ますから、こうなると以前から使い慣れている宿泊予約サイトを使うのが普通じゃないかな。

なのでマイナビトラベルとしては、トラベルコへの露出は「広告」と捉えれば良いのかも知れませんね。

さいごに

今更ながら…ぶっちゃけOTAがメタサーチへ露出すると言う事は”パンドラの箱”とも言えます。
改めてお伝えしますが、メタサーチの収益源は”宿泊施設”ではなく”OTA”だと言う事を念頭に入れておくと分かりやすいかも知れませんね。


もしメタサーチに掲載されているOTAで宿泊予約が成立したら、OTAはメタサーチに手数料を数%払わないと行けません。
アフィリエイトと仕組みはほぼ一緒。

メタサーチは特に営業もせず会員も作らず、右から左へ移すだけで儲かると言う仕組みなのです。

特にメタサーチの「トリバゴ」(https://www.trivago.jp/)は 87%を広告費に投じていますので、特にテレビCMやYouTube広告でその存在を知った方もきっと多いと思います。


辛口な事をアレコレ書きましたが、今回双方合意の上での連携ですので、トラベルコもマイナビトラベルも国内のWEB宿泊予約を大いに盛り上げて欲しいですね。

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形県・佐賀県など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン・Beds24)を愛用し、現在20予約サイト・3自社予約フォーム・4サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

ピックアップ記事

  1. Relux丨「新型コロナウイルス感染症対策」表示機能をリリース

関連記事

  1. マル得ホテル予約

    ビジネス系の宿泊予約サイト「マル得ホテル予約」販売終了のお知らせ

    もともとTEMAIRAZUの比較.comが運営していましたが、現在…

  2. じゃらんnet

    インスタジェニックな旅の情報をお届け│公式Instagramアカウントはコレ!

    Instagramで発信している宿泊予約サイトをフォローしようSNSの…

  3. 手間いらず.NET

    一年間実施!│手間いらず.NET×マイナビトラベルが特典付きキャンペーン実施

    マイナビトラベルの販売を始めるなら今!こんにちは、旅館のWEB集客のサ…

  4. マイナビトラベル

    マイナビトラベル丨後払いが可能なホテル予約サービス『minute(ミニッツ)』へ宿泊プラン提供を開始…

    お金やクレジットカードが無くても大丈夫な、後払いホテル予約サービスにな…

Zoom&LINEコンサル始めました

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

何は無くともGoogleマイビジネスです!


ホームページ

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



宿泊に関するお友達のBlog

Twitter

「マーケティング・経営ランキング」で参加しておりますので、良かったらポチッとお願いします

  1. 新型コロナウイルス

    宿泊施設で出来そうな新型コロナウイルス対策を考えてみた Part.3
  2. Beds24

    Beds24のダイナミック・プライシング「ルームプライスジーニー」を用い、手動で…
  3. 楽天トラベル

    ■楽天トラベルの「360°ビュー」でPCやスマホで宿の魅力を発信しよう!
  4. 一休.com

    新しい出会いを応援。『フェイスシーン』 × 『一休.comレストラン』がなんと業…
  5. ねっぱん!++

    Beds24 or ねっぱん!++丨Stripeの手数料と対面決済との相性につい…
PAGE TOP