▼海外インバウンドサイト

とにかく売り込みがハンパない│宿泊予約ポータルサイト『訪日.com』の実態とは?


紹介手数料・仲介料は無料(年間の制作・掲載費のみ)ですが…

最近、電話やメールで「訪日.com」と言うトコロから、掲載の連絡がありませんでしたか?

「訪日.com」
http://www.xn--wgv502f.com/

【訪日.comとは?】
2014年10月に公式リリースした、主に香港・台湾向けで かつ個人向け旅行者の宿泊検索ツールです。


なんと全国で2,000施設の掲載があるサイトのようですね。(2017年4月現在)
それに訪日.com利用者数が200万人突破しているようです!

…あくまで利用者ですけどね。
それにボクが知る限りですが、営業の連絡は結構シツコイようです。


あと宿が一番知りたいのは「宿泊手数料」だと思うのですが、どうやら手数料は年会費以外は無料のようです!
(宿泊代金に対して数%かかる、じゃらんnetや楽天トラベルなどのような送客手数料って感じではありません)

以前も一度Blogに書いたのですが、再度ボクなりに調べてみました。

訪日.comのメリットを要チェック

まず訪日.comのウリですが、掲載料がキャンペーン価格で3年で40,000円(1年で13,333円)と他のOTAの広告費と比べてもかなりお安いのかなって感じます。

あと繁体字の翻訳版があるので、「香港」「台湾」「マカオ」などの中華圏へのアプローチに向いていそうですね。


もちろん日本語版もあり、紹介ページのカスタマイズは訪日.comの会社「TGカンパニー」さんの制作が行います。
制作にかかる宿の負担はほぼゼロです。(画像を撮ったりメールで送ったり等はありますが)

それに訪日.comのページには貼りたいリンク(自社HPのリンク・予約フォーム等なんでもOK)が貼れるので、指定したページへ誘導出来ます。


また、ページ以外の台湾・香港からの問い合わせメールの翻訳サービスも対応。

それに手数料が年会費以外かからないので、自社HPの繁体字用としても使えそうです。(訪日.comの会員登録・利用料は無料)

訪日.comのデメリットとは?

色々リサーチしましたが、規模の大きい宿泊施設であれば 年間の掲載費・数万円は安いのでは無いかと思うのですが、部屋数の少ない小規模施設にとっては微妙な出費かも知れませんね。

それを出すのであれば、違うサイトのプロモーションや広告費にあてがっても良いかと。

それに「訪日.com」のサイトのパワー・認知度は、大手海外サイト(Booking.com・agoda・Expedia等)のプロモーションに比べればまだまだでしょう。


そして自社HPに誘導出来たとして、自社の予約フォームがしっかり繁体字に対応していないと、予約に転じる率はかなり低いと思います。

手数料がかかってでも、そこは多言語化に対応しているBooking.com・agoda・Expediaのリンクを貼っている方がスマートかな〜っ?

まとめ

訪日.comに掲載している施設で、「アクセス数」と「予約に転じた%」が施設側で分かれば良いのですけどね。
そうじゃなきゃ、効果があった無かったの判断が出来ません。

もちろん、インバウンド集客をメインにしていない施設にとっては「訪日.com」はスルーして良い案件です。
しかし2020年のオリンピックまでは、こう言う「紹介のみのポータルサイト」がまだまだ増えるかも知れませんね。


ボクなりの結論としては、中華圏のインバウンドを増やしたい宿泊施設は「訪日.com」へのアプローチは良いと思います。
何事もやってみないと分かりませんからね。


あ、でもスマホのUI(ユーザーインターフェース)を見たトコロ、いわゆる使い勝手がこりゃちとヒドイかな…(^^;


国旗をこんなにスマホでデカデカと出されても…ねぇ。。

「訪日.com」
http://www.xn--wgv502f.com/

スマホアプリもまだありませんし。


ボクなりの結論として この運営のやり方ですと…よーく考えてからお申込みされた方が良いかも知れません。


■「訪日.com」お問い合わせ先
TGカンパニー TEL:03-5284-8535
http://tg-company.tokyo/

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形県・佐賀県など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン・Beds24)を愛用し、現在20予約サイト・3自社予約フォーム・4サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. ▼海外インバウンドサイト

    販売から一年弱で宿泊サービス終了│訪日外国人観光客向け情報サイト「Cozy Japan」

    宿泊は終了しますが、今後は観光・飲食サービスの拡大へこんにちは、旅館の…

  2. Booking.com

    インターネットを活用した集客方法│インバウンド集客のコツとは?

    昨日、別府ビーコンプラザで開催!具体的で応用しやすい事例が盛りだくさん…

  3. ▼海外インバウンドサイト

    インドネシアのオンライン旅行代理店・traveloka(トラベロカ)が、いよいよ日本に進出か?

    今後、日本で展開するとなれば要チェックのサイトです!インドネシアの宿泊…

  4. ▼海外インバウンドサイト

    あのUSENが運営なの!?│訪日外国人向け情報サイト「Cozy Japan」

    オリジナル動画による観光スポットやレストラン情報の紹介、宿予約もOKU…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

何は無くともGoogleマイビジネスです!


ホームページ

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



宿泊に関するお友達のBlog

Twitter

  1. 湯布院ファイト

    湯布院の避難所(B&G海洋センター)で三味線&民謡LIVEを…
  2. 手間いらず.NET

    バージョンアップしたTEMAIRAZUで、るるぶトラベルも「予約取得高速化」対応…
  3. Trip.com

    【Trip. com / リクエスト予約者へのその後の対応】部屋の確保が出来てい…
  4. 湯布院ファイト

    お腹が空いては仕事が出来ぬ│こう言う状況だからこそ、SNSで発信を!
  5. じゃらんnet

    じゃらんnetの【宿名・キーワード検索ランキング】で、じゃらん内のトレンドを要チ…
PAGE TOP