一休.com

■高級旅館サイト・relux(リラックス)が、どんどんバージョンアップ!!


relux

3大ニュース!インバウンド・事前カード決済・relux Gradeリリース

こんにちは!予約サイトが大好き♪
宿泊予約サイトマーケッターの大分県・湯布院の川嶋(@maidokawashima)です。

高級旅館サイト・reluxがApple並(?)にバージョンアップしますよ!

IMG_9207.JPG

■ relux ■


今後を見据えた訪日外国人対策、繁忙期・事前カード決済のみの販売機会損失回避・迷わせないコンセプトならではの★★★の表記などなど…変化のスピード感があります!


IMG_9206.JPG

IMG_9205.JPG

会員数は予約数に関係なし!?SNSの未知なる影響力!

ソーシャルメディアの影響でしょうか?
reluxは会員数7万人とは言えないぐらい、じわじわ宿泊予約サイトの中でも存在感が出て来ております!

そして今後の時代の流れも上手く読み取っていますね。
インバウンドの…しかも海外の富裕層が利用しやすい仕組み作り(ストーリー)をおそらくreluxは先駆けて行おうとしております。

一休.comはあえてインバウンドは狙ってなさそうな感じですね。
じゃらんnet・楽天トラベル、2強時代はまだまだ続きそうですが、数年後少しずつその勢力図が変わっていくかも知れませんよ。

 

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形・富山など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン)を愛用し、現在25予約サイト・3自社予約フォーム・3サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. 一休.com

    安心して民泊STAYを。一休.comならではの古民家を活用した「インバウンド需要対応」

    「日本の伝統的な暮らしや文化を体験できる宿」を訪日外国人に開放こんにち…

  2. かんざしクラウド

    ■2015年。これからやっておきたい事、やってみたい事。

    ネット販売はシンプルにやったモン勝ちの世界毎日宿泊予約の事ばか…

  3. じゃらんnet

    ■もう旅行雑誌の意味合いなんて無くなってしまったのかも知れない。

     雑誌はかさばる。アプリはかさばらないし便利こんにちは!予約サ…

  4. 一休.com

    【高級ホテル・旅館必見!】一休.comでエリアの表示順位を上げる方法

    高級旅館でサイトコントローラーを多用しないのであれば「一休 PLUS+…

  5. 一休.com

    一休.comシリーズの操作でお困りの方へ│施設様向けヘルプページが開設されました!

    一休.comカスタマーサポートに電話する前にチェックしてみよう一休.c…

  6. Relux(リラックス)

    2018.1.22 Reluxカンファレンス2018開催!│篠塚代表のReluxに対する想いとは?…

    Reluxが生まれたキッカケは東日本大震災でした昨日の続きで、数回に分…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

仮想の旅館のネット担当者:カワシマ



カワシマが音声でアレコレお届けします!

ホームページ

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



宿泊に関するお友達のBlog

Twitter

  1. おすすめランチ・ディナー

    ホテレスに向かうその前に Part.4│北陸方面から草津温泉はどうやって行くのか…
  2. 楽天トラベル

    猫好き必見!チョビちゃんが全国の宿・ホテル自慢の「看板猫ランキング」で1位になり…
  3. 未来のテクノロジー

    客室の清掃に使えそう│お掃除ロボットのルンバ、新作はゴミ捨てまで自分でするように…
  4. Booking.com

    ■JTB新社長もやはり重きはインバウンド強化、そしてハラル。
  5. 川嶋雄司の独り言

    ■日本の人口に匹敵するぐらいの人が海外旅行に!?中国の動向を考える。
PAGE TOP