じゃらんnet

ネット担当者は毎年行くべし!│今と、これからを知る「じゃらんフォーラム2017」Part.5


地域を変える「稼ぐ観光」の可能性 〜先行する日本版DMO事例より〜

「じゃらんフォーラム2016」の記事もいよいよ大詰めです!

次のセミナー講師は、リクルートライフスタイル・じゃらんリサーチセンターの沢登 次彦さん。

「地域を変える「稼ぐ観光」の可能性 〜先行する日本版DMO事例より〜」と言うお題目でお話ししてくださいました。


まずDMOとは何か?

【DMOとは?】
DMO(Destination Management Organization:デスティネーション・マネージメント・オーガニゼーション)とは、観光物件、自然、食、芸術・芸能、風習、風俗など当該地域にある観光資源に精通し、地域と協同して観光地域作りを行う法人のこと。


ちなみに、観光庁が規定した日本版DMOは以下の通り。

『地域の「稼ぐ力」を引き出すとともに地域への誇りと愛着を醸成する「観光地経営」の視点に立った観光地域づくりの舵取り役として、多様な関係者と協同しながら、明確なコンセプトに基づいた観光地域づくりを実現するための戦略を策定するとともに、戦略を着実に実施するための調整機能を備えた法人』としています。


今回なぜDMOの話をされたのかなぁって色々思いましたが…長期的に見ても、この「観光地域作り」が今後の日本には欠かせない分野だからでしょう。


国内外含め、訪日外国人への取り組みもこれから必須と言えますね。

特にインバウンドはまだまだ伸びしろがありそうです。


しかし、日本人の1年間の平均旅行回数は年々下がっており、現在「56.4%」。

この一年で宿泊する人は、2人に1人の統計です。


DMOを語る以前、日本人で国内旅行する人が少なくなっている事も頭に入れておきましょう。
じゃあ我々はどうすれば良いのでしょうか?もちろん、需要を創るしかありません。



そして国内旅行ですが、1回あたりの旅行費用総額は平均して約5万円。

こちらは微増傾向です。



旅行にお出かけのお客様は、その土地の美味しいモノ…いわゆるプチ贅沢にはお金をいとわない傾向にあるのかも?


観光エリアは【いかに気持ち良くお金を使って貰う仕組みがあるか?】

ココは観光地の重要課題でしょう。



街全体をテーマパーク化しようとしている着地型商品「ちょいのぞき気仙沼」をご紹介されてました。

コチラでは、至る所で仕事体験が出来るように 他の街にはない港町ならではの職場に潜入できるほか、漁師体験やツリーハウスなど自然を満喫できる遊びもたくさんあります!


[blogcard url=”https://cyoinozoki.jp/”]


「ちょいのぞき気仙沼」は学んで楽しめるコンテンツが満載のプログラム!

利用者も年々増加しております。


メカジキの水揚げ量が日本一の気仙沼ならではのアイディア料理で、ご当地グルメの開発も面白そうです!



この辺りの終盤になると。。



ちょっと専門的で難しいかなぁって感じましたが…


こうやって第三者的に「観光」を見つめ直してみると、点在しているお店や宿・地域で働かれている人達そして行政が一丸となってこそ!そして観光客誘致・情報発信をしていかないと、中々将来の顧客に成りえないのかも知れませんね。

だったらボクがいる湯布院エリアはどうなのか?
個人で出来る事は何か?
ただやみくもに情報発信するのではなく、官民一体となって出来る事は何だろうか?

などなど、色々と考えさせられた講義でした。
町に住むボクらは、人は、実は観光資源でもあるのかも知れませんね。



では明日は、毎年楽しみにしているCSの変態(?)山田修司さんのセミナーをBlogで書きたいと思います!

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形県・佐賀県など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン・Beds24)を愛用し、現在20予約サイト・3自社予約フォーム・4サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. じゃらんnet

    閑散期対策としてフラッシュマーケティング「ポンパレ」は使うか否か!?〜Part.2〜

    リクルートの割引チケットサイト「ポンパレ」を再度調査昨日に続き、ポンパ…

  2. じゃらんnet

    ネット担当者は毎年行くべし!│今と、これからを知る「じゃらんフォーラム2016」Part.1

    宿泊業の方は、感性を磨く上でも参加される事をオススメします。おととい、…

  3. じゃらんnet

    たまにはチェックしてエントリーしよう│じゃらんnetで無料で露出できる「特集へ参加」がオススメ!

    販促サポートパックしてなくてもOK!参加条件に合ったプランにチェックす…

  4. じゃらんnet

    じゃらんnet「クーポンまとめページ」のスマホ最適化│2017年9月25日に機能改善を実施 Part…

    今回スマホアプリ版は関係無く、スマホのWEBブラウザで見た場合の仕様変…

  5. じゃらんnet

    じゃらんnet│2017年6月19日より、機能改善を実施 Part.2

    PC版検索結果一覧画面での表示内容追加昨日の続きです!…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

何は無くともGoogleマイビジネスです!


ホームページ

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



宿泊に関するお友達のBlog

Twitter

  1. ▼新しいサービス

    1万軒を越えるデータベースを無料提供│「ホテル番付」で競合施設をカンタン比較!
  2. 一休.com

    ■女子旅ガイド共有サービス「トリッププランナー」が一休.comと提携!
  3. ▼メタサーチ&クチコミサイト

    比較サイト・メタサーチが、自社予約と国内OTAを殺す日
  4. じゃらんnet

    国内OTA(宿泊予約サイト)が作った訪日外国人向けサイトがどれぐらいあるのか調べ…
  5. 川嶋雄司の独り言

    今まで「電話予約」しか受け付けて来なかった宿泊施設様へ│過去の栄光としがらみこそ…
PAGE TOP