じゃらんnet

GW前から、BlogやSNSを使ってした方が良い事。


今後、特定の誰を思って発信出すのか?

GWも もうすぐですね。おそらく結構部屋が埋まってる事でしょう。
しかしながら、その先の5・6・7月の予約状況はいかがでしょうか?

状況は一変し、GW期間中のようには行きません。
じゃあ、これから先どうすれば良いのか?


5・6・7月も 予約が絶えず入っていれば問題ないのですが、こう言う人気の施設様のほとんどが 慌てる前から常に【情報発信】をちゃんとしている施設様か、長年営業されてリピーターがしっかりいらっしゃる施設様になるんじゃないかかな?

それに、そう言う所は安売りも極度にされていません。
ではGW明けに危機感を感じている方に、是非行って欲しい事があります。

忘れられていませんか?

一度泊まられたお客様は、いくら良いお料理・おもてなしをしてもすぐ宿の事を忘れます。
言い換えるとこの情報過多のこの時代、数日経てば記憶から消滅してしまうのです。


まず、宿の名前を忘れるでしょう。
よっぽどのインパクトがあっても、ずっーと語り継ぐのは難しいでしょうね。

ではソーシャルメディア、いわゆるSNSが当たり前かつインフラになった今の時代に、今後宿泊業はどう対応していけばよいか?


来て欲しい人に向けて、継続的に情報発信し続けていく事が重要


今までTV局でしかやれなかった事・大手企業しか出来なかった事・お金がかかった事が、今ではお持ちのスマホ1台でほぼ無料で個人で出来る時代になったのですから、有難い事ですよね〜。

厳しいようですが、宿泊業でインターネットを使って何もしていないと言う状態は、顧客から忘れられ Googleの検索にも出ず、今後全く指示されなくなると言う事です。


これからはおそらく、SNSでゆるく繋がりのあるお店・宿から「関係性」の深いほうで、コミュニティが形成されたインターネットの場所でモノを買う・宿泊する・消費するようになって行くでしょう。

そして履き違えてはいけないのは、誰が発信したか?
顔が分からない人の発信はあまり効果的では無いと言う事。


「●●旅館Blog」よりも「●●旅館の女将●●のほんわかBlog」と言った【個】をしっかり出した方が見てもらいやすいし、関係性も比較的築きやすいです。

更に言うと売り込みの発信はほとんどしない方が良いかな?


実際に今、LINEやFacebook・Blogやyoutubeなどでのやり取りで、仕事が舞い込んだりモノが売れたりしている事を理解出来ますか?

そのほとんどが無料で使えるツールなのですから、これからやらない手は無いでしょう。

まとめ

GW明けの予約状況が悲惨な状態で、安売りするしか無い…

それも分からなくはないのですが、今一度どういう方に泊まって欲しいのか?
インターネットを使って出来る事はないのかを、今から模索して欲しいです。


例えば…

●湯布院で新婚旅行をお考えの方に来て欲しい
●還暦のお祝いが出来るか探している方に来て欲しい
●お誕生日ケーキを宿で用意して貰えないかを一生懸命ネットで探しているパパ・ママに来て欲しい

などなど、プランやコンセプトなどをちゃんと紹介しきれているか?ニーズを作り出せているか?
発信している内容を、今一度見直した方が良いでしょう。


やろうと思えば今からすぐにでも出来る時代です。
そしてそれはココまでやれば終わりって言う事がありません。

なお、【個】を出せば【個】からの反応は確実に増えます。


誰に来て欲しいか?
誰に喜んで欲しいか?
どう言う体験が出来るのか?




安売りせず、未来のお客様に忘れられない様【個】を出して、毎日しっかりインターネット・SNSなどを使ってアピールしていきたいですね。

私はまず経営者が率先して発信すべきだと考えています。



※ファミリーに人気の全室離れ宿 旅荘 牧場の家 宿ログ参考
↓ ↓ ↓
https://goo.gl/fyUeBJ

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形県・佐賀県など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン・Beds24)を愛用し、現在20予約サイト・3自社予約フォーム・4サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. 新しい旅行のあり方

    AIがユーザーに合った旅行先を提案丨AVA Intelligence株式会社が「AVA Travel…

    ユーザーの旅行そのものをもっと便利に、楽しいものへAVA Intell…

  2. じゃらんnet

    【スマホで早めに返信しよう!】じゃらんnetのクチコミ返信がスマホで出来るようになりました!

    まずはクチコミ返信専用のURLからスマホでログイン!スマホのホーム…

  3. Airbnb

    年間営業日数が180日で民泊OK!│「住宅宿泊事業法」成立で感じた事

    現実として、もうこの流れからは逆らえないのか2017年6月9日に、自宅…

  4. じゃらんnet

    【抽選で500名まで】じゃらんnetのアンケートに答えて、Quoカード1,000円をGETしよう

    回答期限:2019年9月30日 午前10:00までです!お時間のある方…

  5. じゃらんnet

    じゃらんのホームページダイレクトを利用中の施設は【じゃらん限定】の文言に気をつけよう。

    【じゃらん限定】プランなのに、自社HPに出ていると ちょっとかっこ悪い…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

何は無くともGoogleマイビジネスです!


ホームページ

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



宿泊に関するお友達のBlog

Twitter

  1. 川嶋雄司の独り言

    稼働率を重視する事で、利益率が下がる事があるって知ってましたか?
  2. OZmall

    OZmallがバージョンアップ!│「キャンセル規定」&「オンライン決済プラン」が…
  3. 手間いらず.NET

    民泊セルフチェックインシステム「minpakuIN」(民泊イン)が、『TEMAI…
  4. スマホアプリ

    2015年6月下旬、遂にMAPPLEトラベルが事前決済機能を導入予定!!
  5. 楽天トラベル

    【楽天トラベル会議室】を見ると、過去悩んでいた自分を思い出す
PAGE TOP