川嶋雄司の独り言

直前の宿泊の値下げがクセになっているネット担当者さんへ


値下げを正当化せず、中身で勝負しましょう。

今回、ボクがお手伝いしている施設様の事を書きますね。

コチラの宿の担当者さんは、直前で売れていないお部屋をサイトコントローラーで値段をちょっと下げるんですよね〜。
それがなんだかクセになっている感じがしてならないんです。

正直空いているお部屋を自身のコントロール(値下げ)で予約が埋まったら、とっても気持ちいいんです!お気持ちは分かります。


ボクも実際、過去に売れない部屋をどうにか値下げで販売してさばいた経験もあるし、依頼されれば嫌々ながら値下げのプランを何度か設定してきました。
(ボクはもうしませんけどね)

でも、今一度考え直して欲しいと思うんです。


値段を下げて入った予約者は、値段が上がればリピートはほぼ無いですから。


あっ、でもポンパレ使ったユーザーは、ポンパレ使ってのリピーターはいますね(涙)


全てにおいて値下げは反対ですが、やむを得ずどうしてもやりたい!っと言った場合、どうするか?

サイトに寄ってクーポン施策やポイント施策がありますし 一定期間をちゃんと決めてその間だけ対応するって言う手もありますけれど、それだと先々そのクーポンを発行をしたサイトに依存しがちになってしまいます。
(ボクはもう絶対しませんけどね)

でもそれは、わざわざ将来の顧客を減らす行為になるんじゃないかな?

何度も言いますが一旦下がった価格、値上げ後にはほとんどリピーターとして帰ってきませんから。


旅館・ホテルの経営者さんは、値下げしたが為に失うモノに気づいてますか?

ボクはこの商売を6年半やってますが、値下げして入ったお客様と正規料金のお客様と比べると、口コミの点数や評価はより厳しく残るお金の利率やリピート率は低い傾向にあります。

結局のところ、経営者の方は「値下げするんじゃなかった」 「ポンパレやGROUPONなんて…」と、たいがいの方は言われます。 宿泊業は慈善事業ではありませんからね。


ぶっちゃけ値下げせずに正規料金で、年中普通通り今までと変わらない運営・販売する事こそが、売上げを伸ばす事が出来る最大の販売方法とボクは考えます。


それにはまずサイトコントローラーを導入し、サイト数を増やす事がオススメです!

複数サイト登録していると言う事はチャンスが増えると言う事。そこが整っていると強気の金額設定でいけますしね。
そして「値下げを絶対しない」と言う覚悟を決める事です。このメソッドこそが一番大切な事かも知れません。
(別にボッタクろうとは言ってません)


ちなみに去年の湯布院での地震の後、ボクにヒドく値下げを強要して来られた方がいました。
キャンセルが続出したあの状況下でしたので、お気持ちも非常に分かります。

でも「値下げが戦略だとか安売りもやってみないと分からない」
とか言う方って、お客様の方向を全く見て無いって思いませんか?


まとめ

「宿泊」はスーパーの売れ残りを値下げをして販売するようなモノで無いと思います。

値下げを考えるその前に、出来れば自社の付加価値を見つめなおしたり 更にお客様が快適にお過ごし頂く事を第一に考える事に方がどれだけ尊いか。

ちなみに航空券なんかは、直前になればなる程料金は上がりますからね。


で値下げでの短期間の施策を考えるよりも、長い時間をかけてでも宿のファンになってくれそうな顧客作りをコツコツ目指す事。
どうせ時間を使うなら手間はかかるかも知れませんが、その方がスタッフのモチベーションも上がるのではないかな?


ほら、歌手の一青 窈(ひとと・よう)さんの「ハナミズキ」にも、歌詞でこう歌っております。

「君と好きな人が
 百年続きますように」


この百年間根ざすには何が重要か?

結論として、愛されるスタッフ作りこそが愛すべき顧客を生み出し、それが結果愛される宿になる。ボクはそう思います。
値下げすれば愛されるって言う考え方には、もうNGを出しましょう。


▲値下げプランやポイント付与するプランが一切無い「牧場の家」さんの客室に置いている一枚の案内。現在、家族連れに愛される宿を目指して日々おもてなしされています▲


では、今後値下げに頼った販売方法をとらない為にも、しっかりとその意思を固めましょうね!

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形県・佐賀県など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン・Beds24)を愛用し、現在20予約サイト・3自社予約フォーム・4サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. おすすめランチ・ディナー

    「食べログ」はリアルではない。

    踏み絵のような囲い込みマーケティングの終焉こんにちは、大分県湯布院町で…

  2. 川嶋雄司の独り言

    2019年の祝日はココに注目丨訪日客の多い東南アジア諸国の10〜12月の祝日を要チェック Part.…

    ココ最近では春節の次に人が動く国慶節は、来年も注目!海外の祝日も今日で…

  3. じゃらんnet

    じゃらんリサーチセンター│「とーりまかし vol.51」が予想する2030年の観光の未来とは?

    日本はきっとこう変わる!大胆未来予想をどう捉えるか。じゃらんリサーチセ…

  4. 川嶋の原点

    福井出身のボクが今湯布院で働いている理由④

    毎晩歌って飲んで、楽器弾いてる事が楽しかった20代後半湯布院のレストラ…

  5. 川嶋雄司の独り言

    2018年、チャレンジしたい事・5選

    今年も変わらず、宿泊に関する情報や出来事をしっかり把握して行きたいです…

  6. 川嶋雄司の独り言

    旅行業に携わる人は、旅する喜びや移動の楽しさを体験した方が良いと感じる

    船旅って移動もラクで快適なんですよ福井県出身の川嶋です。ゴールデンウィ…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

何は無くともGoogleマイビジネスです!


ホームページ

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



宿泊に関するお友達のBlog

Twitter

  1. 手間いらず.NET

    【緊急事態】Relux丨サイトコントローラー・TEMAIRAZUとねっぱん!利用…
  2. じゃらんnet

    電話予約対応のスタッフが少ない場合、全てコールセンターに流すのもアリ!?
  3. ホテルの業界用語

    【知ってて得するホテルの業界用語】略語が苦手とは言わせない! Part.2│Re…
  4. 宿泊体験・民泊

    暮らすように旅したい│岡山県・津山にて、父・娘で滞在した民泊体験記 Part.4…
  5. ▼海外インバウンドサイト

    【インバウンドサイトはまずコレ!】るるぶトラベルで販売している施設様は、訪日外国…
PAGE TOP