じゃらんnet

インバウンド販売には不向き│じゃらんnetの自社システム・ホームページダイレクト


なぜなら多言語対応をしていないからです。

こんにちは、旅館の集客のサポートをしている川嶋(@maidokawashima)です!

自社ホームページ用のシステム(ブッキングエンジン)ですが、国内の宿ではじゃらんnetの「ホームページダイレクト」そして楽天トラベルの「R-with」をご利用になられている施設様も多いと思います。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-08-19-09
特にホームページダイレクトは無料なのにとっても使いやすいですもんね。

「牧場の家様」
http://www.jhpds.net/makibanoie/uw/uwp3100/uww3101.do?yadNo=320901

それにスマホ対応もバッチリしてます!

【じゃらんホームページダイレクトとは?】
じゃらんnetが提供する宿泊予約システムの事です。
特徴としては じゃらんnetと同じシステムを使用していて、管理の手間が省ける事。そして何より無料で利用できるという事です。(事前決済は2%かかります)


なので今回は久しぶりに「ホームページダイレクト」について書きたいと思います。

「過去記事はコチラ」
[blogcard url=”https://kawashimablog.com/yufuin/?s=%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%88&x=0&y=0″]
なぜかと言うと、先日Facebookメッセンジャーでホームページダイレクトに関する「インバウンド対応」へのお問い合わせがあったからなんです。

ホームページダイレクトは多言語対応しているのか?

じゃらんnetサポートデスクに問い合わせしましたら、すぐにお返事頂きましたよ。

****************************
じゃらんnet宿予約サービス サポートデスク 
受付時間:午前9時-午後9時(無休)
<専用窓口> TEL: 0570-005972 (03-3980-2018) 
support@yy.jalan.net
株式会社リクルートホールディングス
****************************

結論から言いますと、じゃらんnetで展開中の「グローバル集客サービス」の対応は、ホームページダイレクトでは現在おこなっていません。

その為、インバウンド用の自社のプランURLは用意は無いんです。

では今後の対応とは?

たとえば客室数が少なく、インバウンドへのアピローチをなるべくお金と手間をかけたくない施設様。わずらわしい事が嫌いな方などいらっしゃると思います。


ではホームページダイレクト利用施設で、今後インバウンドにアプローチしたい場合はどうすれば良いか?
自分なりにまとめてみました。


①.インバウンド向けのプラン一覧には、じゃらんnetの「グローバル集客サービス」の施設のリンクを貼り付ける。

「湯布院エリア」
http://www.jalan.net/en/japan_hotels_ryokan/Accommodation/Oita_Accommodation/Yufuin_Accommodation/


②.そこだけ楽天トラベルのR-withの多言語対応のプラン一覧で対応する。

「牧場の家様」
http://makibanoie.rwiths.net/r-withs/tfi0010a.do?f_lang=en


③.ホームページダイレクトにて、自社専用プランで英語に翻訳したプランを作成する。(部屋名は日本語表記ですが)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-08-31-12
などなど、ホームページダイレクトだけにこだわらなければ、他の色々なサービスでまかなえる事も多々あります。

まとめ

もしも今後本格的にインバウンド誘客をお考えでしたら、Booking.comのサービス「BookingSuite(ブッキング・スイート)」も視野に入れて良いでしょう。

「BookingSuite」
https://kawashimablog.com/yufuin/?p=12573

なんにしろ日本国内の宿泊施設はもちろん、様々な業種で多言語対応を考えないといけない時代になりましたね。


マーケットや市場が日本だけって言う考え方ももちろんアリなのですが、こと観光地の宿泊に関しては早期に手を打っておいた方が良いかも知れません。

海外のリゾートホテルに行けば、国際化が当たり前です。


「旅館だから」とか言わず、どれだけ時代に変化・対応出来るか?

今こそ日本のRYOKANやHOTELを世界にアプローチする良い絶好のチャンスでは無いかと感じます。

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形・富山など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン)を愛用し、現在25予約サイト・3自社予約フォーム・3サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. 予約番

    【保存版】国内のサイトコントローラーで連携出来る自社ホームページ予約システムはずばりコレ!

    主流なサイトコントローラーの自社ホームページ対応サイトを集めてみました…

  2. じゃらんnet

    じゃらんnet│No Show(不泊まり)処理と当日キャンセル処理は全く別モノ

    処理に気をつけないと、こじれる原因になります微妙にニュアンスが違います…

  3. じゃらんnet

    「じゃらんフォーラム2015」に参加してきました!Part.2

    ★コンテンツパート① 明日の旅を創る旅行業界の兆しこんにちは!…

  4. じゃらんnet

    ■じゃらんnetで、口コミにタイトルが付くようになってます!

     いつの間に!?って思う方もいるかも知れませんじゃらんnetも口コ…

  5. じゃらんnet

    じゃらんnetのプランを再度チェック!│ダイナミックパッケージが未販売になっているかも?

    販売しないなんてもったいない!こんにちは、旅館のWEB集客のサポートを…

ご質問・ご連絡・お問い合わせはコチラ


Peingを使って匿名で質問が出来ます(お返事はtwitterでしますね)

何は無くともGoogleマイビジネスです!


ホームページ

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



宿泊に関するお友達のBlog

Twitter

  1. 宿泊体験・民泊

    旅と海と民泊と│知らない土地の未だ見ぬ出会いもまた楽し。
  2. ぐるなびトラベル

    ■ぐるなびがTripAdvisor®と連携し、インターネットで外国人観光客をおも…
  3. じゃらんnet

    ネット担当者は毎年行くべし!│今と、これからを知る「じゃらんフォーラム2017」…
  4. 川嶋雄司の独り言

    ■ネットの宿泊販売での値下げについて考えてみる。
  5. おすすめランチ・ディナー

    独立して約5年・Blogを毎日書き続けて約2年、これからも旅の創造者でありたいと…
PAGE TOP