Airbnb

【個人宅が宿に】あのサイトと比較!?旅行者から注目を浴びるHomeAway(旧サイト:travelmob)、Airbnbとの違いとは?


主にアジア太平洋で事業展開中!

こんにちは!
主に旅館さんのネット販売の売り上げに貢献したいと考えております、湯布院ネット集客サポーターの川嶋です。

川嶋はお手伝いをして販売する事は無いですが、個人宅で空きスペースがある方は ちょっと気になるかも知れません…

HomeAway.jp (旧サイト名「travelmob(トラベルモブ)」)ってご存知ですか?
※travelmobはバケーションレンタルを世界各地で扱うHomeawayの傘下に入ることで、この他の地域との連携も加速させています。

screenshot-www.homeaway.jp 2015-07-21 14-33-15

【HomeAwayとは?】
宿泊先を探している旅行者と、宿泊施設提供者をつなぐオンラインマーケットプレイスです。2012年にシンガポールで設立され、主にアジア圏を中心にサービスを展開。日本語にも対応しています。


HomeAway
http://www.homeaway.jp/

ユーザーインターフェースが楽しそうな感じですし、画像もキレイでワクワクします!
旅行者にとって行く前からのワクワク感って大切ですし、更に滞在場所は旅の満足度を決める大切な要素のひとつですよね?

アットホームな雰囲気が楽しめるシェアルーム…。一流ホテルのような快適な時間を過ごせるプライベードルーム… 。エキサイティングで、現地ならではの時間を楽しめる別荘でのショートステイ…。
ゲストは HomeAway.jp を使うことにより、国内外のさまざまな宿を滞在場所の候補として、旅を計画することができます。

なお、宿泊先として提供できる物件を所有している人 (ホスト) は、無料でサイトに物件を掲載でき、宿泊施設を探している旅行者は サイトから宿を検索し予約することが可能です。

格安で宿を提供しているところもあり、上手く探せば、かなりお得な旅ができるかも知れません!


…ん?ココまで聞くと、あのサイトと似ているような。。。そう「Airbnb(https://www.airbnb.jp/)」ですね。


さっそくHomeAwayとAirbnbを比較してみました。

対象地域

Airbnbでは、190を超える国々の物件が掲載されているのに対し、HomeAwayの物件はアジア地域がほとんどです。

セキュリティ

HomeAwayもAirbnbも、サイトが料金の支払いを代行し、チェックインの24時間後にホスト側に支払うシステムは同じです。

Airbnbは当初、ホストの部屋が荒らされる等のトラブルが相次ぎ、現在ではホスト補償制度など、手厚い支援体制を導入していますが、HomeAwayには、このような制度はありません。

サービス利用料

ゲストが支払うサービス利用料は、Airbnbでは3%~12% (取引金額によって変動)、HomeAwayでは一律12%です。
一方、ホスト側に発生するサービス利用料は、Airbnb、HomeAway共に3%となっており、受け取り金額から差し引かれる仕組みになっています。

対応言語

HomeAwayは、アジア系の言語やヨーロッパのメジャー言語を中心に、13の言語に対応しています。
一方、Airbnbは、非アジア圏でも広く普及していることもあり、現在26の言語に対応しています。

 

まとめ

現地の人の生活を味わえたり、リーズナブルな価格で宿泊先を見つけられるのが魅力のHomeAwayですが、既存のAirbnbなどのサイトと比較すると、万が一の場合の補償や物件数、利用料などの点では、あと一歩といったところでしょうか?

なおAirbnbもそうなのですが、宿泊は自己責任です。高間さんのブログが的を得ていてとても参考になります。

【高間さんのブログ『Airbnb』ってどうなの?】
http://ameblo.jp/ome-deto/entry-12049336919.html

そして川嶋も以前、Blogに太文字でこんな事書きました。

でも川嶋の個人的意見ですが、観光をないがしろにしているのは間違いなく【安易な規制緩和】だと思うんですよ。

観光地こそ【規制強化】すべきです。

 

なーんて書いたら、結構たくさんメールでお叱りとご意見が(笑)

【その記事】
http://kawashimablog.com/yufuin/?p=1718

ま、でもだいたいゆとり教育や価格競争などを生んだ規制緩和など、失敗した後の始末ってたいがい誰もしませんけどね。
今回は中立の立場で書きましたが…まだまだ良い部分もあるし悪い部分もあるので、この問題はなんとも言えないです。

ただ賛否両論&グレーゾーン色々等ありますが、東京オリンピックまでには正直メジャーになってると思います。


応援クリックお願いします!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

マーケティング・経営 ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は大分県・由布院温泉エリアを中心に、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン)を愛用し、現在25予約サイト・3自社予約フォーム・3サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売が可能に。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. じゃらんnet

    インスタジェニックな旅の情報をお届け│公式Instagramアカウントはコレ!

    Instagramで発信している宿泊予約サイトをフォローしようSNSの…

  2. Airbnb

    Airbnbが、国内大手の旅行比較サイト 「トラベルコちゃん」、オンライン旅行メディア「Travel…

    これにより旅行者の選択肢が一気に拡がりますこんにちは、旅館のWEB集客…

  3. Airbnb

    プロの業者が次々参入│Airbnb(民泊)代行業者及び物件オーナー向けのリノベーションサービスで観光…

    Airbnbの販売方法が気になるけれど、自信がない方へ。昨日、大阪南港…

  4. Airbnb

    旅館やビジネスホテルの値上げと共に、Airbnbなどのネット仲介サイトが今後も広がりをみせる。

    今こそ、民泊にルールと決まり事を作る時期だと私は思います。こんにちは。…

  5. Airbnb

    旅と川と民泊と│知らない土地の未だ見ぬ出会いもまた楽し。Part.2

    今度は、山口県は岩国市・錦帯橋の近くで民泊体験!最近、民泊にハマってい…

  6. Airbnb

    「民泊」の解禁法案を提出か│旅館業法が規制緩和へ

    旅館やホテル業界は「競争が不利になる」と警戒こんにちは、旅館のWEB集…

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



  1. じゃらんnet

    じゃらんの動向が気になる方は要チェック!『じゃらんnet宿泊施設等予約受付サービ…
  2. Relux(リラックス)

    今まで泊数制限がかけられなかったReluxでしたが、遂に「連泊制限機能」が追加!…
  3. じゃらんnet

    旅館の閑散期に稼働を上げる方法│安易に値下げせず、それ以外に出来る事を考えてみる…
  4. Booking.com

    ■ホテル用語でルームチャージ(RC)って聞いた事ありますか?
  5. Relux(リラックス)

    お客様が冬の旅行をお得に予約する方法│施設側にとっても じゃ●んや楽●のように広…
PAGE TOP