川嶋の原点

九州で、湯布院で起きた地震から一年経って思う事


あの災害時、必要なのは「情報発信」と感じました

ちょうど一年前の2016年4月16日の深夜1:25、熊本を中心とした地震が九州で発生。


その規模は大きく、広範囲で揺れを観測しました。

【熊本地震とは?】
2016年(平成28年)4月14日21時26分(日本標準時)以降に熊本県と大分県で相次いで発生している地震である。
気象庁震度階級では最も大きい震度7を観測する地震が4月14日夜(前記時刻)および4月16日未明に発生したほか、最大震度が6強の地震が2回、6弱の地震が3回発生している

詳細はコチラになります。

発生時刻2016年4月16日 1時25分頃
震源地熊本県熊本地方
(長崎の東90km付近)
最大震度震度7
位置緯度北緯 32.8度
経度東経 130.8度
震源マグニチュードM7.3
深さ約10km

震度7

熊本県西原村、益城町

震度6強

熊本県南阿蘇村、熊本中央区、熊本東区、熊本西区、菊池市、宇土市、宇城市、合志市、大津町、嘉島町

震度6弱

熊本県阿蘇市、熊本南区、熊本北区、八代市、玉名市、熊本美里町、和水町、菊陽町、御船町、山都町、氷川町、上天草市、天草市
大分県別府市、由布市


由布市でも震度6弱を観測し 町内在住の方はもちろん、宿泊客されていた方々も大混乱でした。

一年前のBlogでも、あの時の事を書いてますね。

非常事態だからこそ発信を
昨日・今朝の地震により、熊本と大分では地震により甚大な被害を受けました。ボクも今朝からキャンセルの対応をしております。こう言う...


では、今日はあの時の事を振り返ってBlogを書きたいと思います。


あれから一年、振り返って感じた事

ボクは当時、ちょうど東京に出張していました。

地震を知ったのは翌朝ホテルで見たテレビです。なんと由布院小学校がLive放送されており、そこで今起こっている事の大変さを知ったんです。


「いち早く湯布院に戻ってなんとかしたい」

その時ボクは居ても立ってもいられない状態だったのを、今でも思い出します。


しかし…4/16に羽田空港で見たテレビの報道と、湯布院に居る友人・知人のSNS投稿から「なんか違うな?」ってその時感じたんですよね。


更に自分で情報収集すればする程 報道への不信感が募り、地震翌日の4/17には家族の反対を押し切って湯布院の事務所に戻った訳ですが…何も問題なく一般道は普通に通行出来たんです。

あれは拍子抜けしましたね。でも余震は続いていましたが。


そしてボクは「19年間お世話になって来た湯布院で、自分が出来る事はなんだろう?」と自問自答しました。

この時、Blogの更新を1,000記事近く毎日投稿していたので、おそらく自分にしか出来ないと思った事は「情報発信」だと考え…


倒れた食器棚もそのままに、モニターが割れたパソコンを立ち上げ、片付けそっちのけで「湯布院ファイト!!被災後、旅館の営業再開情報」と言うFacebookページを立ち上げてました。



実はコレを作った記憶がほとんど無く、無意識にページを作ってたと思うんですよね。


今思うと、コレを立ち上げて正解でした。
そして「継続的な発信」こそが、災害時に必要だと感じたんです。


はや一年経ちましたが、未だに「湯布院の今」を随時発信しております。



なので、良かったら「いいね!」されてくださいね。


バランスなんか取らない

あの時、時間のほとんどを「発信」に費やしてました。
まるで、繰り返しテレビで映し出されているだろう報道に反抗するかのように。


あと「バランスを取らない」と言うスタンスで発信して来た事も、今思えば良かったかな?


実際には建物の倒壊なども少しはあった訳ですのが、そこに気を遣ったりバランスを取っていたら、あの状況下でSNSの発信なんて出来なかったと思うんです。


「発信を恐れず、今を正確に伝える」

一年前、実際には批判を受けた事もありましたが、災害時にそう言うスタンスでいる事も必要だなって改めて感じました。



最後に…由布市長の言葉が聞けて、嬉しく思っております。


The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は大分県・由布院温泉エリアを中心に、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン)を愛用し、現在25予約サイト・3自社予約フォーム・3サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売が可能に。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. 湯布院ファイト

    5/11(水)は、reluxカンファレンス2016 Spring Tokyoに参加

    5/9(月)〜5/13(金)の5日間、東京へGo!!こんにちは、川嶋で…

  2. じゃらんnet

    【relux】「Loco Salon」にてお話させて頂きました。

    こんにちは、川嶋です!東京出張4日目、会社訪問とっても楽しんでいます。…

  3. 川嶋の原点

    お客様がひたすら電話で根掘り葉掘り聞いた割に、予約が成立しないと言う虚(むなし)さよ。

    忙しい時間に電話が入って困った事はありませんか?おそらく不泊まりの次ぐ…

  4. 川嶋の原点

    九州で、湯布院で起きた地震から一年経って思う事 Part.2

    有り難い事に、今は思った以上のお客様が戻りました昨日の続きです。要はバ…

  5. 湯布院ファイト

    湯布院の風評被害を考える│現在の旅館の元気な姿を届けたい

    今後は大量キャンセルに立ち向かっていきますこんにちは!湯布院エリアで旅…

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



  1. じゃらんnet

    ■手間いらず.NETで、じゃらんnetの「過去宿泊実績」の情報を取得出来るように…
  2. 川嶋雄司の独り言

    【2015年・年末】4才の娘と福井の実家へ帰省│船旅オススメです!
  3. 川嶋の原点

    ■藤村正宏さんのセミナーから一年…Blogを続けた感想とBlog一年生から二年生…
  4. じゃらんnet

    ■観光経済新聞の宿泊予約サイト実態調査(15年1月5日)の感想
  5. かんざしクラウド

    ■かんざしクラウドで、自社予約システムの「予約番」が使えるようになります!
PAGE TOP